ゴーグル

DICEのウルトラ偏光レンズ/ブラックミラーは曇りでも見やすいのかレビューします!

スノーボードのゴーグルブランドDICE(ダイス)の新しいレンズカラー「ULTRA偏光レンズ/ブラックミラー」を実際にスキー場でつけてきました!

筆者は今回スノーボードの試乗会でこのレンズをつけてきました。

見た目はブラックミラーで晴天用の暗めなレンズでしたが、メーカーの人の話によると曇った天気でもとても見やすいレンズとの事。

そこで、以前スノーボードショップでゴーグルやグローブなどのアクセサリー担当として働いていた経歴を持つ筆者が、その時に得た知識と経験を含め、このレンズをレビューしたいと思います。

よかったら参考にしてみてください。

ULTRA偏光レンズ/ブラックミラーをレビュー

今回試したゴーグルは、DICEの「BANK」というモデルで試してきました。

「BANK」はグローブを着けたままワンタッチで換気ができるゴーグルです。

この換気ができることによって、ゴーグルの中の熱や湿気を取り除いてくれるので、ゴーグルの中がくもりづらくなる性能があります。

BANKは以前レビュー記事を書きましたので、よかったら読んでみてください。

BANKのレビュー記事はこちら
【DICEのスノーボードゴーグルBANKを試したのでレビューします】

そして、今回試した正確なレンズカラーの名前はこれです↓

POLARIZED GREY/

ULTRA LIGHT PURPLE/

BLACK MIRROR

長いですね・・・

筆者が最初にこの名前を聞いた時に感じたのが長い!

そして、色の名前が3種類も出てきて、なんだかよくわからない!

そんな感じでした。

これを簡単に性能と一緒に説明しますと、

POLARIZED GREY

偏光レンズ

性能:太陽の光などによる、光の乱反射(ギラつき)を抑えてくれる効果があり、斜面の凹凸の影などが見やすくなる。

ULTRA LIGHT PURPLE

ULTRAレンズ

性能:SWANS、DICEを販売している山本光学が開発した、曇りの天気で光の量が少なくても凹凸をはっきりと見せてくれる高視認性レンズ。

BLACK MIRROR

外側のミラーの色

性能:ミラーコーティングで太陽の光をカットしてくれて、眩しさを抑えてくれる。

こんな感じになります。

要は、晴天の時は眩しさをカット+凹凸の影を見やすくしてくれて、曇っていても凹凸の影などが見やすくなるレンズです。

初めて見た印象はブラックミラーの影響で、正直、結構暗そうなレンズだなと感じました。

説明によると、レンズの色を明るくし、ULTRAレンズが入っているので、曇りの天気でもよく見えるとのことでした。

このゴーグルを試した時がちょうど曇っていたので、試すには絶好の天気でした。

ちなみにこの日の天気はこんな感じです↓

実際につけて見ると、思っていた暗い感じとは全然違う感じで、レンズの色味がかなり薄くて、自然体に近い感じの色でした。

明るさに関しては、「とても明るい」とまでは感じませんでしたが、暗さは感じなかったです。

曇っていたこの日の天気につけていても違和感がありませんでしたし、滑っていてもしっかりと見えたので滑りやすいという感じでした。

もちろん人によって感じ方の違いはあると思います。

筆者がショップで働いていた時も、他の人より眩しさを感じやすいという人や、明るめのレンズカラーが好きな人など、色々な人を何回も接客した経験があります。

ですので、あくまでも参考程度に読んでみてほしいのですが、筆者個人としては曇りでも全然問題ない感じでした。

というよりも、結構見やすかったです。

覗いた感じのレンズカラーを写真に撮ってきたのですが、筆者のカメラの撮り方が悪かったせいか、よくわからない感じになってしまいました。

一応写真を貼っておきます。

正直、実際にみた感じとは変わります。

まずこちらが、そのまま風景を撮った写真です↓

そして、ゴーグル越しに撮った写真です↓

分かりづらいどころか、ボヤけて見づらく感じますね・・・

しかも、なぜか写真の右側がクリアレンズっぽく写ってしまいました・・・

写真の左側が覗いた時の色味に近い感じになります。

色味が薄いという事だけはわかってもらえるかなと思います。

ブラックミラーがかかっていますが、これぐらいの明るさのレンズカラーなので、曇っている時でも筆者は見やすかったです。

ただ、1つ思ったのが、これぐらいの曇りでしたら問題はなかったのですが、雪が降ったりしたり、もっと暗い曇りの天気だと見づらくなるかなといったところです。

可視光透過率という、レンズがどれぐらい光を通すかを表す数値でも、このレンズの場合は11%と低めです。

11%しか光を通さないという事は、それだけ眩しさをカットしてくれるので晴天の時は良いですが、光が少ない場合ですと暗さを感じやすくなります。

この日の天気でゴーグルをつけても問題はありませんでしたが、筆者の個人的な感じですと、雪が降った時には暗さを感じるかなと思いました。

あと、ナイターで滑る時も見づらいかなという感じでした。

ただ、見た目的にはかなりカッコいいと感じました!

ブルー、レッド、グリーン、シルバーなどのミラーコーティングはよく見かけるとは思いますが、ブラックというのはあまり見かけませんからね。

他の人とはあまりかぶりたくないという方でしたら、ブラックミラーにしてみるのもアリだと思います。

スポンサーリンク

最後に

最後までお読み頂きありがとうございます。今回は曇りの天気でつけてみましたが、晴れている天気でもかなり見やすそうだなと感じました。

偏光レンズで凹凸の影も見やすくなりそうですし、ミラーで眩しさもカットしてくれますからね。

見た目も良いですし、機能的にも使いやすそうなレンズでした。

ABOUT ME
snowbeer
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。スケートボード歴は10年以上。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!