お得・節約

東京駅から神立スキー場へ日帰り新幹線ツアー7900円で行く方法をご紹介します

平日の日帰りで東京駅から「神立スノーリゾート」スキー場へ、往復新幹線+リフト1日券付き7900円で行く方法をご紹介したいと思います!これから神立スノーリゾートへ新幹線ツアーパックで行こうと考えている方は参考にしてみてください。

首都圏からも近くて、上質な雪質の神立スノーリゾートはやはり楽しいですよね。

筆者も舞子スキー場に籠っていた時もたまに遊びに行ったり、現在でも滑りに行くスキー場の1つです。

そんな「神立スノーリゾート」スキー場へ新幹線で安い値段で行ける方法をご紹介します。

ちなみに、この方法は東京駅、上野駅発着のツアーが7900円になり、大宮駅は-400円引き、熊谷駅は-1200円引き、本庄早稲田駅は-1600円引きのツアーになります。

Burton(バートン)公式通販 バックパック(リュック)

「神立スノーリゾート」スキー場へ7900円で行く方法

「神立スノーリゾート」スキー場へ7900円で行く方法は、ズバリJRが運営する公式サイト「びゅうトラベル」で予約をすることです!

格安の新幹線ツアーを探すときに、「神立スノーリゾート 新幹線 格安」などと検索すると思いますが、公式サイト「びゅうトラベル」には、かなり格安のツアーが数点あります。

その中の1つが「平日限定 自由席 神立スキー場 7900円」というツアーパックです。

平日限定になってしまうので、土日祝日ではこの料金プランのパックに申し込む事はできませんが、平日で行こうと考えている方にとっては、かなりお得なツアーだと思います。

新幹線の席は自由席になるため、乗る新幹線と席の予約を取ることはできませんが、逆に行ってしまえば、新幹線の時刻を調べ、好きな時間帯の新幹線に乗ることができ、好きな時間に帰る事ができます。

筆者の場合、この「びゅうトラベル」をよく利用しているのですが、自分の好きな時間に行動する事ができるので、個人的には決められた時間通りに行動しなくては良いのでかなり満足しています。

行きは一番早くスキー場へ到着できる新幹線に乗れますし、帰りはその時の気分によって、早めに帰りたくなった時は帰れる。

その逆で、長い時間滑っていたい時は遅い時刻の新幹線。

こんな感じで、好きな時刻に乗ることができます。

この辺りは以前にも記事にしているので、よかったら参考にしてみてください。

以前の記事はこちらから↓
「スノーボード新幹線ツアー、自由席のメリット、デメリットを紹介します」

また、レンタルをする場合でも安いパックツアーがあるので、板やブーツが無くても楽しめます。

ちなみに、レンタル付きの値段がこちらです。

【リフト1日券+往復新幹線+レンタル】

〇価格:10,600円

〇レンタルセット内容
・スキー:板・ストック・ブーツ
・ボード:板・ブーツ

神立スノーリゾートの場合、最寄り駅の越後湯沢駅から無料のシャトルバスも出ているので、これ以外でかかる金額は食事代とお土産代のみです。

筆者自身、びゅうトラベルばかり利用していますが、値段が安くて助かっています。

移動が楽で、自分の好きな時間でスノーボードを楽しめるうえに、7900円と格安なので筆者個人としてはかなりおススメなツアーパックです!

「びゅう」公式サイトはこちら↓

びゅうトラベル

スポンサーリンク

最後に

最後までお読み頂きありがとうございます。びゅうトラベルはJRの公式とだけあって、予約もとりやすいですし、値段も安いのでかなり使っています。

やはりできるだけ楽で、安く行きたいですからね。

びゅうトラベルは、神立だけではなく、色々なスキー場も安い値段で出ているので頻繁に使っています。

できるだけ安く行きたいという場合でしたら、ぜひ見てみてください。

この記事で、新幹線ツアーでお得に行く方法のお役に立てればと思います。

ABOUT ME
Avatar photo
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。スケートボード歴は10年以上。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!