ゴーグル

OAKLEYのゴーグルFLIGHT PATH XL(フライトパス)を使ったのでレビューします!

OAKLEY(オークリー)のスノーボードゴーグル、FLIGHT PATH XL(フライトパスXL)を実際にスキー場で使ったのでレビューしたいと思います!ゴーグルの上部にはフレームあり、下部にはフレームが無いセミレムレスフレームのFLIGHT PATH XL。

今回筆者は、スキー場で開催されたスノーボード試乗会でFLIGHT PATH XLを試したのですが、デザインに惹かれてこのゴーグルを試しました。

初めて見た時に感じたのが、今まであまりないデザインだなといった所。

新しいゴーグルは気になりますからね。

そこで、以前、スノーボードショップでゴーグルやグローブ等のアクセサリー担当として働いていた経歴を持つ筆者が、実際に使ったFLIGHT PATH XLをレビューしたいと思います。

良かったら参考にしてみてください。

FLIGHT PATH XL(フライトパスXL)をレビュー!

FLIGHT PATH XLは、上部にはフレームあり、下部にはフレーム無しの「セミリムレスフレーム」モデルになります。

上部のフレームをつける事で、ヘルメットからの衝撃を抑えつつ、下部の視界を最大限に広げるように造られています。

実際に使ってみると、上部のフレームがあるからと言っても邪魔に感じる事はありませんでした。

フレームとレンズが大きめに作られているXLサイズ仕様なので、視界の広さは言うまでもなく広かったです。

上部のフレームが気になるような事は無く、上下左右のどこを見ても広い視界を確保してくれました。

この時に使ったゴーグルは日本正規品の「ASIAN FIT」モデルなのですが、鼻の高さが標準的な筆者でもしっかりとフィットしてくれました。

OAKLEYのスポンジは吸汗速乾に優れた素材を使用していますし、肌触りも良いので、滑っている時もストレスを感じづらいです。

FLIGHT PATH XLのベルトは、少し太めの5mm幅になっています。

ゴーグルが大きくなると、どうしてもズレやすくなってしまいますが、太さがある分ズレにくい構造です。

また、ベルトの裏側にシリコンが貼られているので、更にズレにくくなっています。

実際に滑っていても、ズレるなんてことは1度もありませんでしたし、転んでしまってもゴーグルが飛んで行くことはありませんでした。

そして、このゴーグルは眼鏡対応モデルになっています。

フレームの両脇には、切込みが入っているので、眼鏡を付けたままでもゴーグルを装着する事が出来ます。

OAKLEY独自で開発したレンズ内側の曇り止め加工もされていますし、見やすい上に使いやすいゴーグルだなと感じました。

そして、他にはあまりないスタイリッシュなデザインが他とは違うなと感じます。

スポンサーリンク

ヘルメットは対応

FLIGHT PATH XLはヘルメット対応モデルになります。

ヘルメットの上からゴーグルを装着しても、ベルトが邪魔にならないように造られていました。

また、ベルトの裏側についているシリコンが滑り止めにもなってくれます。

OAKLEYのほぼ全てのゴーグルはヘルメットの事を考えてデザインされているので、この辺りは安心できます。

レンズ交換は簡単か?

最近ではレンズ交換が簡単に出来るように色々な工夫がされているゴーグルがありますが、FLIGHT PATH XLも簡単なのか試してみました。

結論を言ってしまうと、簡単とは言えません。

マグネットを使用したり、ワンタッチでレンズ交換を出来るゴーグルもありますが、それと比べてしまうとやりやすさは落ちてしまいます。

他のゴーグルが簡単過ぎるという事もありますけどね。

FLIGHT PATH XLの場合は、ワンタッチで外せるレバーや、マグネットは使用されていません。

ですので、レンズを外す時には、レンズとフレームの凹凸を外すタイプになります。

このゴーグルの場合、フレームの溝にレンズを入れていき、最後に凹凸を入れるという作業が必要になります。

これを考えてしまうと、ワンタッチやマグネットと比べてしまうと簡単とは言えません。

ただ、そうは言っても、慣れてしまえばすぐにレンズ交換はできると思います。

筆者がこの時にレンズを装着した時は、3分もかかりませんでした。

ですので、簡単にレンズ交換が出来るゴーグルと比べてしまうと劣りますが、慣れてしまえばすぐにできます。

Prizm JADE IRIDIUMをレビュー

今回このゴーグルについていたレンズ、Prizm JADE IRIDIUMも合わせてレビューしようと思います。

Prizm JADE IRIDIUMを内側から覗いてみると、見え方はこんな感じになります。

グリーン色のミラーコーティングがされていますが、見え方は赤系の色になります。

色味は少し濃いめですが、晴れていたこの日に使ったら、とても見やすかったです。

この日は晴れているうえに少し暑かったので、雪質はシャバシャバな状態。

ゲレンデ内は荒れた状態ではありましたが、凹凸もクッキリと見えました。

また、滑っている途中で日陰になってしまう事もありましたが、それでも何も問題なく滑る事が出来ました。

ただ、個人的には感じるのは、雪が降っていたり、雲が厚くて暗い天気の日には、暗すぎるレンズかなといった感じです。

あくまでも個人的な意見にはなってしまいますが、暗い天気の日には違うレンズを使います。

「天気が暗くてもこのレンズで行けるよ!」という方も、もちろんいると思いますが、筆者の場合はそのように感じました。

まとめ

FLIGHT PATH XLを実際に使ってみて、広い視界も確保してくれますし、大きくてもフィット感を損なわないので使いやすいゴーグルだなと感じました。

そして何より、他のブランドにはあまりないデザインなので、他の人とあまり被らなそうです。

見やすいのはもちろんの事、デザインも良いですし、機能性にも申し分ないゴーグルだなと感じました。

最後に

最後までお読み頂きありがとうございます。FLIGHT PATH XLが並んでいるのを見た時には、すぐに目がいきました。

1発で新しいのが分かりましたし、何より他にはないデザインだったからです。

OAKLEYのゴーグルは色々なモデルがありますが、今後注目が集まりそうなゴーグルだなと感じました。

ABOUT ME
snowbeer
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。夏はスケートボードをして冬はスノーボード。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!