スキー場

野沢温泉スキー場に行ってきました!みんなが楽しめるビッグゲレンデ!

2月のはじめ頃、平日に野沢温泉スキー場に行ってきました。

雪質が良いのはもちろんのこと、広大なエリアで滑ることができて、レベルを問わず楽しむことができる野沢温泉スキー場。

今回行った時も、ビッグゲレンデをたっぷりと滑り倒すことができたので、すごく充実した1日を過ごすことができました。

また、滑り終わった後は良い疲労感でいっぱいです。

そんな野沢温泉スキー場に行ってきたので、ブログで色々と書いていきます。

野沢温泉スキー場に行ってきました

今回筆者が到着したのは、朝9時ごろになります。

到着した時には雲がかかっていながらも、太陽も見えそうな感じでした。

ゲレンデに到着したら、まずは長坂ゴンドラに乗り込み、野沢温泉スキー場の頂上を目指します。

野沢温泉スキー場にきたら、自由度が高い「やまびこゲレンデ」は外せないところです。

ゴンドラとリフト2本を乗り継ぎ、頂上へ到着すると、野沢温泉スキー場でのおなじみ看板が出迎えてくれました。

写真スポットになっているので、撮影している人も多めです。

そしていざパウダーへと思いましたが、さすがにどこもかしこも滑られている状態。

パウダー目的でくる人も多い野沢温泉スキー場なので、この辺りはしょうがないところです。

とはいっても、滑られていない箇所があったり、プチハーフパイプのような地形があったりと、存分に楽しめます。

雪質も柔らかかったですし、パウダー箇所も少しあったりしたので気持ち良かったです。

やまびこゲレンデを数本滑った後は、ゲレンデマップの右側にあるスカインラインコースへ。

ここのコースも好きな感じで、長い距離を気持ちよく滑れます。

コース幅は広いという感じではありませんが、少し斜度がキツめなコースを良い感じのスピードで滑れるのが楽しいです。

また、景色も良いですし、まっすぐ続くコースを見るのも良い感じ。

途中で地形遊びができる箇所もあるので、遊びながら滑る事ができました。

ただ、斜度がありながらコースが長いので、なかなかの修行感も感じます。

コースの面が荒れてしまうと修行感は更に。

また、スピードが出過ぎてしまうので、たまに減速をしながらの滑走。

そんなロングコースなので滑りごたえは抜群で、ゴンドラ乗り場に到着した時には達成感も感じられます。

スカイラインコースを滑った後は、また長坂ゴンドラへ乗り、続いては「上の平ゲレンデ」「パラダイスゲレンデ」「林間コース」のスーパーロングコースへ。

全て斜度が緩い初級コースですが、とんでもない長さを滑れるので、これも1度はやっておきたい流れです。

ちなみに、野沢温泉スキー場で有名な「道路標識」は、ゴンドラを降りてすぐの「上の平ゲレンデ」にあります。

「上の平ゲレンデ」を滑り始めたら右手方向にでてきます。

ゲレンデマップ上では、下の画像の赤丸の辺りです。

ここは「上の平フォー」リフトに乗ってからでも行くこともできます。

また、リフトに乗っている時でも見る事ができます。

そんな「上の平ゲレンデ」の斜度は緩めなので、初心者の方でも楽しみやすいコースです。

幅も広いですし、安心して遊んだり練習したりできます。

また、途中には小さい地形遊びができる所もあるので、スノーボードに慣れている人でも遊べます。

「上の平ゲレンデ」を滑っていくと、更に広い「パラダイスゲレンデ」。

ここも斜度は緩やかなので初心者の人は遊びやすいです。

そして、幅がものすごく広いので、景色も良いですし、滑っていて気持ち良いコースでした。

そしてその後の「林間コース」。

コース幅は広くないですが、斜度は緩めで、とにかく長いコースになります。

ゆっくりと滑れますし、初心者の人でも滑りやすいコースです。

また、木に囲まれた林間コースらしい風景を見られる箇所もあります。

ゆっくり滑りながらキレイな景色も楽しめました。

スノーボードに慣れている人でしたら、途中に地形遊びができる箇所もあるので、遊びながら林間コースを滑る事もできます。

「上の平ゲレンデ」「パラダイスゲレンデ」「林間コース」は斜度が緩めですが、すごく長いコースなので初心者の人でも滑りごたえ抜群です。

そして、林間コースの終点には、「日陰ゴンドラ」乗り場と、様々な飲食店もあります。

長いコースを滑ると疲れやすいので、ここで一休憩するのもありです。

日陰ゴンドラに乗れば、また「上の平ゲレンデ」まで行けるので、そこからまたロングコースも楽しめます。

また、ゴンドラに乗って下山をすることもできるので、広々としたコースだけを楽しむこともできます。

今回筆者は、一通り滑った後は「やまびこゲレンデ」へ行き、軽い雪質を堪能したり、地形遊びをしたり、色々と遊びました。

また、スカイラインコースへと行ってロングコースを楽しんだりしました。

この色々な遊び方ができるのが野沢温泉スキー場の良いところだなと感じます。

そして昼食は、長坂ゴンドラ乗り場から歩いて5分ぐらいのNEO BARへ。

カフェ&バーのお店で、店内はオシャレな雰囲気で歴史あるスノーボード板が飾られています。

落ち着いた雰囲気で1Fはカウンター席、2Fはテーブル席になっていたので、1人でも数人でも訪れやすいです。

今回食べたのは「ハワイアンポケ丼」。

ご飯の上に漬けダレされた魚、アボカド、レタスが乗ったメニューで、米の硬さもちょうど良くて美味しかったです。

昼食後は、また長坂ゴンドラに乗って、広すぎるゲレンデ内をあちこちと滑り倒しました。

野沢温泉スキー場は、1つのゲレンデで柔らかい雪、シマっている雪と、色々な雪質で楽しむ事ができます。

それに加えて、すごく長いロングコースを楽しめたり、幅が広いコースが楽しめたりとバラエティー豊かです。

まさに全レベルの人が楽しめるスキー場だなと改めて感じます。

パウダー、ロングコース、地形遊びと色々な遊び方ができましたし、滑りごたえ抜群のスキー場で楽しかったです。

野沢温泉スキー場 公式サイト >

野沢温泉のNEO BARに行ってきました!ランチも美味しいオシャレなバー!長野県の野沢温泉にあるカフェ&バー「NEO BAR(ネオ・バー)」にランチを食べに行ってきたので、ブログで色々と書いていきます。店内はオシャレな雰囲気でありながら、入りやすい店でした。野沢温泉を産地した材料で作られた料理も美味しいので満足できました。...
スポンサーリンク

最後に

最後までお読み頂きありがとうございます。野沢温泉スキー場に来たのは数年ぶりでしたが、やはりここは楽しいゲレンデでした。

この広さと長さがあるゲレンデは、なかなかありませんからね。

滑り始めから最後まで、たっぷりと楽しめました。

ABOUT ME
Avatar photo
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。スケートボード歴は10年以上。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!