ゴーグル

スノボのゴーグルは邪魔?本当に必要?メリットをご紹介します!

スノーボードを楽しむ時に使うゴーグルですが、中には必要ないでしょ?と思う人もいると思います。スキー場で滑っている人をみるとゴーグルをつけない人も見ますが、ゴーグルをかけているとメリットがあります!

おそらく、必要ないと思われている方は、ゴーグルをかけていると邪魔、視界が狭く感じる、といったところではないでしょうか?

そのようなデメリットを考えると、本当に必要?と考えてしまい、つけないでも良いでしょ?と考えてしまいますよね。

筆者は以前スノーボードショップでゴーグルやグローブ、プロテクターなどのアクセサリー担当として働いていた経歴があるのです、ゴーグルは本当に必要?という質問もされていました。

この質問をする方の多くが、やはり邪魔に感じそうという意見が多かったです。

そこで、スノーボードショップで働いていた筆者が、ゴーグルをつけている時のメリットをご紹介したいと思います。

スノーボードゴーグルのメリット

スキー場の天気は晴れていたり、雪が降っていたりと様々な天気がありますよね。

どの天気にしてもゴーグルをつけているメリットはあります。

ですので、その時の天気やシーンに分けてご紹介します。

よかったら参考にしてみてください。

スポンサーリンク

晴れている時

晴れている時にゴーグルは必ず必要です!

太陽が出て晴れている時は、空からに太陽の光だけではなく、雪に反射して下からも光が目に入ってくるからです。

その光の眩しさは目にかなり悪影響です。

スキー場はもちろん山にあるものなので、標高が高いスキー場では一般生活をしている時とは比べ物にならない紫外線を受ける事になります。

よくスキー場に行ったら日焼けしたとか、日焼けで唇がカサカサになったとか聞きますが、それほど1日で浴びる紫外線は強いです。

標高が1000m高くなると、空から受ける紫外線は平地に比べて約10%強くなるとも言われており、更には雪からの反射の光もあるので、かなりの紫外線量です。

そして、目も肌と同じように日焼けをします。

「雪目」という現象で目が痛くなったり、かゆくなったりしてしまい、最悪の場合は白内障を引き起こす原因にもなります。

ですので、晴れている時にゴーグルをかけていると、目を守ってくれるメリットがあります。

雪が降っている時

雪が降っていれば、当たり前ですが目に雪が入ってきます。

滑っている時に限らず、リフトに乗っている時にも雪が入ってくるので、かなりウザく感じます。

スピードを出さないからと言っても、止まっている状態でも雪が目に入ってくるので、視界をしっかりと確保する為にもゴーグルは必ず必要です。

曇っている時

曇っていれば太陽の光が出ていないし、雪が降っていないので目に入ってくるという事もないので、特に必要なさそうですが、そもそも、滑っている時はどんな天気でもゴーグルをしておくことをおススメします。

天気が曇っていて、スピードを出さないからと言っても、紫外線は曇りでも降り注いでいますし、滑っている時や、転んだ時などに雪が目に入ってきます。

どんなにスピードが出ていなくて遅くても雪が顔にかかる可能性はかなり高いので、ゴーグルをかけていれば目に雪が入るという事を防いでくれます。

また、山の天気は変わりやすいので、いつ晴れだしたり、雪が降ってくるかはわかりません。

筆者もよく経験している事なのですが、午前中は大雪、午後は晴天という事をたくさん経験していますし、その逆の晴天から大雪になった経験もしています。

ですので、曇りの日でもゴーグルをかけておくことをおススメします。

ナイターの時

ナイターも関係なく、さきほどの曇りの時と同じで、目に雪が入ってくるのでゴーグルをかけておくことをおすすめします。

おしゃれに見える

そもそも、ゴーグルをかけていた方がおしゃれに見えます!

滑っている時はもちろんですが、写真を撮るときでも、やはりゴーグルがあった方がおしゃれに見えます。

「ゲレンデマジック」という、スキー場ではかっこよさと可愛さが数倍増すという言葉があります。

このゲレンデマジックにはゴーグルが必要なアイテムだと筆者は考えています!

ゴーグルは少し大きく造られているので、顔に付けていても、ゴーグルを頭に乗せているだけでも顔が小さく見えます!

筆者も写真を撮ると時には、もちろんゴーグルをかけたり、頭の上にのせたりしています。

せっかくの写真なので、できるだけカッコよく写りたいですからね!

おしゃれアイテムの1つとしてもゴーグルはかけているだけでメリットがあるので、ゴーグルをかけておくことをおすすめします。

まとめ

色々とメリットを挙げてきましたが、ゴーグルは目を守ってくることや、見た目的にもメリットがたくさんあります。

ゴーグルをかけている感覚や、レンズの色にも自然と慣れますし、現在販売されているゴーグルはかなり進化して、視界を広く保ってくれるゴーグルもたくさんあります。

むしろ、ゴーグルをかけている方がゲレンデのコース面が見やすくなって、凹凸もはっきり見えるゴーグルもあります。

視界が広くて凹凸がはっきり見えるゴーグルは性能が良くて値段が高そう・・・とか思われる方もいると思いますが、実は、値段が安いゴーグルでも性能が高い物もあります。

そして、有名ブランドでも去年モデルや、一昨年モデルなどの型落ち旧モデルは値段も安くなっているので、購入しやすいと思います。

もちろん、2万円とか1万円するような値段が高いゴーグルを購入する必要はなく、始めは安いゴーグルで全然ありです!

安いゴーグルでも目を守ってくれますし、見た目的にもおしゃれに見えます!

せっかく行くスノーボードなので、1日を楽しくする為にも、ゴーグルをかけておくことがおすすめです。

【関連記事】

【スノーボードゴーグルの選び方(レンズの色等の解説付き)】

【スノーボードゴーグルの曇らない方法と選び方】

最後に

最後までお読み頂きありがとうございます。筆者の場合ですとゴーグルは無くてはならない必要なアイテムです。

どんな天気でもゴーグルがあった方が見やすくなりますし、むしろゴーグルが無いと滑りづらいです。

慣れるとそれぐらい必要な物になるので、ゴーグルは必要?と考えている場合でしたら、かける事を強くおすすめします!

意外と慣れて、滑りやすくなりますよ!

ABOUT ME
snowbeer
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。スケートボード歴は10年以上。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!