ゴーグル

GIROのゴーグルCONTOUR(コンツアー)を使ってみたのでレビューします!

ヘルメットで有名なブランドGIRO(ジロ)のスキー、スノーボードゴーグル「CONTOUR(コンツアー)」を使って滑ってきたのでレビューしたいと思います!

今回筆者は、スノーボードの試乗会でこのCONTOURを使ってみました。

実際に使ってみたところ、パッと見た感じよりも、視界が広くて使いやすかったなと感じました。

そこで、以前スノーボードショップでゴーグルやグローブなどのアクセサリー担当として働いていた経歴を持つ筆者が、CONTOURをレビューしたいと思います。

良かったら参考にしてみてください。

CONTOUR(コンツアー)をレビュー!

平面レンズでフレームが無いフレームレスモデルのCONTOUR。

特別大きいゴーグルという感じではありませんが、実際に付けて見ると、フレームが無くてレンズが大きい分、少し大きめのゴーグルに感じます。

また、フレームが無くてレンズが大きいので、視界の上下左右に気になるような物は感じず、充分広い視界を確保してくれました。

個人的に感じたのが、ゴーグルの厚さが少し薄めに造られているなという所。

横から見てもその薄さを感じました。

ゴーグルが薄い分、レンズが少しだけ目に近い感じだったので、その影響で視界がより広く感じました。

ゴーグルが薄いからと言っても使っている時の違和感はまったくありませんし、少しだけなので見た目的にも変な感じにはなりませんでした。

この時に使ったのが日本人の骨格に合いやすい「ASIAN FIT」モデルだったのですが、平均的な鼻の高さの筆者でもしっかりフィットしてくれました。

ゴーグル自体も大きい訳ではないので、顔全体のフィット感が良かったです。

ゴーグル上部にある通気口のメッシュには、耐久性が強そうなメッシュ生地が使われていました。

ここのメッシュは破れやすい所ではありますが、このメッシュなら破れづらそうです。

ベルトにはゴーグルのズレ防止の為のシリコンが付いていますし、ヘルメット上からでも着けやすいようにバックルはついていませんでした。

さすがはヘルメットで有名なGIROといった感じです。

ただ、ヘルメットを被らない場合には、バックルが付いていない分、ゴーグルを付け外しする時にニット帽子がズレやすくなってしまいます。

この辺りはしょうがないかなといった感じですね。

今回つけたゴーグルには、GIROのコントラストレンズ、「VIVIDレンズ」が付いていました。

・VIVIDレンズとは、ドイツに本社を置く、医療、カメラ、眼鏡などのレンズを研究、製造している世界的に権威がある「ZEISS社」とGIROが共同開発したレンズです。

雪面のコントラストを強調させ、凹凸が見やすくなるレンズになります。

クリアな視界と、目の疲労感を抑える性能もあります。

この日は晴れていて、水分が多い雪質のシャバ雪で凹凸が多かったのですが、このVIVIDレンズのおかげで見やすかったです。

やはりコントラストレンズは違いますね。

また、GIROのレンズには、レンズ内側が曇りづらいように特殊なコーティングがされています。

ゴーグルのデザインもシンプルでスッキリとしたデザインなので合わせやすいですし、見やすさもある良いゴーグルだなと感じました。

スポンサーリンク

レンズ交換が簡単

CONTOURの最大の特徴と言ってもいいのが、このレンズ交換のやりやすさだと思います。

どれぐらい簡単なのか、実際にレンズを外してみました。

レンズを外すのに10秒もかからず外す事が出来ました。

フレームとレンズの両脇には凹凸が付いていて、それを「パチっ」と取り外すだけになります。

取り外し方はゴーグル左右のどちらのレンズに指をひっかけ、少し強めにレンズを上に引き上げるだけです。

凹凸はゴーグルの両脇だけで、後は強力なマグネットで付いている構造です。

両脇の凹凸でしっかりとレンズがハマってくれていますし、マグネットが結構強いので、転んだ時などでもレンズが外れないようになっていました。

レンズの取り付け方も簡単で、フレームにレンズを上から合わせて、両脇を「パチっ」と押し込むだけです。

ハッキリ言って、誰でも簡単にできます。

筆者がレンズを外して取り付けるまで、15秒もかかりませんでした。

レンズ交換が簡単ですと、その日の天気に合わせて視界が簡単に合わせられますし、レンズ交換も楽しくなります。

レンズ交換に時間をかけるのは正直嫌ですからね。

CONTOURの場合は、レンズ交換のストレスも解消してくれます。

ヘルメットは対応

CONTOURはヘルメット対応モデルとなっています。

ヘルメットで有名なGIROなので、ヘルメットとの相性は抜群といった感じでしょうか。

フレームの上部はフラットに造られていて、ヘルメット上部にも合いやすいようになっています。

ベルトも外側から出ているので、ヘルメットの淵にも当たらない構造です。

ベルトを最大に伸ばしてみたところ、結構長めに造られていたので、ゴーグルを着けたときの圧迫感も少なそうでした。

また、バックルが無いのでヘルメット裏についているゴーグルストラップにハマりやすくなっています。

ヘルメットの下につける場合はもちろんの事、ヘルメット上からでも問題無く着ける事が出来ます。

まとめ

今回CONTOURを実際に使って滑ってみた感じ、見やすいのはもちろんの事、使いやすいゴーグルだなと感じました。

特に大きい訳ではないのに視界が広く確保されていますし、何より強力なマグネットでレンズ交換が簡単という所が良い所だと思います。

デザインもシンプルで着けやすいですし、ヘルメットを使っている方も、使っていない方も、色々な方が使いやすいゴーグルだなと感じました。

最後に

最後までお読み頂きありがとうございます。マグネットを使ったゴーグルはやはり使いやすいですね。

筆者自身もマグネットを使ったゴーグルを持っているのですが、スキー場に到着した時のレンズ交換はもちろんの事、滑り終わった後も簡単にレンズが外せるので、乾かす時にも必ず外しています。

ゴーグルは滑り終わった後にしっかりと乾かす事で、長持ちもしてくれるので、マグネットは本当に楽でありがたいです。

CONTOURはその辺りの使いやすさや見やすさもあるので、技術的にも高いゴーグルだなと感じました。

この記事で、CONTOURについて、お役に立てればと思います。

ABOUT ME
snowbeer
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。スケートボード歴は10年以上。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!