温泉・宿・飲食店

ニセコ五色温泉の日帰り入浴に行ってきました!秘湯感が漂う良い雰囲気の温泉!

北海道の虻田郡ニセコ町にある、「ニセコ五色温泉」の日帰り入浴に行ってきました。

厳冬期は雪の影響で行きづらい日もあるとニセコ五色温泉 公式サイトに記載がされているぐらい、山奥に位置する温泉。

まさに秘湯感が漂う温泉です。

そんなニセコ五色温泉に、雪バカ日誌というブログを運営されている田中さんが連れて行ってくれました。

田中さんは都内から日帰りでニセコに行ってしまうほどの、スノーボード&旅好き。

その田中さんが「あそこは本当に良いよ!」というぐらいの温泉なので、とても興味がわくところでした。

ちなみに、田中さんも自身のブログで記事にしているので、そちらも参考にしてください。

旅好きの田中さんが一押しするニセコ五色温泉は、行ってみると本当に良くて、連れて行ってもらえて良かったなと感じる温泉でした。。

そこで今回は、実際に行ったニセコ五色温泉について、ブログで色々と書いていきます。

ニセコ五色温泉の日帰り入浴をレビュー

今回筆者は、4月のグラン・ヒラフで滑った後、ニセコ五色温泉を利用しました。

ヒラフのエリアからは車で約30分の距離になります。

春の季節という事もあって、道沿いの雪壁はあったものの、道路には雪はなくて乾いている状態でした。

ニセコ五色温泉の近くにも雪壁があり、建物は分かりづらい感じでしたが、行ったことがある田中さんのおかげで迷わずに行けました。

建物周辺は1本道なので分かりやすいですが、雪壁があると分かりづらいので、近くにきたら注意深く探した方が良いです。

到着したのは14:30過ぎで、すでに数台の車が停まっていました。

行ったのが日曜日なので、早い時間から来ている人もいるのかなといった感じです。

そして、「ニセコ五色温泉」の料金は次のような感じです。

「ニセコ五色温泉」料金

【日帰り温泉のみ】
・大人(中学生以上):800円
・小人(5歳~小学生):500円
・ハンドタオル:300円
・バスタオル(レンタル):300円

内風呂と露天風呂があるので、はじめは料金としては普通かなと。

ただ、実際に入ってみると、温泉と雰囲気が良かったので、ありがたい料金設定だなと感じました。

持ち帰れるハンドタオルには「ニセコ五色温泉」の文字が入っているので、個人的には、なんだかレア感を感じます。

内風呂、露天風呂のどちらも気持ち良かったので、行って良かったなと感じる日帰り温泉でした。

そんな、「ニセコ五色温泉」の日帰り入浴について、色々と書いていきます。

スポンサーリンク

ニセコ五色温泉の館内

ニセコ五色温泉の館内になります。

建物はロッジのような感じで、どこか老舗感がある良い雰囲気。

中に入ってみると、もの凄く古いという感じでもありませんでした。

そして、玄関には棚タイプの下駄箱があって、入ってすぐのところには券売機がありました。

日帰り入浴の場合は、ここでチケットを購入する仕組みです。

浴室に向かって廊下を歩いていると、広い畳部屋の無料休憩所もありました。

日帰り入浴の人でも休めるスペースになるので、待ち合わせとしても使えます。

館内は老舗感がありながらも、古ぼけた感じは一切なく、清潔感があるキレイな感じでした。

そして、廊下を歩いていると、2つの浴室がありました。

1つ目は玄関から歩いてきて手前側の「大浴場」。

そして、もう1つが更に歩いた所にある「から松の湯」。

この2つの温泉があって、どちらでも入れるようになっています。

今回は、「大浴場」の方を選んで入ってきました。

「から松の湯」も軽く覗いてみましたが、「大浴場」の方が広い印象です。

脱衣所には棚とカゴがあって、そこに脱いだ服などを入れる仕組みです。

貴重品などは、脱衣所の外にあったコインロッカーに入れる事ができます。

洗面台には無料で使えるドライヤーもありました。

少し古い感じはしましたが、清潔感があるキレイな状態でした。

そして浴室は、昔ながらの味がある雰囲気が良い感じでした。

大型で凄く明るい温泉施設という感じはなく、秘湯感が漂う浴室です。

使い続けられた経年劣化感はありますが、それがまた良い雰囲気。

また、清掃は行き届いている感じで清潔感はありました。

シャンプーやボディーソープはもちろん設置されており、洗い場は5か所ぐらいです。

浴槽は内風呂が2つと露天風呂が1つで、どちらも味がある良い雰囲気でした。

お湯は源泉掛け流しで、少し濁りのある温泉です。

露天風呂の浴槽には良い雰囲気を感じ、汚いという印象は一切ありません。

むしろ、温泉の中に「湯の花」が溜まっていて、それによる浴槽の経年感が雰囲気の良さを増していました。

浴室については、公式サイトでご確認ください。

ニセコ五色温泉 公式サイト >

外観は老舗を感じるロッジ、館内は雰囲気の良さを残しつつキレイな感じ。

経年感の良さがありながら清潔感があったので、気持ち良く利用できました。

内風呂は2つある

「ニセコ五色温泉」の大浴場には内風呂が2つありました。

1つは入口近くで、もう1つが浴室の奥側にあります。

入口近くの内風呂の広さは、人数にして5人ぐらいなら余裕で入れる印象です。

そして、窓側にある内風呂は10人ぐらいなら余裕で入れそうでした。

両方とも雰囲気の感じが良かったです。

露天風呂は広め

「ニセコ五色温泉」の露天風呂は、浴室内にあるドアを開けたところにあります。

広めな露天風呂で、人数でいうと、15人ぐらいなら余裕で入れるかなといった印象です。

行った日は積雪量が多く、露天風呂は雪壁が凄かったので、温泉に入りながら景色が見られませんでした。

ただ、立ち上がってみると、キレイで豪快な雪山が見られたので、雪壁がなければ最高な景色が見られそうです。

露天風呂の様子については、公式サイトでご確認ください。

ニセコ五色温泉 公式サイト >

「ニセコ五色温泉」はあついのか?ぬるいのか?

「ニセコ五色温泉」の温泉はあついのか?ぬるいのか?

このブログを書いている筆者の温度の感じ方は、標準的な感じになります。

ぬる過ぎず、熱過ぎといった感じの温泉が好きです。

そんな筆者が「ニセコ五色温泉」に入って感じたのが、次のような感じです。

・内風呂:ちょうど良い

・露天風呂:熱い

内風呂は2つありましたが、両方とも熱過ぎず、ぬる過ぎずといった、ちょうど良い温度感でした。

足から入ってみると、少し熱めな感じはありましたが、肩まで入りやすい感じです。

入っていると、ちょうど良くて気持ち良かったです。

そして、露天風呂は熱かったです。

足から入ったら、なかなかの熱さを感じて、肩まで入っている時も熱さを感じました。

個人的な意見としては、長風呂は厳しいかなといった感じになります。

ただ、肩まで入るのは普通どおりできましたし、入っている時は凄く気持ち良かったです。

肩まで入って温まりながら、熱くなったら出て浴槽のフチに座るという感じで、これを繰り返しながら入っていました。

この繰り返しが良い感じだったので、入ったり出たりをしながら、露天風呂を楽しむことができました。

温泉を出た後は、体のポカポカ感が全然ぬけない感じ。

泉質の効果で体が凄く温まっている状態で、あがった後の温泉に入った感が凄かったです。

駐車場は広めで無料

「五色温泉」の駐車場は広めで、無料で利用できました。

駐車場の場所は、建物の目の前です。

温泉宿という事もあるので、広くて停めやすい感じでした。

「ニセコ五色温泉」日帰り入浴レビューのまとめ

ニセコ五色温泉の日帰り入浴に行ってきましたが、温泉が凄く良かったのはもちろん、温泉に入っている時の雰囲気がとても良かったです。

温泉から出た後のポカポカ感も凄く、田中さんのブログで書いてある「温泉パワーが凄い」というのも分かりました。

ただ、露天風呂の温度感は熱めだったので、ぬるめが好きな人にとっては熱過ぎるかなとも感じました。

とはいっても、今回のように、熱くなったら浴槽のフチに座って、また入るという感じの楽しみ方もできます。

熱い温泉といっても、もの凄く熱すぎるという感じではないので、普通どおりに入れる温度感ですけどね。

今回はスノーボードを楽しんだ後に行ったので、疲れた体にヒシヒシと染みり、とても良い温泉に入れて良かったです。

雰囲気も凄く良かったので、行って良かったなと感じる日帰り温泉でした。

そして、連れて行ってくれた田中さんに感謝します!

最後に

最後までお読み頂きありがとうございます。ニセコ五色温泉は秘湯感の漂い方が凄かったですし、温泉も気持ち良かったので本当に行けて良かったです。

旅が大好きな田中さんのおかげで行けた温泉だと、心から思っています。

今回は春のニセコ旅をし、最後にこのニセコ五色温泉に行ったのですが、最高の旅のシメができた温泉でした。

ABOUT ME
Avatar photo
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。スケートボード歴は10年以上。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!