バッグ

スノボで使うブーツケースの選び方とおすすめをご紹介します!

スキー場へ行く時にブーツケースが必要な時もありますよね。ブーツケースがあれば車内を汚さずに済みますし、移動をする時には結構助かるアイテムの1つですからね。

そんなブーツケースですが、いざ探すとなると色々な種類があったりしますし、そもそもどんな物を選べば良いか分からないという方もいると思います。

そこで、以前スノーボードショップでゴーグルやグローブ、バッグなどのアクセサリー担当として働いていた経歴を持つ筆者が、ブーツケースの選び方やおすすめをご紹介したいと思います。

よかったら参考にしてみてください。

ブーツケースの種類と選び方

ブーツケースには色々な種類がありますが、移動の方法で選ぶことが大切なポイントになります。

車、バス、新幹線と、移動方法は色々とあるので、自分がどの移動方法が多いのかを考えると自分に合ったブーツケースを見つけやすくなります。

また、ブーツだけが入れば良い方、他の荷物も入れたい方など、人それぞれ探している物が変わってくると思います。

そこで、ブーツケースの種類別に、それぞれのメリット・デメリットをご紹介します。

スポンサーリンク

手持ち、肩掛け型

ブーツだけが入る、手持ち、肩掛け型のケースになります。

ケース自体も軽めで、入れる物もブーツ&小物のみになりますので、移動する時も楽ちんです。

物によっては少し大きめのケースもあります。

【メリット】

・軽いから持ち運びが楽

・車で移動する時には便利

【デメリット】

・荷物が入る量が少ない

・大きめのケースの場合は、荷物が重くなる

・荷物の量が増えやすいので、バス、新幹線の移動には不向き

リュック型

リュックで背負う事が出来るので、両手を自由に使う事ができます。

ケースも大きめに造られている物が多く、ブーツだけではなく、ウェアや小物を入れる事ができます。

【メリット】

・両手が自由に使うことが出来る

・大きめのケースを選べば、ウェアや小物もいれる事が出来る

・車、バス、新幹線のどの移動でも使いやすい

【デメリット】

・入れる量が多いと、背負う時に少し大変

キャスターバッグ型

キャスターが付いたキャリーケースタイプになります。

スノーボード用品をひとまとめにして入れられるタイプになるので、重い荷物を転がして移動する事ができます。

板を取り付けられる物もあるので、移動がとても楽になります。

【メリット】

・移動が楽になる

・バスや新幹線で移動する時に楽

【デメリット】

・荷物を持ち上げる時には重い

・ケースによっては大きくなってしまうので、車に積む時に広いスペースが必要な場合がある

おすすめのブーツケース

ここからは、おすすめのブーツケースをご紹介していきます。

筆者がショップで働いていた時から人気があった物や、個人的に使いやすそうだなと感じた物になります。

自分に合うブーツケースの種類、形の参考にしてみて下さい。

【eb’s】BOOTS CASE

スノーボードのアクセサリーブランド「eb’s」のブーツケースになります。

ブーツだけを入れるシンプルな造りで、中央にはブーツ型のしきりがあるので、1足ずつ収納できてブーツ同士が汚しあうのを防いでくれます。

毎年販売されている定番のブーツケースです。

【eb’s】BOOTS LOCKER

44L容量のボックス型のブーツケースになります。

ブーツ以外にも小物も入れる事が出来るので、手で持つ量が少なくできます。

ブーツのサイズによっては2足収納する事も出来る大きめのブーツケースになります。

【eb’s】CONTAINER WHEEL

ウィール(タイヤ)が付いたバッグになります。

ブーツケースという分野ではありませんが、ブーツ用の部屋が付いたバッグです。

転がす用のハンドルの長さも調整可能で、ウェアや小物も一緒に入れられるバッグになります。

ブーツを入れる部屋にはしきりが付いているので、ブーツで他の物を汚す事はありません。

板を取り付ける事も出来て、別売りの「CONTAINER TOTE(コンテナートート)」を合体させる事で、スノーボード用品を1つにまとめる事ができます。

また、荷物を「CONTAINER WHEEL」、「CONTAINER TOTE(コンテナートート)」、「板」と、3つに分ける事が出来るので、車に積む時でもスペースを確保しやすくなります。

こちらはレビュー記事もあるので、合わせて参考にしてみてください。

【DAKINE】BOOT PACK

バックパックで人気がある「DAKINE」のリュックタイプのブーツケースになります。

容量は50Lと大きめで、ブーツ以外にもヘルメットや小物も収納することができます。

背負って持ち運ぶ事が出来るので、他の荷物と一緒に持って行く時には便利なブーツケースです。

【DAKINE】BOOT LOCKER

BOX型のブーツケースで上下に荷物を入れるようになっています。

ケースの下にはスキー、スノーボードブーツ、ケースの上にはウェアや小物などを入れることが出来て、荷物が分かれることによってブーツの汚れが小物に付くことを防いでくれます。

ショルダーベルトも付いているので、手持ち、肩掛けで持ち運ぶ事ができるブーツケースです。

【DAKINE】BOOT LOCKER DLX

DAKINEのブーツケースの中で1番大きいサイズのブーツケースになります。

容量は70Lとかなり大きめのサイズで、リュックタイプになっています。

上下に荷物を入れるように分かれていて、先ほどの「BOOT PACK」と「BOOT LOCKER」が合体したようなブーツケースになります。

1つのバッグにまとめたい時には便利なバッグです。

【BURTON】Booter Pack

スノーボードのトップブランド「BURTON」のブーツケースになります。

バックパックなので背負って持ち運ぶ事が出来るので、両手を空ける事ができます。

ブーツだけではなく、ウェアや小物も収納できる容量が大きめのブーツケースです。

バッグの両サイドには、しきりがついたポケットも付いていて、小物をブーツによって汚す事を防いでくれます。

【SALOMON】SLMN BOOTS BAG

スキー、スノーボードブランド「SALOMON」のブーツケースになります。

リュックなので背負う事が出来て、ブーツを入れる専用の部屋と、小物が入れられる部屋に分かれているので、ブーツで汚れる事を防いでくれます。

大きめのバッグなので、荷物をまとめていることができて、移動が楽になるブーツケースです。

【VOICE】マルチトートバッグ

トートバッグタイプのブーツケースです。

荷物を入れる所が上下の2部屋あり、上にはウェアや小物、下にはブーツを入れる事ができるので、ブーツの汚れをウェアなどに付く事を防いでくれます。

トートバッグタイプなので荷物も入れやすくて、車で行く時には便利なバッグです。

最後に

最後までお読み頂きありがとうございます。ブーツケースの種類や形は色々とありますが、自分に合ったブーツケースを見つけていただいて、スキー場へ行く時の移動も楽にしてもらえたらなと思います。

移動が楽になればスノーボードも満喫しやすいですからね。

この記事で、ブーツケースに悩んでいる方の、お役に立てればと思います。

ABOUT ME
snowbeer
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。スケートボード歴は10年以上。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!