スキー場

北海道で初滑り!12月上旬に富良野スキー場へ1泊2日で行ってきました!

12月上旬に、1泊2日で北海道の富良野スキー場へ行ってきました。

行ったのは、金曜日と土曜日の2日間です。

今回は、「雪バカ日誌」というブログを運営している田中さんに連れて行ってもらいました。

筆者は初滑りでありましたが、凄く満足できたうえに贅沢な初滑り。

スノーボードだけではなく、宿泊先のホテルや温泉にも満足でき、凄く良い2日間でした。

それに加えて、トップシーズンでは考えられない格安な価格。

心から満足できる旅で、本当に良かったです。

そこで今回は、12月上旬に、1泊2日で富良野スキー場へ行ったことをブログで書いていきます。

・今回のブログで記載している料金は、「全国旅行支援」の制度を利用した金額となっております。

Burton(バートン)公式通販 バックパック(リュック)

【12月上旬】富良野スキー場へ1泊2日で行ってきました

12月上旬の2週目に、1泊2日で北海道の富良野スキー場へスノーボード旅をしてきました。

東京から朝の飛行機で向かい、2日目の夜に帰ってくる日程です。

そして、先に伝えておきたいのが、今回の旅でかかった飛行機の往復代と宿泊費+朝食が、約2万円。

他にもリフト代や他の交通費、夕食代がかかり、「全国旅行支援」を利用していますが、あり得ない爆安の金額でした。

制度を利用せずとも、そもそもの旅費が安かったので、12月上旬の富良野スキー場への旅は本当に最高だなと感じます。

そんな旅で滑れたのは、初日は昼頃からの滑り出しとなりましたが、初滑りとしては満足いくスノーボードでした。

そして、一緒に行ったのは、雪バカ日誌というブログを運営している田中さん。

今回のプランを考えてくれた方です。

田中さんは以前にも同じような旅をし、今回も行くという事だったので、一緒に行かせて頂きました。

宿泊するホテルが満室だったので、以前のプランに少しアレンジを加えてくれましたが、それでも楽しい旅となりました。

田中さんが書いた12月上旬の富良野スキー場トリップのブログがこちらです

20-21シーズンの初すべりは富良野スキー場でガッチリ!

(雪バカ日誌より)

ちなみにですが、当ブログで以前、田中さんについて記事を書かせて頂いたことがあります。

その記事がこちらです。

「雪バカ日誌」の田中さんと滑りに行ってきました!スノーボード大好きブロガーさん!雪バカ日誌というブログを運営している「雪バカ田中」さんと一緒にスノーボードへ行ってきました!筆者は以前から彼のブログを更新されるたびに読んでいて、ついに一緒に滑りに行く事が出来ました。今回は「雪バカ田中」さんがどのような方だったのかを書いていきます。...

以前にも一緒に北海道のスノーボード旅をさせて頂いたのですが、田中さんが考えるプランはとても楽しいのです。

今回もとても楽しく、一緒に連れて行ってもらえて本当にありがたかったなと感じました。

12月上旬の初滑りから、雪が軽いパウダーでスノーボード。

移動時間が少なめで温泉も楽しめたうえに、時期的に値段が破格な金額。

2日間でありましたが、とても濃い旅の内容で、全てが楽しかったです。

そんな12月上旬に行った、1泊2泊の富良野スキー場の旅について、色々と書いていきます。

スポンサーリンク

東京から富良野スキー場へ

今回の旅は、田中さんと羽田空港で合流してスタート。

気持ちの高ぶりを抑えながら、旭川空港へと向かいます。

到着後に外へ出てみると、軽いパウダースノーが目の前に。

12月の上旬なのにこの雪質を味わえたので、テンションは上がる一方です。

そこからはバスでの移動だったのですが、バスの到着までは時間があったので、空港内で着替えをしました。

ウェアのジャケット以外は全て着替えを終わらせ、スノーボードの準備を完了させてバスを待ちます。

「ふらのバス」のラベンダー号というバスに乗り、運賃は片道940円でした。

バスに約1時間30分乗り、目的地である「富良野スキー場」の「新富良野プリンスホテル」に11:30過ぎ到着です。

筆者たちはここのホテルに宿泊しないので、ロッカーがあるロープウェイ乗り場まで歩いて移動になります。

すでに着替えを終わらせている為、準備も早く終えて、さっそくリフト券購入へ。

この時で12:00頃だったので、スキー場の営業時間が15:00までということもあり、この日は3時間券を。

ちなみに、12月上旬の「初滑りキャンペーン」で西武の会員だと1日券が半額になるイベントもやっていました。

3時間券より安くなるのですが、筆者は会員ではなかったので3時間券を購入です。

そのまま、ロープウェイに乗り、富良野スキー場の上部へ。

まだ12月上旬ということもあって、開いているのは3コースで上部の「D1」「D2」と、麓の「C1」コースのみでした。

ロープウェイを降りると、踏んだだけで分かる良い雪質と、壁まである多めの積雪でテンションはMAX。

そして、半年前を思い出しながらの滑走。

テンションが高い状態なので、軽く暴走気味な滑りの感じです。

滑っていると、コースにはパウダーが溜まっている所が少し残っていたり、地形で軽く遊べたりと、12月上旬としては最高な状況でした。

また、この日は金曜日の平日という事もあり、滑っている人も少なめで、リフト待ちはほぼ無しの状態で滑る事ができました。

久々のスノーボードで感覚がよく分からない感じではありましたが、凄く楽しかったです。

上部には2コースが開いていたので、楽しめるライン取りなんかを決めながらのスノーボード。

たどたどしい滑りながらも、残っているパウダーを堪能したり、ターンを楽しんだり。

そして、最後の1本を滑ろうとした時に、スタッフの人に声をかけられ終了です。

終了時間ギリギリまで存分に楽しみました。

その後はロープウェイで下山をし、荷物を持って宿泊するホテルへと向かいます。

あっという間の3時間でしたが、12月上旬から滑れた初滑りとしては最高な贅沢でしたし、やっぱりスノーボードは楽しかったです。

宿泊は天然温泉「ラビスタ富良野ヒルズ」

宿泊したのは、「ラビスタ富良野ヒルズ」

富良野スキー場からは、タクシーで約10分の距離になります。

場所は「富良野駅」から徒歩3分なので、新富良野プリンスホテルから「ラベンダー号」のバスを利用すれば移動の料金が安いです。

ただ、今回は都合が良いバスの時間がなかった為、タクシーを利用することにしました。

かかったタクシーの金額は、富良野スキー場からホテルまで、片道で約2,500円でした。

ホテル内は凄くキレイで、接客対応も文句なし。

ビジネスホテルですが、とてもキレイなホテルで部屋にも満足できました。

そして、このホテルは天然温泉で、露天風呂まであります。

風呂は脱衣所からキレイに清掃されている感じで、清潔感があるお風呂でした。

温泉も熱過ぎず、ぬる過ぎずといった感じで気持ち良かったです。

その他にも、貸し切り風呂が3つ用意されていて、予約なしで自由に入れるとの事でした。

もちろん、使っている人がいる場合は入れませんが、貸し切り風呂が3つもあるので入りやすいと思います。

そして、コーヒーやウーロン茶などの飲み放題のサービス。

1階にあるドリンクコーナーで自由に飲むことができます。

更には、22:00~23:00には「夜鳴きそば」というラーメンのサービス。

予約などはいらず、1階のレストランにいけば無料で食べられます。

アッサリとした感じで味も美味しく、酒を飲んだ後のシメとしては最高です。

今回は、21:00前に居酒屋を出て、その後に露天風呂、そして最後に「夜鳴きそば」のラーメン。

贅沢で良すぎる夜を過ごすことができました。

そして朝食はバイキングスタイルで、メニューの中には、いくらやサーモン、イカなどの刺身も。

朝からご飯の上に盛り付け、ミニ海鮮丼や他のメニューを楽しむことができました。

今回は「全国旅行支援」の制度を利用したからと言っても、往復の飛行機と、このホテルのサービスを受けながら合計23,400円。

それにプラスして、スキー場や周辺施設で使える3,000円のクーポン付き。

とんでもない爆安にも関わらず、とても最高な宿泊をすることができました。

「天然温泉 紫雲の湯 ラビスタ富良野ヒルズ」公式サイト >

夕飯は「居酒屋 炉ばた」

今回は夕飯をつけていないプランだったので、夜は外食へ。

行った店は、「ラビスタ富良野ヒルズ」から歩いて約8分の「居酒屋 炉ばた」

実際に行ってみると、静かな路地にある居酒屋で、雰囲気は抜群に良かったです。

オープン時間が近い17:30に入ると、金曜でしたが他のお客さんは1組のみ。

ただ、予約が入っているので、21:00までというのを告げられました。

中に入るとテーブル席はなく、コの字をしたカウンター席のみ。

席につくと店主からの簡単な注文の仕方の説明があります。

注文方法は、飲み物以外は自分で紙に書いて、それを渡す感じになります。

店内だけではなく、店主も落ち着いた良い雰囲気があり、やさしい感じで話しやすかったです。

居酒屋なので、色々な物を注文しましたが、味としては美味しい物もありながら、普通かなというのもありました。

とくに記憶に残ったのが「じゃがバター」で、注文してすぐ出てきたのにも関わらず、笑ってしまうぐらい凄く美味しかった。

ホクホクの大きなジャガイモには甘味があり、更にはかかっているタレのような物がこれまた美味しく、一品目から良い店来たなと感じました。

その後のホッケ焼きや刺身などを食べながら、たらふくのビールで良い夜を過ごせました。

とはいえ、楽しい1日だったということもあり、ついビールの量も多めに。

この夜は、予約の関係で21:00までと言われていましたが、良いタイミングで店主に幕を下ろしてもらいました。

更に飲み続けていたら大変な事になっていたでしょう。

ホテルから歩いても近めでしたし、雰囲気も良かったので、行って良かったなと感じる居酒屋でした。

2日目は朝から富良野スキー場

2日目は6:00に目が覚め、朝食を食べてからの出発です。

富良野スキー場のオープン時間を目指す為に、行きはタクシーを利用しました。

前日はロープウェイ上のコースを楽しんだので、麓のコースからスタートするつもりが、学校がらみで来ている学生が大勢いたので、ロープウェイ上のコースからスタート。

ロープウェイのオープンから3本目の便だった為、朝一は滑れず。

とは言っても、この日は土曜日でしたが、ロープウェイに並んでいる人は少し多いかなといっただけで、もの凄く待った感じはなかったです。

そして、2日目のスタート。

まだ荒れが少ないコースは滑りやすくて、少し太陽が出ている感じだったので、朝から気持ち良いスノーボードができました。

しばらく滑っていると、ブッシュが少しですが出てくる所もあったのですが、それでも滑るには問題がない感じです。

1日目とは違い、パウダーを滑るという感じではなく、ターンやちょっとした遊びなんかで楽しみました。

時間が経つにつれて人がドンドン増え、リフト待ちの列も長くなってきます。

そこで、麓のコースへ行ってみようと、ロープウェイで下山をしました。

すると、リフトの列は少しあり、スクールもやっていて人は多めな感じ。

ただ、タイミングが合うとリフト待ちは無く、スクールの人も一斉に滑らないので、ストレスがなく快適。

しかも、斜度がやさしいですが、スピードが乗りやすくてワイドコースなので、気持ち良く滑れました。

初滑りとしては、滑り方の確認にちょうど良かったです。

そして、昼前になったので昼食へ。

少し困ったのが、営業しているレストランが少ないという事。

スキー場の麓にあるレストランで、値段がやさしい所は営業していなかったので、新富良野プリンスホテル内のレストランに。

スノーボードの昼食としては、なかなか贅沢な昼食を食べましたが、美味しく頂きました。

その後は、2日目という事もあり、脚にも疲れがたまっているから早めに上がろうという話しに。

そんな話しをしましたが、結局は15時にクローズするリフトを、14:30という終了に近い時間まで滑走。

この時は昼過ぎですが、プチパウダーが残っている所を見つけたり、ターンで遊んだりと、最後まで存分に楽しみました。

朝からスノーボードを楽しんだ後、新富良野プリンスホテル内にある温泉へ。

広くてキレイな温泉で、露天風呂もあったので、スノーボード後に入るのは最高です。

そして、帰りのバスに乗り、旭川空港へと向かいます。

そこで旅のシメであるラーメン。

キレイなフードコートにある「梅光軒」で最高な旅のシメができました。

そして帰りの飛行機に乗り、この旅は終了です。

この2日間は濃い内容ながら時間に余裕もあって、最高に楽しいスノーボード旅でした。

【12月上旬】1泊2日の富良野スキー場トリップでかかった金額

12月上旬の1泊2日富良野スキー場の旅でかかった金額になります。

食事や飲んだジュースなどの細かい所は入れていません。

ですので、大きくかかった所だけを書いていきます。

また、今回は「全国旅行支援」の制度を利用しています。

・飛行機の往復+ホテル(朝食付き):1人23,400円
(「全国旅行支援」の適用前:31,400円)

・空港からスキー場のバス往復:1,880円
・1日目のリフト券:4,900円(3時間券)
・2日目のリフト券:3,800円(1日券+ホテル温泉付き)
(「全国旅行支援」の3,000円クーポン使用)

・スキー場からホテルの片道タクシー:約2500円
(2人の為、片道ずつ折半)

・1人合計:36,480円

これに加えて、食費や雑費などが入る感じです。

「全国旅行支援」を適用しないとすると、47,480円になります。

制度のおかげで約1万円の割引となり、あり得ない爆安の金額で行く事ができました。

今回はおかしな金額で行く事ができましたが、制度を適用しなくても十分な安さだなと感じます。

この旅では、タクシーを使ったり、ホテルの温泉に入ったりしたので、少し金額が上乗せです。

ですので、スキー場からホテルまでバスを使ったり、温泉に入らなかったりすれば、もっと値段を安くすることができます。

ただ、もし制度を利用していないとしても、同じ流れにしたいなと感じました。

理由は簡単で、無駄な時間がなくなるうえに、とても満足できたからです。

タクシー利用も温泉利用も、どちらも本当に満足できましたし、利用して本当に良かったなと感じました。

そして、満足感が高いこの旅で、これだけの金額で済むのはありがたかったです。

【12月上旬】富良野スキー場トリップのまとめ

12月上旬、1泊2日の富良野スキー場の旅に行ってみて、初滑りから大満足なスノーボードができました。

1日目は3時間でしたが、初滑りとしては十分楽しめる時間でしたし、2日目にガッツリと滑ったので満足です。

この時期から良いパウダーが滑れたり、朝の気持ち良い時間に上質な雪質で滑れたりした上に、人が少なめという贅沢な初滑りでした。

旅をしている最中は、ホテルや移動時間の短さにも満足でき、良い2日間だったなと感じています。

また、今回はあり得ない料金だったので、コスパで考えるとスバ抜けて最高。

今回の旅の流れは、一緒に連れていってくれた田中さんが全て考えてくれたプランです。

さすがは旅&スノーボード好きとあって、最高なプランに同行できました。

本当に心から感謝しております。

この旅のおかげで、贅沢なうえに価格を抑えた、最高な初滑りをすることができました。

【田中さんが運営する雪バカ日誌はこちら↓】

雪バカ日誌 >

【今回利用したホテルはこちら↓】

「天然温泉 紫雲の湯 ラビスタ富良野ヒルズ」公式サイト >

最後に

最後までお読み頂きありがとうございます。今回の初滑りは本当に贅沢な2日間だったなと、しみじみ感じます。

まだオープンしていないゲレンデが少ないのにも関わらず、人が少なくてパウダーが滑れる。

更には、長過ぎず、ちょうど良い長さのコース距離なので、疲れすぎないというのも良かったです。

2日にわたるスノーボードにも満足でき、ホテルにも満足できたうえに、トップシーズンでは考えられない価格で北海道に来られた。

これを全て考えた田中さんには大感謝です!

最高に楽しいスノーボード旅を満喫することができました。

ABOUT ME
Avatar photo
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。スケートボード歴は10年以上。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!