カルチャー・その他

19-20モデル!スノーボード試乗会で使った板などをレビューします! 

2019-2020モデルのスノーボード試乗会に行ってきました!今回も色々と試すことが出来たので、試した板やゴーグルをレビューしたいと思います!

今回のゲレンデの状況は、曇っている状態で、アイスバーンの箇所もあったので色々と試す事が出来ました。

試した数は、スノーボード7枚、ビンディング2セット、ゴーグル7つ。

筆者なりに軽く一言ずつ個人的な感想を加えてご紹介したいと思います。

ちなみに、今回試乗、試着した物は筆者の個人的に使ってみたい物になりますので偏りがあり、感想も個人的な意見になりますのでご参考程度に読んでみてください。

スノーボード板

スポンサーリンク

SALOMON(サロモン)

ASSASSIN

ディレクショナルツイン、ハイブリッドキャンバーのASSASSIN。

反発力もあり、カービングもしやすい乗りやすい板でした。

柔らかさも感じたので、柔らかめの板が好きな人には乗りやすいと思います。

RIDE(ライド)

ALGORYTHM(アルゴリズム)

ディレクショナルツイン、ハイブリッドキャンバーの板。

硬すぎず、柔らかすぎずのちょうど良い硬さで、安定感がある、乗りやすい板だと思います。

NIDECKER(ナイデッカー)

RAVE

キャンバー形状のRAVE。

アイスバーンのゲレンデでも乗りやすくて、反発力もある乗りやすい板でした。

手に持った時も軽さを感じて、スピードを出して乗っていてもバタつきが少なくて安定感もありました。

YES. SNOWBOARDS(イエス)

STANDARD

ディレクショナルツイン、ハイブリットキャンバーのSTANDARD。

反発力もあって乗りやすい板ではありましたが、個人的には太く感じました。

太めの板が好きな方でしたら使いやすい板だと思います。

DC(ディーシー)

MEGA

LOCK&LOADというハイブリットキャンバーモデルのMEGA。

乗ってみると違和感が無く、ちょうど良い硬さで、乗りやすいという印象でした。

カービングもしやすく、飛んでも反発力がある使いやすい板でした。

NICHE SNOWBOARDS(ニッチ)

環境にやさしい素材で、デザインも良かったので、個人的に気になっていたこちらのブランドにも試乗することが出来ました。

NICHE SNOWBOARDSの板は2枚試乗してきましたので、それぞれをご紹介します。

STORY

ディレクショナル、ダブルキャンバーの板で、持った時に軽さを感じました。

エッジが波状の形をした、マグネトラクションが入った板なので、アイスバーンになっていたゲレンデでも滑りやすかったです。

乗っている時にも違和感が無く、スピードを出しても安定してくれたので、個人的には乗りやすい板でした。

PYRE

太くて短めの板のPYREは、筆者が試乗した板は150cmでした。

基本的には154cmぐらいの板に乗っている筆者ですが、安定感もあり、とても乗りやすい板でした。

パウダーにも使えそうな板で、ゲレンデのコース内を滑っても違和感が無く、遊びやすそうな板です。

ビンディング

SALOMON(サロモン)

HOLOGRAM

ちょうど良い硬さのビンディングで、フィット感もとても良いビンディングでした。

ビンディング自体も軽くて、つけていて違和感がなかったです。

余談ですが、筆者が10年くらい前に使っていたビンディングの後継モデルらしいです。

FLOW(フロー)

FUSE

簡単に取り付けができるFLOWのビンディングを初めて使ってみましたが、ビンディングの脱着がとても簡単でした。

素早く脱げて、取り付けも簡単だったので、スピーディーに行動ができます。

硬すぎず、柔らかすぎずのちょうど良い硬さで、滑っている時のフィット感も良かったです。

ゴーグル

SMITH(スミス

SMITHのゴーグルは来期から出る新しいモデル、現在も販売しているモデルの3つのモデルを試してきました。

I/O MAG

I/Oシリーズのレンズが強力な磁石でレンズの交換が簡単できるI/O MAG。

実際に取り外しをしてみたら簡単に取り外すことが出来ました。

視界も広くてとても見やすいゴーグルでした。

I/O MAG XL

19-20モデルから新しく発売される、I/O MAGの大きくしたモデルのI/O MAG XL。

磁石を使用した機能などはそのままで、サイズアップしたことにより視界の広さも更にアップしたモデルです。

つけ比べてみると、やはり視界が更に広く確保されていました。

I/O MAGとI/O MAG XLの詳しい記事はこちら
【SMITHのゴーグルI/O MAGをレビュー!XLとの大きさの比較もします!】

4D MAG

19-20モデルから新しく販売されるゴーグルの4D MAG。

ゴーグルの下の部分までレンズが来ている全く新しいゴーグルです。

強力な磁石が使用されているので、レンズ交換も簡単にできます。

4D MAGの詳しい記事はこちら
【SMITHのゴーグル4D MAGを実際に使ってきたのでレビューします!】

SWANS(スワンズ)

ROVO(ロボ)

ゴーグルの下部にあるレバーを起こすことで、フレームとレンズの間に隙間ができるA-BLOW SYSTEMが搭載されたモデル。

ゴーグルの下部についているので、グローブをしていても簡単に起こす事が出来ました。

調光ULTRAレンズで凹凸が見やすく、視界も広いゴーグルでした。

ROVOの詳しい記事はこちら
【SWANSスキー、スノーボードゴーグルROVOを使ってきたのでレビュー!】

DICE(ダイス)

BANK

DICEのゴーグルは、去年の試乗会でも試したBANK。

ゴーグル自体の性能は変わりませんが、今回は新しいレンズのブラックミラーが気になったので試してきました。

光を通す率の透過率が低いレンズカラーですが、曇りの天気がとても見やすいレンズです。

ちょうど曇りだったので、試してみたところ、とても見やすかったです!

BANKの詳しい記事はこちら
【DICEのスノーボードゴーグルBANKを試したのでレビューします】

ブラックミラーの詳しい記事はこちら
【DICEのウルトラ偏光レンズ/ブラックミラーは曇りでも見やすいのかレビューします!】

SPY(スパイ)

RAIDER(レイダー)

大型の平面レンズで視界を広く確保してくれるRAIDER。

個人的に好きな形だったので試してきました。

視界はもちろん広くて、レンズもとても見やすいゴーグルでした。

RAIDERの詳しい記事はこちら
【SPYのスノーボードゴーグルRAIDERを実際にスキー場で使ったのでレビューします!】

ELECTRIC(エレクトリック)

EGG(エッグ)

見た目は球面レンズですが、レンズの先が平面の形状をしている【TORICレンズ】のEGG。

パッと見では平面感はわかりませんが、正面を平面にする事で、歪みが無い視界を確保してくれます。

視界もかなり広く確保してくれて、コントラストレンズが凹凸を見やすくしてくるゴーグルでした。

EGGの詳しい記事はこちら
【ELECTRICのゴーグルEGGを実際に使ったのでレビューします!】

最後に

最後までお読み頂きありがとうございました。今回はゲレンデがアイスバーンの所、雪がついている所とあり、色々なパターンで試乗できたので色々と試すことが出来ました。

この他にも沢山のブランドの様々なモデルがあり、時間の関係で全てを試す事は出来ませんでしたが、来シーズンのモデルを直接試す事が出来るので試乗会はとてもオススメです。

今回も色々な板やビンディング、ゴーグルを試すことが出来たので楽しかったです!

ABOUT ME
snowbeer
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。夏はスケートボードをして冬はスノーボード。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!