ゴーグル

SMITHのゴーグルSquad MAG(スカッド マグ)を実際に使ってきたのでレビューします!

サングラスやスキー、スノーボードゴーグルブランドSMITH(スミス)のマグネットを使った「Squad MAG(スカッド・マグ)」を実際にスキー場で使ってきたのでレビューしたいと思います!

今回筆者は、スキー場で開催されたスノーボード試乗会で「Squad MAG」を実際に使って滑ってきました。

筆者自身が従来のSquadを使っていたこともあって、それがマグネット仕様になったという事で気になって試してきました。

マグネットを使ったゴーグルは今までも使った事がありますが、やはり楽ですね。

そこで、以前スノーボードショップでゴーグルやグローブなどのアクセサリー担当として働いていた経歴を持つ筆者がSquad MAGを色々とレビューしていきます。

良かったら参考にしてみてください。

Squad MAG(スカッド・マグ)をレビュー!

平面レンズモデルで少し大きめのSquad MAG。

Squadには、今まで「Squad」、「Squad XL」という2つのモデルがありましたが、「Squad MAG」に関しては、大きさが中間の大きさになります。

【大きさの違い】

・Squad XL:ラージサイズ

・Squad MAG:中間

・Squad:ミディアムサイズ

上下左右に広めのレンズが使用されているので、視界に邪魔な物が入り込む事はありませんでした。

従来のゴーグルベルトには4mm幅の太さが使用されている事が多いのですが、Squad MAGのベルトは、5mm幅と少し太めのサイズが使用されています。

5mm幅だとゴーグルの存在感が引き立ちますし、小顔効果にもなるのではないでしょうか。

また、ベルトの裏側にシリコンが付いていたので、5mm幅とシリコンでゴーグルをしっかりと装着する事が出来ました。

ゴーグルを着けていてもズレずらいですし、転んだ時でもゴーグルが飛んで行きづらくなっています。

そして、ベルトはバックルタイプになっているので、付け外しも簡単に出来るようになっていました。

この時使ったゴーグルは日本正規品の「JAPAN FIT」モデルだったので、一般的な顔の形をしている筆者でもしっかりとフィットしてくれました。

そして、この時についていたレンズが「Chromapop(クロマポップ)」の「Photochromic(調光レンズ)」。

SMITHの凹凸が見やすくなるレンズにプラスして、天気に合わせてレンズの濃さが変わるレンズです。

この日筆者が滑っていた天気は、晴天で、雪がシャバシャバで荒れているゲレンデでした。

荒れているゲレンデでも、しっかりと凹凸が確認する事が出来て滑りやすかったです。

ちなみに、今回筆者が使用したレンズは「Photochromic Red Mirror」というのが正式な名前で見え方はこんな感じです。

青色のベースレンズに、レッドミラーがコーティングされています。

そして、Squad MAGには「5X アンチフォグテクノロジー」という技術が使われています。

・「5X アンチフォグ」とは、SMITHが開発した、現在SMITHゴーグルの中で最高クラスの曇り止め加工になります。

今までSMITHゴーグルの1部のみに使用されていた曇り止め技術が、平面レンズでは初めての使用です。

これによって、今までのSQUADよりも曇りづらさがアップしたという事になります。

また、SMITHのミラーレンズには、「特殊撥水コーティング」がされているので、滑っている時の水滴や指紋などが付きづらい加工がされています。

さすがは世界的にトップクラス技術のゴーグルブランドといった感じです。

デザイン的にも平面レンズでスタンダード感がありながらも、1部フレームが無いセミリムレスフレームで他とは違うデザインがまた良い所だなと感じます。

スポンサーリンク

レンズ交換は簡単!

Squad MAGの特徴の1つでもあるのが、強力マグネットを使用しているという所。

このマグネットのおかげで、レンズ交換がとても簡単でした。

実際に外してみると、5秒でレンズが外れます。

レンズの交換方法は、ゴーグルの左右下部についているレバーをズラします。

レンズ下部のレバー

このレバーをズラした状態がこちらです。

後はレンズをフレームから引き上げるだけです。

これだけになるので、とても簡単でした。

レンズがフレームについている構造はマグネットだけではなくて、両サイドにロックも付いています。

先ほどズラしたレバーがロックになっているのですが、ロックをかける事で、転んだ時や強い衝撃を与えてもレンズが外れない構造になっています。

フレームとレンズの両脇のロックは、凹凸がしっかりとあるので、ガッツリとホールドしてくれて安心感もありました。

また、レンズが合計で2枚付いてくるらしいので、天候に合わせてレンズを変える事が出来ます。

付属で付いてくるレンズは、以下のような感じです。

・調光レンズ+ノーマルのクリアレンズ

・クロマポップレンズ+クロマポップレンズ

調光レンズが標準で付いてくるゴーグルに関しては、ノーマルのクリアレンズ。

クロマポップレンズが標準で付いているゴーグルは、「暗めのレンズ」+「明るめのレンズ」の両方クロマポップレンズが付いてくるとの事です。

レンズ交換が簡単に出来るので、その日の天候に合わせてレンズを合わせる楽しみも出来ますね。

ヘルメットは対応か?

Squad MAGはヘルメット対応モデルになっています。

ベルトが外側から出ている事によって、ヘルメットの淵に当たらない構造です。

ベルトの長さを1番長くしてみたところ、結構長めにはなっていましたが、ヘルメットのサイズによっては圧迫感を感じやすいかと思います。

また、ベルトがバックルタイプになっているので、ヘルメットの後ろにある、ゴーグルストラップにハマりづらい可能性があります。

ゴーグルをヘルメットの上から着けてみて、圧迫感を感じたり、バックルが邪魔だなと感じたら、別売りの延長ストラップで解決してくれます。

延長ストラップをつける事によって、ベルトの長さも伸びますし、ヘルメット裏のストラップに当たらないようになるのでストレスが無くなります。

まとめ

今回Squad MAGを実際に使ってみて感じたのが、やはりマグネットは最高だなという所です。

筆者自身もマグネットを使用したゴーグルを使っているのですが、あのレンズ交換の簡単さは癖になります。

10秒以内でレンズ交換ができるので、すぐに用意が完了しますし、2つのレンズを持つことでその時に合った視界で楽しむ事が出来るからです。

デザイン的にも他のブランドとは違う雰囲気ながらも、スタンダードデザインなので、合わせやすい感じがしました。

平面レンズモデルで、見やすさ、使いやすさ、レンズ交換の簡単な物を探している方にはピッタリだと感じます。

最後に

最後までお読み頂きありがとうございます。筆者が使っていたのはミディアムサイズのSquadだったのですが、少しサイズが上がったというのもあると思いますが、それよりも見やすかった気がします。

ベルトが少し太くなったからホールド感もあって、使い心地が良かったです。

ABOUT ME
snowbeer
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。スケートボード歴は10年以上。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!