ゴーグル

DRAGONのゴーグルPXVをレビュー!実際に使ってみました!

DRAGON(ドラゴン)のスノーボードゴーグルPXVを実際に購入して使ったのでレビューします! ルーマレンズの見やすさに加えて、新しい技術の「パノテックレンズ」を採用されているこのゴーグルは評判がよくて興味があったので、着けてみるのが楽しみなゴーグルでした。

購入する前に試着してみると、かなり広い視界でしたし、デザインも気に行ったので即購入。

もともと購入する事を前提に試着しにいったという事もありましたし、結局はデザイン重視で購入した感じでしたけどね。

そこで今回は、以前スノーボードショップでゴーグルやグローブ、プロテクターなどのアクセサリー担当として働いていた経歴がある筆者が、その時に得た知識、経験を活かしてレビューしたいと思います。

よかったら参考にしてみてください。

PXVをレビュー!

今回レビューするのはこちらになります。

PXVを実際に着けて最初に感じたのが、やはり視界の広さ!

平面レンズと球面レンズの技術を掛け合わせた「PANOTECH(パノテック)レンズ」の技術の高さをいきなり感じることが出来ました。

レンズの両端が自分の顔の「こめかみ(目と耳の間)」辺りまで来る感じになるので、ゴーグルを装着するとゴーグルの両端がほとんど見えないぐらいの広さを確保してくれます。

ゴーグルを着けて顔を動かさずに、目玉だけ左右のどちらかにグーっと向けるとゴーグルの淵が見えてしまいますが、それぐらいのことをしないと横の淵はほとんど気になりません。

上下に関しては、少しだけフレームが目に入りますが、気になるほどではなく、十分広い視界を確保してくれました。

今までも広い視界を確保してくれるゴーグルをいくつも試したことがありますが、このPXVは上位に食い込むぐらい視界が広いゴーグルだなと感じます。

そして、外見にフレームが無い「フレームレス」モデルになりますので、無駄に雪が貯まらないようになっています。

フレームレスによって、ゴーグルの雪溜まりによる視界の妨害が減り、ゴーグルに付着する水分も少なくできるので、曇り防止も強化されています。

また、今回購入したPXVは日本正規品のゴーグルなので「JAPAN FIT」に改良された物になります。

ごく一般的な顔の筆者の鼻にもしっかりフィットしてくれましたし、3層スポンジの表面に付いているマイクロフリースは肌触りが良く、スポンジが「こめかみ」辺りまでしっかりとフィットしてくれました。

このPXVには、視界の広さだけではなく、色々な所にも様々な技術が使われています。

その1つ目が、「アーマードベント」という、ゴーグル上部にカバーが付いている技術です。

DRAGONのゴーグルを使った事がある方ならおなじみの技術ですよね。

ここにフレームと同じ素材のカバーを着ける事によって、スポンジが凍ってしまって破れる事を防いでくれるので、ゴーグル自体も長持ちしてくれます。

そして、日本正規品のDRAGONのベルトには、バックルが付いているので、脱着も簡単にすることができます。

また、ベルトの裏側にシリコンがついているので、転んだ時にもゴーグルが飛んでいきづらいですし、ヘルメットをした時には滑り止めにもなってくれます。

スポンサーリンク

レンズ交換は簡単か?

レンズ交換はどれくらい簡単なのかも試してみました。

レンズとフレームは突起でハマっているのだけなので、フレーム右側から簡単に取り外す事が出来ました。

取り付ける時には、中央の突起を合わせ、徐々に左右の突起を入れていくという感じです。

実際にやってみると、突起を合わせてはめていくだけなので、簡単にレンズを取り付けることができます。

ですので、転んでレンズの裏側が濡れてしまった時でも、すぐに対処しやすいと思いますし、天候に合わせてレンズ交換する方でも時間をかけず、すぐに滑りに行けそうです。

ただ、最近ではレンズが「マグネット」で付いているゴーグルもあるのですが、「マグネット」と比べてしまうと少し時間がかかるかなといった感じがします。

とは言っても、PXVでも慣れれば3分もかからないでレンズ交換が出来ると思います。

ヘルメットは対応か?

このゴーグルを筆者が持っている「bern」のヘルメットに合わせてみました。

実際にヘルメットの上からゴーグルを着けて見ると、装着する事はできたのですが、ベルトに付いているバックルがヘルメットストラップにハマりませんでした。

これもDRAGONゴーグルのあるあるですね。

ですので、ゴーグルをヘルメットの上から着ける場合には、専用の「延長ストラップ」を準備した方が良さそうです。

DRAGONの専用ストラップとはこれです↓

ただ、ヘルメットの下にゴーグルを装着する場合でしたら問題無く着ける事ができます。

ヘルメットの下でしたら、ストラップは関係ないので、延長ストラップも不要になります。

ゴーグルケースが2つ入っていた

今回このゴーグルを購入した時には、ゴーグルケースが2つ入ってきました。

グレー色のケースは、ゴーグルによく付いてくる、いわゆる「布ケース」になります。

そしてもう1つの黒いケースは、「しっかりとした布ケース」です。

どのようにしっかりしているかと言いますと、ロゴが入っている面には少し厚めのパッドが入っているので、レンズをしっかりカバーしてくれそうです。

ケースの入り口には丸いマグネットでフタが閉じれるようになっているので、取り出しも簡単にできるようになっています。

筆者は、別でハードケースを持っているので、黒いケースは使わないかなといった感じですが、もしも布ケースしか持っていない方でしたら使えそうなケースだと思います。

実際にスキー場で使ってきました

実際にスキー場でPXVを使って滑ってきました。

ちなみに天気は、1日を通して曇りで、時々晴れるといった天気です。

このゴーグルを着けて滑った時に感じたのが、視界の広さ!

「PANOTECH(パノテック)レンズ」の効果なのか、左右はかなり広い視界を確保してくれて、滑っている時でもストレスを感じませんでした。

そして、レンズには「JAPAN LUMALENS®(ルーマレンズ)」の「J.GOLD」が付いているのですが、曇っていても見やすかったです。

ゴーグルを覗いた時の色味が薄いスモークブルーなのですが、自然体で見ることが出来ました。

そして、コントラストレンズで凹凸の影にも気づきやすかったので滑りやすさを感じました。

また、レンズに「スーパーアンチフォグ2.0」という、強力な曇り止め技術が使われているので、筆者が使っていた時には曇らなかったです。

晴れた時でも眩しいと感じる事が無く、1日を通して使いやすいゴーグルとレンズカラーでした。

ちなみに、滑っている時に何回か転んでいた筆者ですが、レンズが外れてしまうという事も無かったです。

最後に

最後までお読み頂きありがとうございます。PXVは、今季販売する前から欲しかったゴーグルの1つでしたので、実際に手元に来たらかなり嬉しかったです。

パノテックレンズが気になっていたという事もありますが、やはり見た目がかっこいいですからね!

見た目の良さだけではなく、実際に着けてみたら視界の広さにも大満足でしたし、ゴーグルは毎年レベルが上がっているなとつくづく感じます。

このPXVも広い視界で見やすかったですし、使いやすいゴーグルだなと感じました。

ABOUT ME
snowbeer
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。夏はスケートボードをして冬はスノーボード。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!