カルチャー・その他

スノーボード試乗会に初めて行く時の注意点!事前確認をして楽しもう!

来期モデルをいち早くチェック出来て実際に乗って検討できる試乗会!来季のギアを購入検討している人なら試乗会に参加してみるとお気にいりのアイテムが見つかるかもしれません!

2月から4月にかけて様々なブランドやスノーボードショップが来季モデルのスノーボード試乗会を始めます。

筆者は毎年試乗会に行っているのですが、毎回色々な板などが試すことが出来るので結構好きです。

試乗会では板はもちろんの事、ビンディングやゴーグル等も試す事が出来るので次のシーズンに買い替えを考えている方や気になっているブランドの最新モデルが気になっている方はスノーボード試乗会に行くのがオススメです。

ただ、試乗会に行き慣れている方でしたら何となく試乗会の流れがわかると思いますが、試乗会に行ってみたいけどうすればよいか分からない方や、どうすれば効率良く試乗会を楽しめるか分からない方もいると思います。

そこで、実際に試乗会に行っている筆者が、楽しみ方や注意点をご紹介したいと思います。

スノーボード試乗会で楽しむ方法と注意点

スノーボード試乗会へ行った時にスムーズに効率よく滑れるように事前に確認しておいた方が良い事をご紹介していきます。

ここで確認しておいて試乗会をたっぷりと楽しんで下さい!

ちなみに、試乗会へ行くとこのような販売される前の新作を使う事が出来ます。

誰でも参加する事が出来ますが、参加するには色々と注意点があります。

全力で楽しむ為にも、ここで注意点をご紹介していきます。

スポンサーリンク

初心者でも行っていいの?

スノーボード試乗会と聞くと上手い人が色々と乗り比べて自分の好みの板を探したり新しいモデルを楽しむイベントと思う方も多くいると思いますが、試乗会は初心者の方でも十分楽しめます。

初心者の方ですと板を乗り比べても違いがわからないかもしれないから行く意味は無いと思ってしまうかもしれませんが、以外と乗り比べると違いがわかりますし、極端な話し、太い板と細い板の違いが分かっただけでも試乗会に行った意味はあります。

初心者の頃の大体の方はスノーボードショップのスタッフや知り合いの人からオススメの板を聞き、その意見を元に板を購入すると思いますが、言葉だけで購入した物は本当に自分に合っているかは乗り比べてみないとわかりません。

現在持っている板と違う板を乗り比べて、もっと細い板の方が滑りやすかった、もっと短い板の方が滑りやすかった等、ターンがやっと出来るくらいの方でも試してみる価値はあります。

更には、試乗会にはブランドの担当の方やスタッフの方もいるので、こういう時に転びやすい・・等の何となくでも伝えれば、その担当の方やスタッフの方が更に自分に合った板を紹介してくれて、その板をまた試す事も出来ます。

もちろん自分のレベルの問題もありますが、自分に合った板で滑っていた方が上達のスピードも変わりますし、これからのスノーボードの楽しさも更に上がる可能性もあります。

ですので、初心者の方でも気兼ねなく試乗会へ行ってみて下さい。

行きたい試乗会は事前に登録

スノーボード試乗会は事前に登録する事が出来る場合が多いです。

行こうと思っている試乗会が事前登録できる場合は登録しておく事がオススメです。

事前に登録しておけば会場での受付がスムーズに進んで早く試乗を開始出来ますし、試乗会によっては料金が無料になったりもします。

また、人数制限している試乗会もあり、当日では参加が出来なくなってしまう可能性もあります。

一部の試乗会では事前登録がない場合もありますが、試乗会を主催するショップやブランドのホームページで申込書をダウンロードする事が出来る場合もあるので、その際には事前に申込書に必要事項を記載し、現地に持っていくようにすれば受付時もスムーズに進むのでこちらも早く試乗が開始する事が出来ます。

試乗を早く開始する為に行きたい試乗会は事前に各ホームページ等でチェックしておく事がオススメです。

試乗会での持ち物

1・身分証

試乗会の受付時には運転免許証等の顔写真が入った身分証が必要になります。

お店で事前登録をすれば必要無い場合もありますが基本的には必要になりますので、念の為お店のスタッフの方に身分証が必要か確認してみて下さい。

インターネットでの事前登録の場合では受付時に必要な場合が多いです。

試乗会の受付時には必ず身分証を持って行きましょう。

2・自分の板・ビンディング

試乗会なら色々な板やビンディングがあるから持って行かなくて良いと思っている方もいると思いますが、自分の板は持っていった方が良いです。

ビンディングは全ての試乗会で用意してある訳では無く、基本的には自分のビンディングを取り付けて試乗するので必ず必要になります。

板に関しては、現在使っている板とビンディング、全く違う板とビンディングのセットでは、どっちが良くなったか、何がどう違うか分からなくなってしまうからです。

また、数本試乗していますと現在との違いが分からなくなってしまう事もあるので板は必ず持って行きましょう。
筆者個人のオススメとしましては、まず1番最初は自分の板で滑って感覚を覚えてから試乗を開始すると違いが分かりやすいです。

ビンディングを試乗用の板に取り付ける時に自分のスタンス幅、角度等のセッティングが分からなくなってしまう場合もあるので、どこかにメモをしておく事もオススメです。

3・リフト券は自分で購入

試乗会ではスキー場のリフト券は用意してくれないので、リフト券は自分で購入しましょう。

試乗会は開始時間から行く

試乗会は混雑する場合があります。

色々なブランドやモデルがあり板自体はたくさんあるのですが、ブランド事に見てみると1ブランドが持ってきている枚数はそこまで多くない場合があります。

AというブランドのBというモデルを何枚も持ってこないので乗ってみたい板が貸し出し中ですぐに試乗できない場合もあり、更には、ブランドの担当者が1人の場合も多いので試したい物の詳しい説明を受けられないという事もあります。

筆者の経験上、開始時間辺りは他の来場者も少ないので試乗したい物を待たずに試せますし、担当者の方からもすぐに説明を聞く事も出来ます。

ですので、開始時間から行くのがオススメです。

試乗したい板を何本か選んでから行く

試乗会の終了時間は15時頃と早く終わってしまう場合が多いので、試乗会に行く前に試したい板を数本に絞っていくとスムーズに動けて時間の効率が上がります。

板1本の試乗時間は30~40分ぐらいの場合が多く、これにビンディングの取り外し時間や、説明を聞く時間等が入りますと思っているより時間が経ってしまい、気付いたら試乗会の終了間際になってしまったという事もあります。

何も決めずに行くとどれにしようか悩んでしまい、せっかくの試乗会なのに無駄に時間を過ごしてしまう場合がありますので、好きなブランドや好きなプロスノーボーダーのモデル、雑誌、SNS、かっこいい、かわいい等、気になる物を絞っておくとスムーズに時間を過ごす事が出来ます。

ちなみに、筆者個人的には3~4本ぐらいに絞ってから行きます。

大体にはなりますが4本の板を40分ずつ試乗すると約2時間30分になり、それに他の時間が加わってもある程度の時間の余裕が出来てスムーズに動きやすくなります。

試乗したい物を試し終わってから、他の物を物色して試すのがオススメの方法です。

自分が行きたい試乗会に気になっているブランドが来るかは試乗会のホームページで確認ができますので確認してみてください。

パウダーボードは春でも試乗する価値がある

スノーボードの試乗会は2月から始まり、パウダーボードの試乗会は2月が多いです。

3月、4月の試乗会でもパウダーボードを試すことが出来るのですが、試す価値はあります。

理由は、水分が多いシャバシャバの雪質の時でも、パウダーボードの浮力が発揮されます。

パウダースノーを滑る時には、ノーズ(先端)が雪に沈みずらいパウダーボードが滑りやすいですよね?

それは、シャバシャバの雪質の時も同じ事になります。

どういう事かというと、シャバシャバの雪質の時も、ノーズは沈みやすくなります。

春に滑ってターンを切る時にノーズが刺さってしまうという事を経験したことがある人も多いと思いますが、これがパウダーボードだと浮いてくれるのです。

むしろ、結構楽しむ事が出来ます。

ですので、春だからと言ってパウダーボードを試さないのはもったいないので、試してみる事をおすすめします。

最後に

最後までお読み頂きありがとうございました。筆者もスノーボード試乗会で色々な発見をした事がありました。

板の相性もありましたがビンディングの相性も分かった事がありますし、実際に使ってみたら自分に全く合わないタイプの板やビンディングを見つけた事もあります。

スノーボードの板は実際に使ってみないとわからない事もたくさんありますし試乗会は本当に自分に合ったスノーボードを見つけるチャンスでもありますので試乗会に行ってみる事をオススメします。

ABOUT ME
snowbeer
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。スケートボード歴は10年以上。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!