温泉・宿・飲食店

群馬県のみなかみ町にある「鈴森の湯」日帰り温泉に行ってきました!水上I.Cから近い温泉!

群馬県の、みなかみ町にある日帰り温泉「鈴森の湯」に行ってきました。

今回筆者は、奥利根スノーパークで滑った後に行ってきたのですが、スキー場からは近かったです。

また、高速道路の関越道路からも近いので、アクセス的には良い所にあるなと感じました。

実際に温泉に入ってみると、川の音を聞きながら入れる露天風呂だったので気持ち良かったです。

そこで今回は、実際に行った「鈴森の湯」について、ブログで色々と書いていきます。

「鈴森の湯」の日帰り温泉をレビュー

今回筆者は、奥利根スノーパークで遊んだ後に、鈴森の湯を利用しました。

スキー場からは車で約15分。

高速道路の関越自動車道は、車で10分もかからない場所にあります。

近くに着くと大き目の看板があったので、すぐに分かりました。

行ったのは平日だったのですが、15時前ぐらいに到着したら停まっている車はほぼいない状態。

時間帯的に空いている時間だったのかもしれません。

そして、「鈴森の湯」の料金は次のような感じです。

「鈴森の湯」料金

【温泉のみ】
・大人:800円
・小学生:500円
・幼児(3歳以上):400円
・3歳未満:無料

※2022年4月からは、大人:900円

【アメニティ】
・フェイスタオル:150円
・レンタルバスタオル:200円
・歯ブラシ/カミソリ:各50円
・シャワーキャップ:30円
・POLA:各1,600円
(シャンプー/コンディショナー/ボディーソープ)

※シャンプー、コンディショナー、ボディーソープは、洗い場にも設置されています。

日帰り温泉としては平均的な価格帯かなと、始めは感じました。

ただ、実際に利用してみると露天風呂が良かったので、この値段で入れるのは良いなと感じます。

そして、スキー場や関越道路から近いというのも良かったです。

そんな、「鈴森の湯」について、色々と書いていきます。

スポンサーリンク

「鈴森の湯」の館内

「鈴森の湯」の館内になります。

道路沿いにある建物に入って通過して行くと、更に建物があり、そこが日帰り温泉になっていました。

通路には屋根があったので、雪が降っていたとしても歩きやすそうです。

建物に入ると、飲食店もありました。

今回行った時は準備中だったので利用はしていません。

メニューを見てみると美味しそうな料理が書かれています。

温泉の入口側へ行くと、鍵付きの下駄箱があり、すぐ横に受付がありました。

そこでお金を払う仕組みで、タオルなどもここでレンタルや購入ができます。

受付の近くには休憩スペースもあります。

広過ぎず、狭過ぎずといったスペースで、人を持つにはちょうど良さそうな感じです。

キレイな感じでしたし、清潔感があるスペースでした。

また、休憩スペースの向かい側には、マッサージ機もあります。

無料ではありませんが、温泉後のマッサージには良さそうです。

そして、受付からすぐのところに脱衣場があります。

脱衣場はキレイに清掃されている感じで、清潔感があるなと感じました。

洗面台もキレイでしたし、無料で使えるドライヤーもあります。

脱衣所の広さは、狭いという感じは一切なく、空間にも余裕がある感じになります。

また、洋服や荷物は鍵付きのロッカーに入れる仕組みでした。

ロッカーは少し大きめだったので入れやすかったですし、安心して荷物が置けます。

浴室に関しては、携帯電話(スマホ)の持ち込みが禁止です。

ですので、浴室内の撮影はできませんでした。

浴室内の洗い場は、15か所ぐらいあって、ボディーソープ、シャンプー、コンディショナーは設置されています。

また、清潔感があるキレイな感じだったので気持ち良かったです。

ただ、シャワーに関しては、弱めな所、普通な所がありました。

今回筆者が行った時には、始めに使った所が弱めだったので、違うシャワーに変えてみたところ、普通どおりに出ました。

ですので、もしも弱いかなと感じたら、変えてみた方が良いかもしれません。

そして、内湯、露天風呂とも、キレイな状態で気持ち良かったです。

内風呂は2つある

鈴森の湯には2つの内風呂がありました。

2つは繋がっていて、間に木の境があります。

1つ目は少し広めな感じで、20人ぐらいは入れる感じでした。

そして2つ目は少し狭い感じで、10人ぐらいは入れそうな感じです。

また、2つ目の狭めな浴槽だけは深めでした。

立って入ると腹辺りぐらいの深さで、浴槽内にある腰掛に座ると、ちょうど肩まで浸かるぐらいでした。

浴槽の画像は、公式サイトでご確認ください。

鈴森の湯 公式サイト >

露天風呂は少し広め

鈴森の湯の露天風呂は、浴室内にあるドアを開けると階段があって、降りた所に温泉があります。

この階段が意外と長めでした。

そして、露天風呂は少し広めといった感じになります。

人数でいうと、20人ぐらいなら余裕で入れるかなといった広さです。

露天風呂も清掃がされている感じがあり、清潔感がありました。

また、露天風呂から外側を覗いてみると川が流れていて、その川の音がする雰囲気が良かったです。

「鈴森の湯」はあつい?ぬるい?

「鈴森の湯」はあついのか?ぬるいのか?

このブログを書いている筆者の温度の感じ方は、標準的な感じになります。

ぬる過ぎず、熱過ぎといった感じの温泉が好きです。

そんな筆者が「鈴森の湯」に入って感じたのが、次のような感じです。

【内風呂】
・1つ目/ちょうど良い
・2つ目/凄くぬるい

【露天風呂】
・ぬるい

2つの内風呂のうち、1つ目の広い方は、熱過ぎず、ぬる過ぎずといった、ちょうど良い温度感でした。

足から入ってみると入りやすくて、しっかり温まる感じが気持ち良かったです。

そして2つ目の狭めの方は、凄くぬるくて、冷たさを感じるぐらいでした。

「水」という感じではなく、ほんの少し温かさを感じるぐらいになります。

凄くぬるい温度感ではありましたが、入ってみると意外と気持ち良かったです。

そして、露天風呂はぬるかったです。

足から入ったら、すんなりと入れる感じで、肩までもすぐに入れる温度感で長湯がしやすい感じでした。

ぬるいと言っても、ぬる過ぎるという訳では無く、温まっている感じはあるので気持ち良かったです。

ただ、熱めが好きな人にとっては、物足りないかなとも感じます。

とはいっても、長湯でゆっくりとしやすい温度感なので、良い露天風呂でした。

駐車場は広め

「鈴森の湯」の駐車場は広めで、無料で利用できました。

駐車場の場所は、「鈴森の湯」の目の前にある道路の反対側です。

建物からも近いので、車を降りてすぐ入口に入れます。

「鈴森の湯」レビューのまとめ

「鈴森の湯」に行ってみて、キレイな館内でしたし、川の音を聞きながら入る露天風呂が気持ち良くて、良い日帰り温泉だなと感じました。

内湯、露天風呂のどちらも、程よい広さだったのも良かったです。

シャワーが弱めな箇所もありましたが、洗い流せないほどでもなく、違う箇所のシャワーが普通に出たので問題はありませんでした。

露天風呂の温度感はぬるめで長湯がしやすかったですし、内湯の温度感もちょうど良くて気持ち良かったです。

鈴森の湯 公式サイト >

最後に

最後までお読み頂きありがとうございます。「鈴森の湯」に到着した時は、なんだか秘境感がある雰囲気を感じました。

そして、いざ入ってみるとキレイだったので、そのギャップも面白かったです。

始めて行きましたが、行って良かったなと感じる日帰り温泉でした。

ABOUT ME
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。スケートボード歴は10年以上。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!