ゴーグル

ELECTRICのRoteck(ローテック)をレビュー! ゴーグルを付けた感じや使い心地など!

ELECTRICのゴーグル「Roteck(ローテック)」を実際にスキー場で使ってきました。

今回筆者は、スノーボードの試乗会でこのゴーグルを使ったのですが、はじめて見た時から大きめだなと感じました。

横幅も広く造られていましたし、上下も広かったので、実際につけた時の視界は広かったです。

また、柔軟性があるフレームとレンズだったので、顔にフィットしやすい所も良いなと感じます。

大きいゴーグルの場合、フィット感を損ないやすいですが、Roteckはそこをカバーしているのが良かったです。

そんなRoteckを使ってきたので、以前スノーボードショップでゴーグルやグローブなどの担当として働いていた筆者が、ELECTRIC(エレクトリック)のRoteck(ローテック)を色々とレビューしていきます。

良かったら参考にしてください。

ELECTRIC(エレクトリック)のRoteck(ローテック)をレビュー

・今回レビューするのはこちらです

フレームがあるモデルで平面レンズのRoteck

はじめて見た時には、大きめなゴーグルだなという印象でした。

タテにもヨコにも大きくて、視界が凄く広そうな感じです。

実際につけてみると、見た目どおりの広い視界を確保してくれました。

下方向にも広く造られているうえに、横のフレームも最小限に造られています。

顔につけている状態で上下左右を見てみると、内側のフレームがほぼ見えない感じでした。

とはいっても、顔を動かさずに、目玉だけに力を入れて横を見れば、フレームが見えてしまう感じではあります。

ただ、滑っている時に関していえば、何もストレスなく滑る事ができました。

そして、今回使ったのが日本正規品なので、鼻のスポンジが「ASIAN FIT」になっています。

付け心地としては、鼻の高さが標準的な筆者には合う感じで、フィットは良かったです。

また、フレームとレンズが柔らかめだったという事もあって、顔にフィットしやすい感じでした。

ゴーグルを上部から見てみると、他のゴーグルなどと同じようなメッシュ生地が使われていました。

この辺りに関しては普通かなと感じます。

ただ、上から見ると、フレームの横幅が長い事に気づきました。

この長さがある分、視界の幅が広がっているんだなと感じます。

ちなみに、ELECTRICの他のゴーグルが次のような感じです。

Roteckと比べると、他のゴーグルの横幅の方が、短いのが分かります。

【他のELECTRICゴーグル↓】

そして、ゴーグルに使われているベルトは1本のタイプでした。

バックルではないので、頭の上からかぶるように装着するタイプになります。

ですので、バックルタイプと比べてしまうと、脱着がしづらいという点がデメリットかなとも感じました。

裏面にはシリコンが付いているので、転んだ時などに外れづらいようになっていました。

激しく転んでしまった場合ですと、さすがに飛んで行ってしまいますが、それでもある程度は抑えてくれます。

この辺りも他のゴーグルと同じだなと感じました。

ELECTRICには「Super Anti-Fog Coating」という、曇りづらくする技術がありますが、「Roteck」に関してもその技術が使われています。

内側のレンズに特殊な加工をすることで、曇りづらいようにしています。

・「Super Anti-Fog Coating」とは、ELECTRICが開発した曇り止め技術

※詳しくはELECTRIC 公式サイトでご確認ください。

もちろん、使う本人も曇らないように工夫する必要もありますが、このコーティングがされている事で曇りの軽減をしてくれます。

ちなみに、この日は雪が降っていましたが、使った時はくもりませんでした。

ゴーグルが大きいうえに、視界の幅を広げる最低限のフレームなので、滑っている時の視界は広くて見やすかったです。

また、LARGEサイズなのに、顔にフィットしやすいという所も良いなと感じました。

スポンサーリンク

Roteckはヘルメット対応

Roteckはヘルメット対応になっていました。

フレームからのベルトの付けられ方も、ヘルメットに邪魔にならないようになっています。

また、ベルトの付け根が動くようになっていたので、ヘルメットのフチに当たりづらいようになっていました。

ベルトもバックルが無く、1本のベルトなので、ヘルメット裏のストラップにもハマりやすいです。

Roteckのレンズ交換は簡単か?

Roteckのレンズ交換は、とても簡単とは言えませんでした。

マグネットやワンタッチで外せる性能はなく、従来からあるフレームの溝にレンズを収めるタイプでした。

ですので、「誰でも簡単にレンズ交換が出来るか?」と聞かれると、「簡単ではなく、少しコツが必要」というのが答えです。

マグネットやワンタッチで付け外しができるのと比べてしまうと、簡単ではありません。

この辺りがデメリットかなとも感じます。

とは言っても、レンズ交換は慣れてしまえば誰でもすぐにできるようになります。

フレームの溝にレンズを入れ、凹凸を合わせてハメ込むだけですからね。

凄く簡単にできるという感じではありませんが、慣れてしまえばレンズ交換の時間はかかりません。

また、調光レンズを使えば、天気に合わせてレンズを変える必要もないので、レンズを外す機会も少ないのかなとも感じます。

ELECTRIC「Roteck」レビューのまとめ

ELECTRICのRoteckを使ってみて、視界の広さとフィット感の良さを合わせ持つ、良いゴーグルだなと感じました。

フィット感が悪くなりがちなLARGEサイズですが、このゴーグルは柔らかさがあるので付け心地も良かったです。

また、ヘルメットの上から付け場合でも、ベルトの付け根が可動式でフィット感を損なわないというのも良い所だなと感じます。

ただ、レンズ交換が簡単ではないので、その辺りはデメリットかなとも感じました。

それと、ベルトが1本のタイプなので、バックルタイプと比べると脱着しづらいという点もデメリットです。

とはいっても、調光レンズが付いていれば、天気に合わせてレンズ交換をする必要はありません。

また、レンズ交換や、ベルトの関係で脱着がバックルより簡単ではないとは言え、慣れてしまえば普通に感じます。

そう考えれば、視界も広く、フィット感も良いので、性能としては良いゴーグルだなと感じました。

ELECTRICらしいデザインの良さにプラスして、使い心地も良かったです。

最後に

最後までお読み頂きありがとうございます。Roteckを使って滑った時は、見やすいですし、しっかりフィットしてくれていたので、ストレスなく滑る事ができました。

LARGEサイズなのにフィットしてくれるのは、ゴーグルとしては嬉しいポイントです。

レンズも調光レンズなので、天気に合わせてレンズ交換をしないで済むというのも楽で良いですね。

アメリカ発のブランドらしいデザインの良さも良かったです。

ABOUT ME
Avatar photo
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。スケートボード歴は10年以上。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!