ゴーグル

ドラゴンのゴーグルRVXを使ってみたのでレビューします!

スキー、スノーボードゴーグルブランドDRAGON(ドラゴン)のRVXをスキー場で使って滑ってきたのでレビューしたいと思います!

今回筆者は、スキー場で開催されたスノーボード試乗会でRVXを実際に使ってみました。

そこで、以前スノーボードショップでゴーグルやグローブなどのアクセサリー担当として働いていた経歴を持つ筆者が、RVXを色々とレビューしていきます。

良かったら参考にしてみてください。

RVXをレビュー!

今回レビューするのはこちらです。

平面レンズで、フレームが無いフレームレスモデルのRVX。

大きめなサイズ感にプラスして、フレームが無いゴーグルなので、実際につけてみると広い視界を確保してくれました。

滑っている時にストレスを感じるような物は視界に入ってこなかったです。

デザイン的にはキリっとしたシャープな感じで、近未来感を感じるようなデザインでした。

アメリカの雰囲気を感じるDRAGONらしいデザインのゴーグルだなと感じます。

ゴーグルの上部はメッシュ生地だけではなく、「アーマードベント」という、ゴーグル上部のメッシュ生地を守るカバーが使われています。

ここのメッシュ生地は破れやすいので、このカバーが付いている事でゴーグルが長持ちしてくれます。

DRAGONは海外のブランドですが、この時に使ったゴーグルは、日本人の骨格に合いやすい日本正規品の「JAPAN FIT」モデルでした。

ですので、鼻の高さが平均的な筆者でもしっかりとフィットしてくれました。

また、RVXは、フィット感を更に向上させるために「トリプルレイヤーフェイスフォーム」という技術が使われているので、とてもフィット感が良かったです。

ちなみに、DRAGONのゴーグルのスポンジは、吸水発散してくるフリース素材を使用しています。

・トリプルレイヤーフェイスフォームとは、固さと密度の異なる3層のスポンジを組み合わせることにより、耐久性・安全性に優れ、ソフトなフィッティングに仕上がっています。

引用:DRAGON公式サイト

この時に使ったレンズは、日本の雪山と、日本人の瞳に合わせて造られた「JAPAN LUMA LENS(ジャパン・ルーマレンズ)」が付いていました。

「LUMA LENS」は色のコントラストを上げてくれて、凹凸などが見やすくなるレンズになります。

そのLUMA LENSを、日本人に合わせて作ったのが「JAPAN LUMA LENS」です。

筆者は自分でもDRAGONのゴーグルを持っているのですが、このJAPAN LUMA LENSは個人的にもとても見やすいと感じています。

ゴーグルを内側から覗いた時に見える色味が薄く造られているので、自然に近い色で滑る事が出来るからです。

また、色味が薄くても、しっかり眩しさもカットしてくれます。

このゴーグルを使った日は、晴れていて、シャバシャバな雪質で凹凸が多かったのですが、このレンズのおかげで快適に滑る事が出来ました。

ゴーグルのベルトは付け外しがやりやすい、バックルタイプになっていました。

また、ベルトの裏にはシリコンが付いているので、ゴーグルをしている時のズレ防止や、転んだ時にゴーグルが飛んで行きづらいようになっています。

見た目のデザインもシャープな感じでカッコいいですし、見やすさやフィット感もあるので、性能も良いゴーグルだなと感じました。

スポンサーリンク

レンズ交換が簡単

RVXの特徴ともいえるのが、スウィフトロックテクノロジー2.0というレンズが簡単に外せるシステム。

今までのスウィフトロックテクノロジーのレバーは、ゴーグルの横から出ていましたが、目立ちづらいようにレバーがゴーグルの下につくようになっていました。

どれぐらい簡単にレンズ交換が出来るのかを、実際に試してみました。

レンズの外し方は、ゴーグルの右下にあるレバーを引くだけ。

レバーを引くと、レンズの右側が浮き出るように造られていました。

後はレンズだけを持ち上げるだけです。

レンズを外すのに5秒もかかりませんでした。

フレームとレンズの所々には凹凸があり、左側にも差し込む用の凹凸が付いています。

この凹凸のおかげで、転んだ時などにレンズが外れなような構造になっています。

そして、レンズを取り付けるのも簡単で、左側の凹凸にフレームとレンズを合わせて、後はレバーが付いている右側を少し押し込むだけです。

筆者が始めてレンズの取り外し、取り付けをやってみところ、15秒もかからずに完了する事が出来ました。

ハッキリ言って誰でも簡単にできます。

レンズの付け外しが簡単にできれば、天気に合わせてレンズ交換をする時にも便利ですし、滑り終わった後のメンテナンスをするにも便利です。

滑り終わった後、ゴーグルをしっかり乾かした方が長持ちもしてくれますからね。

筆者自身、滑り終わった後は、日帰り、宿泊関係なく、必ずレンズを外して乾かしているので、このシステムはかなり便利だなと感じました。

ヘルメットは対応か?

RVXはヘルメット対応にモデルになっています。

ゴーグルをヘルメットの中につけるのはもちろんできますが、ヘルメットの上からでも着けられるようになっていました。

ゴーグルのベルトが外側から出ているので、ヘルメットの淵に当たらないようになっています。

ベルトを最大に伸ばしてみた所、結構長めになっていましたが、ヘルメットによっては圧迫感を感じてしまう可能性もあると思います。

また、ベルトの後ろにはバックルが付いているので、ヘルメットの後ろについているゴーグルストラップにハマりづらい可能性もあります。

ヘルメット上から着けた時の圧迫感を感じたり、ストラップにハマりづらい場合は、別売りの延長ストラップで解消する事が出来ます。

DRAGONから販売されている専用のストラップなのですが、延長ストラップをする事で、ヘルメット上からでも快適にゴーグルをする事が出来ます。

眼鏡をかけていても使える

RVXは眼鏡対応モデルになっていました。

ゴーグルの両脇には眼鏡のテンプル(眼鏡の耳にかける棒)を通しやすいように、切込みが入っています。

また、スウィフトロックテクノロジー2.0のレバーを下につけたのも、眼鏡を使った時に、使いやすいにしたのもあるとの事でした。

ゴーグルの中には空間的にも余裕があったので、一般的な眼鏡は入りそうです。

ただ、大きい眼鏡の場合ですと、入れづらい可能性もあるので注意が必要です。

ちなみにですが、筆者は眼鏡をしませんが、切込みが入っているからと言っても、フィット感は損なわれませんでした。

ですので、眼鏡を使わない人でもしっかりとフィットしてくれます。

まとめ

RVXを実際に使ってみたところ、見やすさやフィット感の良さはもちろんの事、簡単にレンズを外せるのが良い所だなと感じました。

レンズ交換だけではなく、滑り終わった後のゴーグルのケアもしやすいですからね。

ヘルメットの上からゴーグルを使う場合は延長ストラップが必要な時もありますが、眼鏡をかけている人でも使えるので、色々な方が使いやすいゴーグルだなと感じました。

DRAGONらしくてカッコいいデザインですし、性能の良さも組み込まれているゴーグルだと感じます。

最後に

最後までお読み頂きありがとうございます。DRAGONはアメリカの雰囲気をガンガン感じるカッコいいデザインが良い所だと筆者は思っていますが、RVXに関してもやはりその雰囲気は感じました。

ゴーグルは見た目も性能もどちらも大切ですからね。

今回RVXを使って滑ってみて、何もストレスを感じませんでしたし、何よりレンズの付け外しが楽な所がとても良かったです。

ゴーグルが長持ちするようにも造られていますし、眼鏡も対応しているので、良いゴーグルだなと感じました。

この記事で、RVXの事について、お役に立てればと思います。

ABOUT ME
snowbeer
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。スケートボード歴は10年以上。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!