スキー場

4月の奥只見丸山スキー場に行ってきました!春でも積雪量が多いゲレンデ!

4月はじめの土曜日に、奥只見丸山スキー場に行ってきました。

オープンしているのが11月~12月、3月下旬~5月と期間限定でオープンしている珍しいゲレンデです。

積雪量が多すぎてしまう地域の為、1月~3月はクローズしているスキー場になります。

クローズしてしまうほどの豪雪地帯なので、その分、春でも積雪量が多いと有名です。

12月の奥只見丸山スキー場にも行きましたが、その時より滑れるコース数が多くなっていたので、また違った楽しみ方ができました。

今回は、そんな4月の奥只見丸山スキー場へ行ってきたので、ブログで色々と書いていきます。

4月の奥只見丸山スキー場に行ってきました

今回は公式サイトで記載されている、4月の「春スキーシーズン」に行ってきました。

筆者が到着したのは9:00頃になります。

他のスキー場がクローズしていく中、奥只見丸山スキー場には大量の積雪がありました。

来る途中の道にも雪壁がある状態で、さすがは豪雪地帯といった感じです。

スキー場に到着後、準備を終わらしてゲレンデへ行くと、たくさんの人が滑りに来ていました。

行った日が土曜日という事もありますが、スキー、スノーボード好きが集まりやすい場所ですね。

滑りに来ている人の中には、初心者の方もいましたし、レンタルのコーナーでは数人の列ができていました。

4月の奥只見丸山スキー場は、全てのコースがオープンしています。

11~12月にオープンする「ファーストシーズン」では全てのコースがオープンしません。

ですので、時期によって楽しみ方が変わるスキー場になります。

ちなみに、12月の奥只見丸山スキー場の状況は、別のブログで書いたので、もし興味ありましたら参考にしてください。

12月の奥只見丸山スキー場に行ってきました!オープン日から天然雪100%で滑れる!12月中旬の日曜日に、奥只見丸山スキー場へ行ってきたのでブログで色々と書いていきます。積雪量が多いと有名な奥只見ですが、行くと期待を裏切らず、12月でこの雪の多さはありがたいと感じさせるスキー場でした。行ったこの日も良い雪で滑ることができました。...

この日は晴れていて、スキー場の下部は水分が多いシャバシャバな雪質でした。

いくら豪雪地帯といっても、春の暖かい気温では雪も溶けてしまいます。

とはいっても、リフトからコースを見ると、壁などにもビッシリ雪がついている状態です。

まずは、スキー場の頂上へと向かいました。

3本のリフトを乗り継いでいけば頂上なのですが、途中からは雪質が変わります。

ゲレンデの中腹からは、まだシマリがある雪質で、板の進みも悪くない状態です。

頂上から滑れる「丸山ゲレンデ」の雪質は良かったですし、ウェーブもある遊べるコースでした。

斜度もキツ過ぎない感じでしたので滑りやすかったです。

また、頂上へ行く「山頂ペアリフト」乗り場の辺りには、ハーフパイプもありました。

シーズンによってあったりなかったりしますが、大きめでキレイなハーフパイプでした。

山頂に再び向かい、今度はそこから「カモシカDコース」へ。

ここのコースは「春シーズン」のみ解放されるコースになります。

コースのスタートあたりは少し上がっていたので、スノーボードの場合は片足を外す感じになります。

進んで行くと平らなコースが続きますが、緩い下りなので板は進んでくれました。

晴れていたので周りの景色も良かったです。

そのまま進んいくと、斜度がキツクないコースが続いていて、のんびりクルージングコースといった感じです。

途中で少し斜度がありますが、それでもキツクないので、初心者の人でも楽しみやすいコースでした。

そのまま、「ブナ平Cコース」へと進みます。

ここも「春シーズン」のみオープンするコースで、緩めな斜度のコースでした。

そして、ゲレンデ下部の麓へ向かう「八崎ゲレンデ」へ。

ここの途中には、斜度がキツメな箇所があります。

また、壁もあるので、遊びながら滑ることができました。

ゲレンデ1番下部は、斜度がキツメなコース、緩めなコースに分かれます。

自分のレベルに合わせて滑れるので、初心者の人でも安心して滑れます。

また、今回行った時には、バンクコースもありました。

バンクは深めで、なかなか難しかったですが楽しかったです。

そして、またリフトを乗り継ぎ、今度は「カモシカAコース」からの「カモシカEコース」へ。

「カモシAコース」は斜度が少しキツメな感じで、スピードも出やすいコースになります。

幅も広いので滑りやすいコースでした。

そのまま「Eコース」の方へと向かいます。

「カモシカEコース」も、春シーズンのみオープンするコースです。

非圧雪コースになるのですが、行ってみると斜度がキツメでボコボコ状態。

かなりの修行コースとなっていました。

その次に「カモシカBコース」へ行ってみると、こちらもキツメな斜度でボコボコ状態。

さきほどと同じように、ガッツリと修行をしてきました。

ボコボコの状態ではありましたが、コブを楽しんでいる人達も多かったです。

そしてその後は、「カモシカCコース」。

斜度は緩めな感じになっており、所々には壁があるので地形遊びをしながら滑れます。

また、途中からはクネクネと曲がりくねったコースになります。

緩い斜度ですが、止まってしまうほどの緩さではありません。

ここでも地形遊びができましたし、クネクネコースを楽しみながら滑る事ができました。

その後は、頂上からゲレンデ下部までのプチロングコースも楽しみました。

滑れる距離も長めなので滑り応えもありますし、遊びながら滑れたので楽しかったです。

何本か滑った後は、頂上にある「山頂ヒュッテ」でお昼ご飯。

13時前ぐらいに入りましたが、席は空いていて余裕で座れました。

今回食べたのは、「ハンバーグカレー」になります。

辛すぎないカレーの味は美味しかったですし、満足できました。

お昼ご飯を食べた後は、「山頂ヒュッテ」の裏側で少し休憩。

数個のイスが設置されていて、そこからキレイな景色を見ながら休めます。

この日は無風の快晴だったので、とても気持ち良かったです。

その後はゲレンデ中腹にある「第2ペアパラリフト」をメインに乗って、色々なコースを滑りました。

「カモシカCコース」のクネクネや、修行コースなど、色々と周りながら滑れたので楽しかったです。

また、頂上から麓までのプチロングコースも滑り応えがありました。

4月の春シーズンではありますが、積雪量は何も問題なかったですし、1日を通して楽しめました。

12月の奥只見丸山スキー場に行ってきました!オープン日から天然雪100%で滑れる!12月中旬の日曜日に、奥只見丸山スキー場へ行ってきたのでブログで色々と書いていきます。積雪量が多いと有名な奥只見ですが、行くと期待を裏切らず、12月でこの雪の多さはありがたいと感じさせるスキー場でした。行ったこの日も良い雪で滑ることができました。...

奥只見丸山公式サイト >

スポンサーリンク

最後に

最後までお読み頂きありがとうございます。春シーズンの奥只見丸山スキー場は、雪がたっぷりとありますし、まだまだシーズン中と感じさせてくれるスキー場でした。

雪質は水分が多いシャバシャバ感はありますが、それでも十分楽しめます。

地形遊びやバンクコースなど、色々と楽しかったです。

ABOUT ME
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。スケートボード歴は10年以上。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!