温泉・宿・飲食店

千貫石温泉「湯元東館」の日帰り入浴に行ってきました!露天風呂付で値段も安め!

岩手県の胆沢郡金ヶ崎町にある、千貫石温泉「湯元東館」に日帰り入浴で行ってきました。

今回筆者は、夏油高原スキー場でスノーボードをした後に行ったのですが、大浴場と露天風呂のどちらも気持ち良かったです。

露天風呂がありながら400円の安さではいれましたし、建物内がキレイでありつつ、雰囲気の良さもある所でした。

そこで、実際に行った千貫石温泉「湯元東館」の日帰り入浴について、ブログで色々と書いていきます。

千貫石温泉「湯元東館」の日帰り入浴をレビュー

今回筆者は、夏油高原スキー場で滑った後に、千貫石温泉「湯元東館」の日帰り入浴を利用しました。

スキー場からは車で約15~20分ぐらいの距離になります。

場所は、県道122号から少し外れた場所にありました。

千貫石温泉「湯元東館」の近くにいくと大きめの看板が設置されていました。

大きめの看板にプラスして、広めの駐車場もあるので分かりやすいと思います。

そして、千貫石温泉「湯元東館」日帰り入浴の料金は次のような感じです。

日帰り入浴の料金

・大人:400円
・子供:200円
・幼児:100円

・フェイスタオル:220円
・バスタオル:220円(レンタル)

日帰り入浴の場合ですと、大人400円で利用する事ができて露天風呂にもはいれます。

また、サウナも設置されていたので、サウナ好きの人にも良さそうです。

実際に入ってみると、建物内はキレイな感じで温泉も気持ちよく、値段的にも嬉しいところでした。

そんな千貫石温泉「湯元東館」日帰り入浴について、色々と書いていきます。

スポンサーリンク

千貫石温泉「湯元東館」の建物内

千貫石温泉「湯元東館」の建物内になります。

建物の中に入ると靴を脱ぐ玄関があって、鍵無しロッカーの下駄箱がありました。

お金を払うフロントは広めで、すぐ横には売店もあります。

フロントの目の前にはソファーなどがたくさん設置されていて、立派な旅館といった印象です。

待合い所としても使いやすい感じでした。

フロントから少し歩いた所に大浴場があります。

廊下もキレイで、歩いていて寒さは感じなかったです。

大浴場の脱衣所は結構広めな感じでした。

脱いだ服を入れておくカゴも多めで、多い人数で利用しやすい感じです。

また、少し大きめな有料ロッカーもありました。

脱衣場は清掃が行き届いている感じで清潔感がありました。

ドライヤーも設置されていたので、無料で使う事ができます。

浴室に関していうと、結構広い面積の大浴場でした。

洗い場は10個以上あって、サウナや水風呂もあります。

シャンプーやボディーソープは設置されていて、浴室の全体的にも清潔感がありました。

また、温泉ならではの経年感もあったので雰囲気も良かったです。

大浴場の浴槽は広め

千貫石温泉「湯元東館」の大浴場にある浴槽は広めな感じでした。

20人ぐらい入っても余裕がありそうな印象です。

千貫石温泉「湯元東館」の大浴場の画像は、公式サイトでご確認ください。

千貫石温泉「湯元東館」公式サイト >

露天風呂は違う階

千貫石温泉「湯元東館」の露天風呂は、大浴場と違う階にありました。

大浴場は1階で、露天風呂は地下になります。

また、大浴場と露天風呂は繋がっていないので、両方共はいる場合には、着替え直しをして移動する必要があります。

地下にある露天風呂にいく階段は、大浴場のすぐ先にありました。

ここの階段を降りれば露天風呂へ行くことができます。

中に入ると大浴場の時よりは狭めな更衣室になっていました。

大浴場と同様に、カゴに服などを入れておく感じで、こちらにも有料で使えるロッカーも設置されています。

狭めと書きましたが、着替えを入れるカゴは多めですし、着替える分には十分な広さがありました。

こちらの脱衣場にもドライヤーが設置されていて、清掃が行き届いている清潔感がある感じです。

浴室に入ると、洗い場と内風呂があります。

洗い場は4つで、シャンプーとボディーソープも設置されていました。

内風呂に関していうと、かなり狭めになります。

2~3人ぐらい入るのがギリギリかなといった広さです。

こちらは露天風呂がメインなので、この辺りはしょうがないかなと感じました。

メインの露天風呂は、内風呂のすぐ横にあるドアから行けます。

ドアを開けると、すぐに温泉にはいる階段になっていました。

開けた瞬間、露天風呂に入るという少し面白い構造です。

露天風呂の広さは、10人ぐらいは余裕で入れるかなといった印象でした。

周りに柵があるので温泉に入ると周りの景色は見えませんが、開放感があって気持ち良かったです。

大浴場と繋がっていないのは少し面倒くささを感じましたが、それでも移動して良かったなと感じました。

温泉も気持ち良くて、疲れている体には最高でした。

千貫石温泉「湯元東館」はぬるい?あつい?

千貫石温泉「湯元東館」の温度は「ぬるいのか?あついのか?」

このブログを書いている筆者の温度の感じ方は、標準的な感じになります。

ぬる過ぎず、熱過ぎといった感じの温泉が好きです。

そんな筆者が千貫石温泉「湯元東館」に入って感じたのが、次のような感じです。

・大浴場:少し熱め
・露天風呂:少しぬるめ

大浴場の方に関していうと、少し熱めかなと感じました。

少し熱めと言っても、熱過ぎない感じになります。

熱さを我慢している感じは一切なく、入ると気持ち良い感じの熱さです。

そして、湯に入っている状態で体を触ってみると、少しだけぬめりを感じました。

源泉掛け流しの良さがあるなと感じます。

そして、露天風呂の方は、少しぬるめかなと感じました。

露天風呂にある内風呂も同様で少しぬるめな感じです。

足から入ると、すんなり入れたので熱めが苦手な人でもはいりやすいと思います。

とはいっても、ぬる過ぎる感じではないので体は温まりました。

露天風呂の方も泉質に少しぬめりがあります。

大浴場は少し熱め、露天風呂は少しぬるめと違いがあったので、2つの温泉に入れた気分でした。

千貫石温泉「湯元東館」レビューのまとめ

千貫石温泉「湯元東館」に行ってみて、温泉も気持ち良かったですし、400円だけで露天風呂も入れるのが良いなと感じました。

また、キレイな建物ながら、温泉ならではの雰囲気も良かったです。

大浴場と露天風呂が繋がっていないので、着替え直してから移動する必要がありますが、それでも両方とも入って良かったなと感じました。

広い大浴場と露天風呂、そして気持ち良い温泉。

400円と考えたら、凄く良い日帰り入浴だなと感じました。

千貫石温泉「湯元東館」公式サイト >

最後に

最後までお読み頂きありがとうございます。千貫石温泉「湯元東館」は夏油高原スキー場で遊んだ後に行きましたが、近めでしたし、疲れた体には良い温泉でした。

そしてやはり、このクオリティーで400円というのは嬉しい値段です。

温泉は気持ち良かったですし、雰囲気も良かったので、行って良かったと感じる日帰り入浴でした。

ABOUT ME
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。スケートボード歴は10年以上。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!