ゴーグル

GIROのゴーグルBLOK(ブロック)を使ってみたのでレビューします!

スキーやスノーボードのヘルメットブランドとして有名なGIRO(ジロ)のゴーグル「BLOK(ブロック)」をスキー場で使って滑ってきたのでレビューしたいと思います!

今回筆者は、スキー場で開催されたスノーボード試乗会でBLOKを使ってみました。

見た目のデザインもクラシカルな感じで良い感じですが、使ってみて見やすさもしっかりあるゴーグルだなと感じました。

やはり見た目だけではなく、見やすさなどの機能性も大切ですからね。

そこで、以前スノーボードショップでゴーグルやグローブ等のアクセサリー担当として働いていた経歴を持つ筆者が、BLOKをレビューしたいと思います。

良かったら参考にしてみてください。

BLOK(ブロック)をレビュー!

今回レビューするゴーグルはこちらです。

平面レンズにフレームがあるモデルのBLOK

サイズ的には少し大きめのゴーグルですが、特別大きいという感じも無く、実際に付けた見た目にも違和感がないぐらいのサイズ感でした。

ゴーグル内には少し余裕がある感じで、視界的にはとても広いという感じではありませんが、滑っていてストレスを感じるような事はありませんでした。

個人的には充分使いやすい視界の広さです。

フレームの上部と下部の通気口の役割をするメッシュは、耐久性が強い素材で造られていました。

上部のメッシュは特に破れやすいので、強化されている分、ゴーグルが長持ちしてくれそうです。

デザイン性も良い感じだなと感じました。

GIROは海外のブランドですが、この時に使ったゴーグルは日本人の骨格にも合いやすい日本正規品の「ASIAN FIT」モデルでした。

鼻のスポンジが盛り上がっているモデルです。

このスポンジのおかげで、鼻の高さが平均的な筆者でもしっかりとフィットしてくれました。

また、ゴーグルが大き過ぎない為、鼻以外のフィット感も良かったです。

今回つけたゴーグルには、GIROのコントラストレンズ、「VIVIDレンズ」が付いていました。

・VIVIDレンズとは、ドイツに本社を置く、医療、カメラ、眼鏡などのレンズを研究、製造している世界的に権威がある「ZEISS社」とGIROが共同開発したレンズです。

雪面のコントラストを強調させ、凹凸が見やすくなるレンズになります。

クリアな視界と、目の疲労感を抑える性能もあります。

この日は晴れていて、水分が多い雪質のシャバ雪だったので凹凸が多かったのですが、このVIVIDレンズのおかげで見やすかったです。

やはりコントラストレンズは違いますね。

ただ、今回使ったレンズは結構暗めな感じのレンズだったので、暗い曇りの日や、雪が降っているような日では暗すぎるかなといった感じでした。

暗めな日でしたら、もう少し明るめのレンズの方が見やすそうです。

また、GIROのレンズには、レンズ内側が曇りづらいように特殊なコーティングがされています。

ゴーグルのベルトの裏にはシリコンが付いています。

このシリコンのおかげでゴーグルを付けている時のズレを防止してくれますし、転んだ時にもゴーグルが飛びずらくなっていました。

ゴーグルにバックルは付いていないので、付け外しをする時には上からかぶるようにする感じです。

バックルがあった方が付け外しをしやすいですが、この辺りは仕方ない感じですね。

フレームがあるクラシカルなデザインで合わせやすさもありますし、見やすくする技術も使われているので、使いやすゴーグルだなと感じました。

スポンサーリンク

ヘルメットが対応している

BLOKはヘルメット対応モデルになります。

ゴーグルのベルトが外側から出る事によって、ヘルメットの淵に当たらないように造られていました。

また、ベルトを最大に伸びしてみた所、長めに造られているので、ヘルメットの上から着けても圧迫感が少なそうです。

GIROの定番モデルのBLOKは海外のプロスキーヤー、プロスノーボーダーたちも使用していますが、ヘルメットの上から着けている方達もたくさんいます。


画像引用:freeskier.com

ヘルメットブランドとして有名なGIROなので、この辺りには安心感がもてますね。

眼鏡が対応している

BLOKは眼鏡対応モデルになります。

ゴーグル内の空間が広く確保されていますし、ゴーグルの両脇には眼鏡のテンプル(耳にかける所)の為の切込みも入っていました。

大きすぎる眼鏡だと入らない場合もあると思いますが、一般的な眼鏡でしたら着けたままでゴーグルをする事が出来ます。

まとめ

BLOKを実際に使ってみた感じ、特別視界が広いという感じではありませんが、滑っている時にストレスを感じ無かったですし、凹凸も見やすくて良かったです。

デザインも使いやすい感じですし、ヘルメットを使う方、使わない方に関わらず、幅広い方が使いやすいゴーグルだと感じました。

眼鏡をかけたままゴーグルをする事も出来ますからね。

見やすさを上げる「ZEISS社」と共同開発したVIVIDレンズが使われているのに2万円を切るので、コスパが高いゴーグルだなと感じます。

最後に

最後までお読み頂きありがとうございます。GIROのゴーグルはヘルメットとの相性も抜群ですが、ヘルメットを使わない方でもデザイン的に使いやすいなと感じました。

実際にGIROに所属するプロスキーヤーやプロスノーボーダーで、ヘルメットを使っていなくてもGIROのゴーグルを使っている方がいますからね。

使ってみて見やすさも感じましたし、良いゴーグルだなと感じました。

この記事で、BLOKについて、お役に立てればと思います。

ABOUT ME
snowbeer
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。スケートボード歴は10年以上。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!