ゴーグル

スノボゴーグルのメンズ、レディースの違いはあるのかご説明します

スキー、スノーボードゴーグルを買う時に、メンズとレディースの違いは何だろうと考える事もあると思います。パッと見だと同じようなゴーグルに見えますし選ぶときに悩んでしまう方も少なくはないと思います。

そこで、以前スノーボードショップでゴーグルやグローブ、プロテクターなどのアクセサリー担当として働いていた経歴がある筆者が、ゴーグルのメンズ、レディースの違いを説明しようと思います。

よかったら参考にしてみてください。

ゴーグルのメンズとレディースの違い

まず初めに、メンズとレディースモデルの違いを答えておこうと思います。

メンズ、レディースの違いは、

デザインと、ゴーグルの大きさの違い

これだけになります。

よく、スキー、スノーボードショップや、ネットショップで「レディース」という文字を見かけると思いますが、違いと言ったらこのデザインと大きさだけです。

見やすさの性能や、ゴーグルの曇りづらい性能などの違いはないので「レディース」と記載が書いてあっても、男性も使う事は事が出来ます。

これを踏まえた上で、項目事にご紹介していきます。

スポンサーリンク

主に販売している物は男女兼用

現在販売されているゴーグルは、主に男女兼用の物というのが主流です。

ですので、ネットショップで、ゴーグルをかけているモデルが男性でも、「メンズ レディース」と両方の記載があるのをよく見かけると思います。

男性のモデルなのに、レディースの記載があったり、その逆で女性のモデルなのに、メンズと記載があるのも、男女兼用だからです。

中には、女性が好むかわいらしいデザインのゴーグルもありますが、一般的にゴーグルは男女兼用で使う事が出来るものが多いです。

ですので、レディースで探してるのに、男性のモデルがつけているゴーグルが出てくる・・と思っても、それは間違いではなく、男女兼用モデルだからです。

レディースブランドの違い

ネットでスキー、スノーボードゴーグルを探していると、レディースのブランドが出てくることもあると思います。

例えばROXYなど、人気のレディースブランドですね。

ではこのレディースブランドと、レディースブランドではない、男女兼用ブランドの違いは何かといいますと、これもデザイン、ゴーグルの大きさの違いだけになります。

もちろん、この例で出したROXYの、ブランドならではの、デザイン性、曇りづらくする性能性など、各ブランド特有の性能に違いはありますが、メンズ、レディースの違いは?と聞かれると、デザイン、大きさという事になります。

筆者が以前スノーボードショップで働いていた時には、「VELVET(ベルベット)」というレディースのゴーグルブランドがありました。

このブランドはすでに潰れて、もう無いブランドなのですが、このブランドにはレディース特有の違いがありました。

それは、顔にフィットするスポンジ部分が、化粧が付きづらい性能のスポンジだったという事。

今は存在しないブランドをご紹介してもしょうがないですが、以前はこのような違いもありましたが、この記事を書いている現在ではそのような違いはありません。

大きい物がメンズ、小さい物がレディースなのか?

ゴーグルの中には、まったく同じモデルでも大きいモデル、小さいモデルという物があります。

例えば、【OAKLEY(オークリー)】というブランドの、【FLIGHT DECK(フライトデッキ)】というモデル。

実際の物の写真がこれです↓


引用:AMAZON

この【FLIGHT DECK】には、性能はそのままで、サイズが小さくなったモデルがあります。

それが、【FLIGHT DECK XM】というモデル。

【XM】というのがプラスでつきましたね。

このモデルの実物のゴーグルがこちらです↓


引用:AMAZON

見た目はほぼ変わりませんが、サイズが小さくなったモデルになります。

それでは、小さくなったからレディースモデルなのか?と聞かれると、それは違います。

どちらも男女兼用モデルになります。

大きい方を女性がつけても問題ありませんし、

小さい方を男性がつけても問題ありません。

自分が気に入った方を選べば良いのです。

この例で出したゴーグルの他にも、色々なゴーグルが大きいモデル、小さいモデルの2つのパターンで展開している事があります。

中には、大、中、小、とサイズを3パターンで展開しているモデルもあります。

どれも「男性」「女性」と分けられている訳ではなく、好きなサイズ感を選ぶという感じで選んでもOKです。

大きさだけではなく、大きいモデル、小さいモデルの2パターンで違うフレームのデザイン、ベルトのデザインというのもあるので、好きなデザインの方を選ぶというもありだと思います。

ちなみに、現在筆者がメインで使用しているゴーグルは【SMITH(スミス)】というブランドの、【SQUAD(スカッド)】というモデル名のゴーグルです。

それがこれです↓

この【SQUAD】には、サイズが大きくなった【SQUAD XL】というモデルもあります。

筆者自身、このゴーグルを買う時に気分的に大きくない、標準的な大きさが良かったので、あえて大きくない【SQUAD】を選びました。

男性の筆者はこの大きさを選びましたが、日本人の女性プロスノーボーダーの方が【SQUAD XL】の大きい方をつけて滑っているのを見たこともあります。

このように、大きい=男性 小さい=女性という事は無く、好きなデザイン、好きな大きさのゴーグルをつけて問題ありません。

もちろん、ゴーグルの大きさが変われば、ゴーグルをつけた時のフィット感も変わりますので、この辺りは注意してほしいところですが、大きくても小さくても、どちらでもフィット感が良いという事でしたら、好きな方を選んで問題ありません。

小さめのゴーグルが女性に選ばれやすい理由

ゴーグルが小さめの方が女性にはやはり選ばれやすいです。

筆者が働いていた時にも、女性の方は小さめのゴーグルを選ぶ方の方が多かったです。

男性と比べて女性の方が、顔が小さめの方も多いですし、デザイン的にもかわいらしい物が多かったからです。

ただ、先ほども例に挙げたように、女性の方でも大きめのゴーグルをかける方もいます。

先ほどの女性プロスノーボーダー以外にも、たくさんの女性の方が大きめのゴーグルつけているのを見た事があります。

デザイン、視界の広さ、小顔効果?など、色々な理由はあると思いますが、実は大きめのゴーグルをつけている女性も多いので、大きめのゴーグルが欲しいな・・と考えている女性の方でも、大きめのゴーグルを選んで問題ありません。

まとめ

最後にゴーグルのメンズ、レディースの違いをまとめますと、

・メンズ、レディースの違いはデザインとゴーグルの大きさ

・大きくても小さくても、好みの大きさ、好みのデザインを選んでOK!

・ゴーグルの大きさが変わると、着けた時のフィット感が変わるので注意

このような感じなります。

結局は、自分が気に入ったゴーグルが1番!という事になりますね。

小さめのゴーグルが好みの男性でも、大きめのゴーグルが好みの女性でも、または、それぞれ逆のゴーグルが好みの方でも、自分が気に入ったゴーグルを購入して、スキー、スノーボードをたっぷりと楽しみましょう!

最後に

最後までお読み頂きありがとうございます。ゴーグルは小さい物があったり、大きい物があったり、色々な種類があって悩みやすいですよね。

ここで、実は男女兼用の物が多いという事だけでもわかってもらえれば、ゴーグルを選ぶ対象も増えて、選べる幅が広がると思います。

ぜひお気に入りゴーグルを見つけて頂き、スノーボードを楽しんでもらえたらなと思います!

この記事で、ゴーグルのメンズ、レディースの違いについて、お役に立てればと思います。

ABOUT ME
snowbeer
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。スケートボード歴は10年以上。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!