ゴーグル

SMITHのゴーグルSkyline XL(スカイラインXL)を使ってみたのでレビューします!

世界的に有名なサングラス、スキー、スノーボードゴーグルブランドSMITH(スミス)の「Skyline XL(スカイラインXL)」を使って滑ってきたのでレビューしたいと思います!

今回筆者は、スキー場で開催されたスノーボード試乗会でSkyline XLを実際に使ってきました。

見た目的にも大きめのゴーグルですが、やはり視界の広さは抜群でした。

使ったレンズも良かったので滑りやすかったです。

そこで、以前スノーボードショップでゴーグルやグローブ等のアクセサリー担当として働いていた経歴を持つ筆者が、Skyline XLを色々とレビューします。

良かったら参考にしてみてください。

Skyline XL(スカイラインXL)をレビュー!

今回レビューするのはこちらのゴーグルです。

大型の球面レンズに、フレームが無いリムレスフレームモデルのSkyline XL。

このゴーグルは、従来から販売されていた「Skyline」を大きくしたモデルになります。

パッと見でも存在感がある大きさで、実際に付けてみると、かなり広い視野を確保してくれました。

視界は上下左右のどこを見ても広い状態でした。

頭を動かさずに目玉だけ動かせばフレームは見えてきますが、普通に滑っている時には、視界を邪魔するようなものは感じませんでした。

ゴーグルのベルトは通常4mm幅のベルトが使用されていますが、Skyline XLに関しては、5mm幅の少し太めのベルトが使用されていました。

フレームが大きい分、フィット感の向上や、ズレを防止するために太めに作られているといった感じです。

また、この時に使ったゴーグルが日本正規品の「ASIAN FIT」モデルだったので、平均的な鼻の高さの筆者でもフィットしてくれました。

ベルトもバックルタイプなので、付け外しも簡単にする事が出来ます。

ただ、個人的に感じたのが、もう少し顔の両脇のフィット感が良ければなといった感じです。

鼻の部分のフィット感は良かったのですが、すこし両脇が気になる感じがしました。

ゴーグルが大きいので、やはりフィット感の良さは少し損なわれているかなと感じます。

太いベルトでしっかりと固定してくれますが、筆者の場合は結構キツメにベルトを締めないと両脇のフィット感がもの足りなかったです。

この辺りは個人差があると思いますが、筆者の場合は結構キツメにベルトを締めてフィット感を上げた感じです。

Skyline XLには「FOG-X アンチフォグ」という、レンズ内側が曇りづらい技術が使われています。

この技術は、内側のレンズに曇り止めのコーティングをしているのではなく、レンズ内側に特殊な加工をして曇りづらさを出しています。

SMITHの独自技術なのですが、レンズに塗るコーティングではなく、直接加工がされているので、半永久的に継続する曇り止め加工になります。

また、SMITHのミラーレンズの外側には「特殊撥水コーティング」がされています。

この外側のコーティングによって、滑っている時の水滴や、指紋などが付きづらい性能があります。

SMITH好きの方にとっては当たり前な感じはすると思いますが、やはりこのブランドの技術はすごさを感じます。

デザイン的にもシンプルなリムレスフレームモデルで合わせやすいですし、視界が抜群に広い使いやすいゴーグルだなと感じました。

スポンサーリンク

眼鏡が対応している

Skyline XLは眼鏡対応モデルになっていました。

ゴーグルが大きい球面レンズなので、空間的にも余裕があります。

また、ゴーグルの両サイドには、眼鏡のテンプル(耳にかける両端)用に、切込みが入っています。

この切込みがある事によって、ゴーグルの淵に当たらずに眼鏡をかける事が出来ます。

ヘルメット対応している

Skyline XLはヘルメット対応になっています。

ゴーグルのベルトが外側から出ている事によって、ヘルメットの淵に当たらないように造られていました。

また、5mmのベルトやシリコンが滑り止めになってくれるので、ヘルメットの上から着けてもしっかりと固定してくれます。

ベルトを最大に伸ばした感じは結構長めでしたが、ヘルメットのサイズによっては、顔に圧迫感を感じる場合もあると思います。

また、ベルトがバックルタイプなので、ヘルメット裏についている、ゴーグルストラップにハマらない可能性もあります。

圧迫感があったり、バックルが邪魔でストラップにハマらない場合には、別売りの延長ストラップをつければ、快適にゴーグルを着ける事が出来ます。

レンズ交換は簡単か?

Skyline XLのレンズ交換が簡単か、実際に試してみました。

このゴーグルは、簡単に外せるレバーやマグネットは使用されていないので、フレームとレンズの凹凸を合わせてハメ混むタイプのゴーグルです。

実際に外してみた所、マグネットなどと比べると、簡単ではありませんでした。

ハメ混む凹凸は上下のみになるので、フレームの溝に合わせてやればレンズはすぐに取り付ける事が出来ます。

ただ、やはり簡単に出来るマグネットなどと比べてしまうと、少し時間がかかってしまいます。

レンズ交換に慣れている方に関しては何も問題ないと思いますが、やった事が無い方や、慣れていない方の場合だと始めは苦戦すると思います。

ちなみにですが、レンズ交換に慣れている筆者がやってみたところ、レンズを外して取り付けるまでで5分以内に完了しました。

簡単ですぐに終わるとは言えませんが、慣れれば誰でも出来るようになります。

クロマポップEveryday Rose Gold Mirrorレンズをレビュー

今回筆者がこのゴーグルを使った時に、クロマポップレンズの「Everyday Rose Gold Mirror」が付いていたので、合わせてレビューします。

外側からもしっかりミラーコーティングがされているこのレンズの見え方は、こんな感じになります。

色味が薄いピンク色の見え方です。

個人的にはこのレンズが使いやすくて、色味が薄い分、自然に近い感じで見る事が出来ました。

かなり明るめなので、曇っている薄暗い日や、雪が降っている時なんかでは特に見やすい感じです。

また、個人的な話しになってしまいますが、晴れていたこの日でも見やすく感じました。

水分が多いシャバシャバな雪質のこの日でしたが、クロマポップのおかげで見やすかったです。

ただ、かなり明るめのレンズなので、人によっては眩しさを感じると思います。

眩しさを感じやすい方の場合でしたら、もう少し暗めのレンズの方が使いやすいです。

筆者のように明るめのレンズが好みの方にはピッタリなレンズだと思います。

まとめ

Skyline XLを実際に使ってみて、見た目通りに視界はかなり広く作られているなと感じます。

フレームが無いので、視界の邪魔になるような物もありませんからね。

ただ1点だけ、フィット感の事に関しては、もう少し欲しかったというのが正直な所です。

ベルトを締めれば良いのかもしれませんが、そうなると着ける時にベルトを強く引っ張らないといけませんからね。

とは言っても、鼻に当たる所のスポンジはフィット感が良かったです。

デザインもシンプルな感じですし、眼鏡、ヘルメットも対応しているので、幅広い方が使いやすそうだなと感じました。

球面レンズで、視界が出来るだけ広く、性能が良いゴーグルを探している方にはピッタリなゴーグルだと感じます。

最後に

最後までお読み頂きありがとうございます。SMITHのゴーグルは個人的にもいくつか持っていた事がありましたが、やはり見やすかったです。

個人的にデザインが好みの物が多かったという事もありますが、カッコいいですからね。

今回使ったレンズも見やすくて使いやすかったので、さすがはSMITHだなと感じました。

この記事で、Skyline XLについて、お役に立てればと思います。

ABOUT ME
snowbeer
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。夏はスケートボードをして冬はスノーボード。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!