スケートボード

スケートボードに必要な工具の選び方とおすすめを紹介します!

スケートボードの工具(ツール)の中には色々な種類がありますが、いったいどれを買えば良いのか悩みやすいですよね。同じような物がたくさんありますし、どんな違いがあるのかわかりづらい人もいると思います。

同じような物なのに値段が違ったり、中には高い物もあるので悩んでしまうという人もいると思います。

そこで、スケートボード歴10年以上の筆者が、スケートボードのツールの選び方と、おすすめの物をご紹介してきます。

よかったら参考にしてみてください。

スケートボード工具(ツール)の選び方

スケートボードツールを選び時のポイントは、値段、使いやすさ、持ち運びやすさという所です。

これらの選び方を順番にご説明します。

スポンサーリンク

値段の違い

どんな物でもそうですが、やはり値段は気になる所ですよね。

スケートボードツールは、300円~5000円ぐらいまでと幅広くあります。

値段の違いは色々とありますが、主な違いはこんな感じになります。

・材質

・付いている機能

材質に関して、プラスチック、強化樹脂、金属など色々あります。

材質がいい物ほど強度が高いので、壊れづらいというメリットがあります。

そして、付いている機能にも差があり、主に変わってくるのが、

・回転するラチェットが付いているか

・ねじ切りが付いているか

という所の違いになってきます。

この材質、付いてくる機能性の違いで値段が変わってきます。

個人的に失敗したアドバイス

とにかく安くすませたいという場合でしたら、安いのを購入するのが1番ですが、安過ぎる物に関しては注意が必要です。

これは、筆者の経験上なのですが、安過ぎると壊れやすいという事があります。

筆者は以前、安い物を購入して使っていた経験があるのですが、そのツールがスケートボードのメンテナンスをしている時に壊れたという経験があります。

プラスチック製の物だったのですが、アクセルナットという、ウィールを止めているナットを外そうとした時に、「パキッ」と割れてしまった事がありました。

有名なブランドの物ではなかったのですが、あれには驚きました。

ナットが外れると同時ぐらいに割れてしまったので、その後の取り付けにも困りましたし、なにより壊れたことにショックでした。

また買い直さなければいけないですしね。

この事を経験している筆者から言える事は、安過ぎる物はおすすめしません。

使いやすさ

ツールの役割は、スケートボードのメンテナンスや、トラック、ウィール、ベアリングの交換を楽にするのが役割となります。

この役割を果たせない物は、はっきり言って工具とは呼べませんからね。

・ナットを取り外す時に、ツールのどこかが板に当たってやりづらくないか。

・スムーズに作業をしやすいのか

この辺りが大切な所になってきます。

使いづらい物は何かとストレスを感じるので、使いやすそうなツールをおすすめします。

持ち運びやすさ

滑りに行く時に、ツールを持って行った方が何かと役に立ちます。

特に、スケートボードのパーツを新品に変えた時には持って行くことをおすすめします。

例えば、ウィール、ブッシュゴムなどを変えた時ですね。

パーツを新品に変えて滑り始めると、変える前とは違う、違和感を感じる事があります。

この時にツールを持って行けば、すぐに調整して違和感も解消しやすいです。

ですので、ツールを持って行くことをオススメするのですが、持ち運びしやすい方がいいですよね?

中には、大きめの物などもあり、持ち運びがしづらい物もあります。

ツールを選ぶ時には、出来るだけ持ち運びがしやすい物を選ぶのもポイントの1つです。

おすすめのスケートボードツール

それでは、ここからおすすめのツールをご紹介していきます。

筆者が個人的に使っている物もあるので、参考にしてみてください。

【INDEPENDENT】

スケートボードのトラックブランドのINDEPENDENT(インディー)のツールは、機能性も多く、使いやすさもあります。

1体型になっているので持ち運びもしやすく、ねじ切りが付いているので、ネジ山が潰れても安心です。

値段は少々高めです。

【NINJA】T-TOOL PERFECT X

筆者も実際に使い続けているツールです。

スケートボードのアクセサリーブランドNINJAの「NINJA T-TOOL PERFECT X」は、日本のプロスケーター監修のもとで作られた物になります。

T字をした回転式のラチェット、ねじ切りが付いた多機能な性能で、1体型なので持ち運びも便利です。

また、ボディが金属性で作られているので、耐久性にも優れています。

このツールは以前、レビュー記事も書きましたので、よかったら参考にしてみてください。

【HIROMARUjp】Y字ツール

HIROMARUjp」のツールは、Y字型で握りやすいタイプです。

スケートボードの各ナットをしめる事ができますし、ねじ切りも付いています。

T字よりはかさばりやすいですが、握りやすくて力が入れやすいツールです。

カラーバリエーションも何種類かあり、性能のわりには価格が抑えられているのでコスパが高いです。

【NINJA】T5

スケートボードのアクセサリーブランドNINJAの簡易ツールが「NINJA T5 Multi-Function」です。

先ほどの「T-TOOL PERFECT X」より出来る事は少ないですが、持ち運びがしやすいツールになります。

カラーバリエーションが豊富にあります。

【YWSHF】Tツール

YWSHF」はシンプルなTツールで値段が安いうえに、六角レンチも別で付属してきます。

材質には強化樹脂が使われているので、耐久性も強くされています。

コンパクトで持ち運びもしやすいツールです。

最後に

最後までお読み頂きありがとうございます。スケートボードのツールは、壊れない限り使い続ける事ができるので、是非自分に合った物を見つけてもらえればなと思います。

この記事で、スケートボードツールで悩んでいる方のお役に立てればと思います。

ABOUT ME
snowbeer
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。スケートボード歴は10年以上。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!