ゴーグル

DRAGONのR1をレビュー!ゴーグルを付けた感じや使い心地など!

DRAGON(ドラゴン)のゴーグル「R1」をスキー場で実際に使って滑ってきました。

今回筆者はスノーボード試乗会で使ってきたのですが、ミディアムサイズとは言いつつも、視界が広かったのが良かったです。

手で持っただけでも分かる軽量感や、レンズの付け外しが簡単なのも良いなと感じました。

そこで、以前スノーボードショップでゴーグルやグローブなどのアクセサリー担当として働いていた経歴を持つ筆者が、DRAGON(ドラゴン)の「R1」を色々とレビューしていきます。

良かったら参考にしてみてください。

DRAGON(ドラゴン)のR1をレビュー

・今回レビューするのはこちらです

フレームが無いフレームレスモデルで、平面レンズが使用されているミディアムサイズの「R1」

ミディアムサイズですが、付けた感じは小さ過ぎずといった感じで、ちょうど良いサイズ感のゴーグルでした。

ゴーグルを手で持った時に感じたのが軽量感です。

マグネットを使用していませんし、ミディアムサイズという事もあって軽めに感じました。

フレームレスというのも軽さに関係しているかもしれません。

顔に付けた時の視界は広く感じました。

とはいっても、フレームが見えないぐらいの、もの凄く広いという感じではありません。

目だけを横にすると、内側のフレームが少し見えるぐらいです。

ただ、実際に滑っている時は気にならなかったですし、視界の広さのストレスは全然感じませんでした。

今回使った「R1」は日本正規品なので、スポンジの造りが「JAPAN FIT」になっています。

この「JAPAN FIT」のおかげで、鼻の高さが標準的な筆者でもしっかりとフィットしてくれました。

また、ゴーグルを上から見てみると、メッシュ部分がフレームと同じ材質のカバーがされています。

DRAGONの「アーマードベント」というシステムです。

このカバーがされている事で、メッシュが濡れたり凍ったりするのを防いでくれます。

上部の通気口を雪などで塞いでしまうのを防いでくれるので、レンズ内のくもり防止になってくれますし、メッシュの長持ちにも繋がります。

また、「R1」のアーマードベントは、少しだけ凹凸があるので、雪や水分が溜まりづらい構造になっていました。

ただ、大量の雪が乗ってしまった場合ですと、さすがに落ちなそう感じがしました。

凹凸と言っても、結構ゆるやかだったので、その辺りはしょうがないかなと感じます。

とはいっても、雪や水分が乗った時に滑り落ちやすい構造というのは、少なからず良いなと感じました。

ゴーグルのベルトは、付け外しがしやすいバックルタイプになっています。

このバックルタイプは、日本正規品のみです。

また、ベルトの裏にはシリコンが付いているので、転んだ時に外れづらいようになっていました。

「R1」は眼鏡対応の「OTG」モデルになります。

眼鏡のフレームが当たりづらいように、ゴーグルの内側に切り込みが入っていました。

この切り込みが入っている事で、眼鏡のテンプルが圧迫されないようになっています。

ただ、個人的な経験ですが、眼鏡をして着ける場合には、入るのかを1度確認した方が良いかなとも考えています。

眼鏡のフレーム、テンプル、レンズのサイズは、物によってバラバラです。

ですので、物によっては入らないなんて事も起こります。

眼鏡が確実に入るのかは、ショップなどで実際に試して確認した方が良さそうです。

DRAGONには「スーパーアンチフォグ2.0」という、曇りづらくする技術がありますが、「R1」に関してもその技術が使われています。

内側のレンズに特殊な加工をすることで、曇りづらいようにしています。

・「スーパーアンチフォグ2.0」とは、DRAGONが独自で開発した曇り止め技術

※詳しくは、Dragon 公式サイトでご確認ください。

もちろん、使う本人も曇らないように工夫する必要もありますが、このコーティングがされている事で曇りの軽減をしてくれます。

ちなみに、この日は雪が降っていましたが、使った時はくもりませんでした。

サイズ的にはミディアムですが、実際に付けてみると視界も広かったですし、付けたサイズ感的にも大き過ぎないのが良いなと感じました。

そして、軽量なところも良かったです。

スポンサーリンク

「R1」はヘルメット対応か?

DARGONの「R1」はヘルメット対応になっていました。

ヘルメットの上から着けても、ベルトが邪魔にならないようになっているので、着けた時のフィット感も問題なさそうです。

ただ、ベルトがバックルタイプになっているので、ヘルメット裏にある「ベルト止めストラップ」に入らない場合があります。

また、ベルトの長さ的に余裕はありましたが、ヘルメットの大きさなどによっては、圧迫感を感じる場合もありそうです。

もしもヘルメット裏のストラップに入らなかったり、圧迫感を感じる場合だったりする時には、別売りですが「延長ストラップ」も展開しています。

「延長ストラップ」とはこちらです↓

これを着けることによって、バックルやベルトの長さの問題を解決する事が出来ます。

レンズ交換は簡単だった

DRAGONの「R1」はレンズ交換が簡単にできるようになっていました。

外し方は、ゴーグルの横にある凹みを押しながら、持ち上げるだけです。

レンズには突起が付いていて、凹凸を合わせるだけのシンプルな造りになっています。

フレームをしっかり手で持ち、凹凸を外すようにレンズだけを上げれば、簡単に外すことができました。

そして、レンズを付けるのも簡単です。

フレームにレンズを合わせて、凹凸を差し込むようにすれば、すぐにレンズを付けることができました。

特別なコツとかもなく、凹凸をハメ込むだけになります。

レンズを初めて外す場合には少し硬さを感じると思いますが、慣れてしまえばすぐにできます。

実際、筆者がはじめて付け外しをやった時には、レンズを外して付けるまで、2分もかからずに終了しました。

ですので、慣れてしまえば誰でも簡単にレンズ交換ができます。

DRAGON「R1」レビューのまとめ

DRAGONのR1を使ってみて、ミディアムというサイズながら、滑っている時のストレスを感じさせない、広い視界を確保してくれるのは良いなと感じました。

見た目的にも小さ過ぎない感じでしたし、付け心地も良かったです。

また、マグネットが使われていない軽量感ながら、レンズの付け外しが簡単なのも良いところでした。

ただ、眼鏡をする場合には確認が必要だったり、ヘルメットの上から着ける場合に延長ストラップが必要な可能性があったりするのはデメリットかなとも感じます。

この辺りは、ゴーグルのあるある問題なので、しょうがない所ですけどね。

見た目的にはシンプルな感じでありながら、DRAGONらしいデザインの良さも感じられました。

それにプラスして、見やすい「ジャパンルーマレンズ」や、「ジャパンフィット」などの性能の良さもあります。

レンズの付け外しが簡単なので、中が濡れてしまった時の対応もしやすいので、使いやすさもあるゴーグルだなと感じます。

最後に

最後までお読み頂きありがとうございます。DRAGONはデザインの良さもありつつ、性能の良さも合わせ持つブランドなので、それが「R1」にもしっかり入っているなと感じました。

とくにR1の場合は、ミディアムなのに広い視界を確保してくれている所が、そう感じます。

使いやすさもある、良いゴーグルだなと感じました。

ABOUT ME
Avatar photo
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。スケートボード歴は10年以上。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!