スキー場

赤倉観光リゾートスキー場に行ってきました!パウダーじゃなくても楽しめた!

3月上旬の平日に赤倉観光リゾートスキー場、通称「アカカン」に行ってきました。

豪雪地帯としても有名な妙高市にあり、ゲレンデ内に大きいホテルがある赤倉観光リゾートスキー場。

3月の晴れた日に行ってきたのでパウダーはありませんでしたが、それでも十分楽しかったです。

そこで今回は、赤倉観光リゾートスキー場に行ったことをブログで色々と書いていきます。

赤倉観光リゾートスキー場に行ってきました

今回筆者は3月上旬の平日に赤倉観光リゾートスキー場に行ってきました。

到着したのは午前8:00頃になります。

平日ということもあって、停まっている車も少ない印象でした。

今回行った時には、「妙高高原スカイケーブル」のゴンドラと、「チャンピオン第1クワッド」リフトは運休。

色々とあるご時世なので、この辺りはしょうがないかなといった感じです。

さっそく着替えをすませてゲレンデに行ってみると、晴れているとはいえ、雪質も良い感じでした。

前日も晴れていたとのことで、パウダーは期待できませんが、それでも楽しめそうな感じです。

頂上に向かっている途中の「ホテル第2クワッド」リフトからは、「赤倉観光ホテル」が見えてきました。

もはや名物的なホテルで、存在感は大きいです。

リフトを4本乗り継いで、やっと頂上に到着しました。

頂上の雪質は良い感じでしたし、少し滑ったところから見る景色も良かったです。

まずはということで、頂上からゲレンデ下部にある「ホテル第1クワッド」リフトの乗り場まで。

距離としても長く滑れますし、斜度もキツ過ぎず、緩過ぎずといった感じなので気持ち良く滑れました。

途中の「ホテルBコース」はコース幅も広めでしたし、景色も良かったです。

コースの途中にはジャンプ台やBOXなどが設置されているパークもあるので、遊びながら滑ることもできます。

ただ、ジャンプ台に関しては大きめの物もあったので、入る前にチェックが必要。

小さめのジャンプ台も設置されていたので、パーク慣れしていない人は、小さめを飛んだ方が良さそうです。

そして、滑っているコースの途中には「赤倉観光ホテル」。

近くで観ると、高級感が漂う立派なホテルです。

ホテルからの「ホテルメインスロープ」のコース幅は広く、斜度もキツくないので初心者の人でも滑りやすい感じでした。

こちらからも良い景色が見えるので気持ち良かったです。

そしてロングコースの終わり近くの「ホテルビギナー」コース。

はじめだけ少し斜度がありましたが、他はかなり緩めだったので初心者の人も安心して楽しめそうです。

頂上から「ホテル第1クワッド」リフトの乗り場までは、距離が長いですし、滑りごたえもあります。

コース幅が広い所もありましたし、ロングコースを気持ちよく滑れました。

ただ、この後もロングコースで滑ったのですが、リフトの乗り継ぎが大変だったので、この日は「ホテルビギナーコース」を除いて滑りました。

それでも十分楽しかったです。

そしてその後は、また頂上へ行き、非圧雪ゾーンの「ホテルAコース」へ。

雪が降って溜まっていればパウダーを滑られるコースですが、この日に新雪はありません。

実際に行ってみると、ボコボコの修行ゾーン。

脚の踏ん張りをフルに使いながら、なんとか降りることができました。

ボコボコ修行を終えた後は、そのまま「チャンピオンBコース」へ。

こちらは滑っている人がまだ少なかったのか、意外とピステンが残っていました。

斜度もスピードがつきやすくて、滑りやすい感じなうえ、途中には遊べる地形なんかもありました。

人も少なかったので楽しかったです。

そして「チャンピオン第3クワッド」リフトに乗り、「チャンピオンCコース」からの「女子国体コース」へ。

この流れのコース取りも、筆者的には楽しかったです。

斜度的にもキツ過ぎず、緩過ぎずで、スピードも乗りやすい感じでした。

また、ツリーランっぽく滑れる箇所があったり、地形遊びができる箇所があったりしました。

コースの長さ的にも短くなかったので、滑りごたえもあって良かったです。

この流れのコースにも人がいなかったので、存分に楽しめました。

ただ、「チャンピオン第3クワッド」リフト乗り場近くになると、斜度が全然ないフラットな箇所になります。

午後になるにつれて、板の滑りが悪くなってきていたので、ワックス力を試されるコースでもありました。

これが理由で人が少ないのかなとも感じます。

とはいっても、楽しかったので、そこだけは我慢して、何度か同じコース取りで滑っていました。

そして、この日行ける最後のコースが「チャンピオンAコース」。

非圧雪ゾーンなのでパウダー日には最高そうですが、この日は下部から見ただけでも斜面の荒れが分かります。

そして、この日としては1番人がいなかったコースです。

ただ、行けば何か当たりがあるかもと思い、行ってみました。

すると、案の定のボコボコ修行コース。

ゲレンデを見た感じ、地形遊びできそうなところもありましたが、それどころではない状態。

しかも長め。

確かに雪が溜まっている状態でしたら最高に楽しそうでしたが、この日はバキバキの修行をしてきました。

ロングコースやあちこち滑り、お昼になったのでゲレンデ中央辺りにあるレストラン「エートル」へ。

このご時世ということもあり、やっているレストランが少なかったです。

今回ここで食べたのは。「エートルラーメン」。

麻婆豆腐が乗ったラーメンになります。

麻婆豆腐でしたが、個人的には辛みはあまり感じず、ゲレンデの食事らしいラーメンといった感じでした。

お昼ご飯を食べた後は、「チャンピオン第3クワッド」リフトをメインに滑り、たまにロングコースを楽しんだりしました。

午後からは天気が崩れはじめましたが、良いスピードがつきながら地形遊びできたり、幅が広いコースで長く滑れたりと楽しかったです。

コースの途中で入りやすいアイテムがあるパークもあったので、帰るまで色々と遊べました。

帰りは、赤倉観光リゾートスキー場から車で約30分のラーメン屋「麺屋風花」へ。

上越妙高駅の西口にある「フルサット」という場所の中にあるラーメン屋です。

今回は「辛味噌ラーメン」と「チャーシュー丼」を注文したのですが、どちらも美味しかったです。

スノーボードをした後の疲れた体に染みて、良いシメができました。

午後からは天気が崩れてしまいましたが、午前中は晴れてくれたので良かったです。

パウダーだったらもちろん楽しめるゲレンデですが、パウダーがなくても十分楽しめました。

赤倉観光リゾートスキー場 公式サイト >

スポンサーリンク

最後に

最後までお読み頂きありがとうございます。今回はゴンドラが動いてなかったので、リフトでの移動時間が長くなってしまいました。

乗り継ぎもしなくてはいけないので、正直少し残念ではありましたが、こればっかりはしょうがない所ですね。

とはいっても、天気が良かったおかげで、リフトに乗っている時も気持ち良かったので満足しています。

人が少ないコースも見つけられたので、存分に楽しめました。

ABOUT ME
Avatar photo
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。スケートボード歴は10年以上。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!