スケートボード

スケボーのブッシュは柔らかくする?硬くする?調整の注意点やおすすめの物を紹介

スケートボードのトラックの動きを調整する大切な所が「ブッシュ」になります。ブッシュの調整によって、スケートボードの動きがかなり変わってくるからです。

ブッシュとは、トラックの中央に入っている「ゴム」や「ウレタン」素材で造られているパーツの事で、このパーツ1つでスケートボードの動きが劇的に変化をします。

そんなブッシュですが、柔らかくする時と硬くする時で大きな変化があるので、どちらの方が良いのか悩みやすい方も少なくはないと思います。

そこで、スケートボード歴が10年以上で、以前、スケートボード用品も扱うスノーボードショップで働いていた経歴を持つ筆者が、ブッシュについて色々とご紹介していこうと思います。

良かったら参考にしてみてください。

ブッシュの硬さの調整方法

ブッシュの調整方法は2通りあって、どちらの方法でも硬さを調整する事が出来ます。

その調整方法は、以下の2通りです。

・ブッシュが入っているキングピンのナットで調整する

・ブッシュの硬さを替える

1つ目の調整方法は簡単で、キングピンについているナットを締めたり緩めたりして調整する方法になります。

この調整方法は、ブッシュの硬さは変わらないので、微調整ぐらいの調整しかできません。

ですので、トラックの動き方を大きく変えたい場合は、ブッシュを交換する方法になります。

トラックのブッシュは締めすぎに注意


トラックに入っているブッシュは、「ゴム」や「ウレタン」の塊になります。

ですので、強い力で圧縮していくと割れてしまう材質です。

ブッシュが割れないギリギリまで締めたとしても、強い圧縮がかかったままオーリーなどの衝撃を受けているので、割れやすくなってしまいます。

ブッシュの動きが硬めの方が好きな方もいると思いますが、その場合にはブッシュを硬めに交換して、ブッシュの締めすぎには注意してください。

スポンサーリンク

締めてもブッシュの硬さが変わらない場合

ブッシュを締めても柔らかいままで、全然締まっている感じがしない場合には、ブッシュが割れている可能性があります。

これは筆者自身も体験した事がありますが、ブッシュが割れていると、いくら締めても柔らかいままの状態です。

ブッシュが割れてしまった場合は、いくら締めても直らないので、新しい物に交換するしか方法はありません。

ブッシュの適度な締め付け具合

ブッシュの締めすぎは良くないという事をご説明してきましたが、どれぐらいの締め付けならちょうど良いのか分かりづらい所ですよね。

ブッシュの硬さは人それぞれの好みがありますが、ちょうど良いブッシュの締め付け具合は、キングピンの頭が出るか出ないかぐらいになります。

ですので、始めにナットとキングピンの頭が同じになるまで締めていき、後は自分好みに調整していく感じなります。

ブッシュの硬さによるメリット・デメリット

ブッシュの硬さを替えると、柔らかくしても、硬くしても、どちらにせよメリット・デメリットがあります。

そこで、それぞれのメリット・デメリットをまとめておきたいと思います。

【柔らかくする時】

【メリット】

・トラックの動きが柔らかくなって、ターンやカービングがやりやすくなる

・トラックが柔らかい分、カーブBOXやレールにトラックがかけやすい
(Kグラインド、スミスグラインド・・・など)

【デメリット】

・トラックが柔らかいから、乗った時に安定しづらい

・初心者の場合、グラグラしすぎて乗りづらい

・柔らかいのに慣れていない場合、オーリーをした時に真っすぐ下に叩きづらい

【硬くする時】

【メリット】

・トラックの動きが硬いから、グラグラしないで安定する

・しっかり乗りやすいから、オーリーをする時に真っすぐ下に叩きやすい

・スピードを出しても真っすぐ進みやすい

【デメリット】

・トラックの動きが硬いから、ターンやカービングがしづらい

・曲がりたい方向に行きづらい

ブッシュの違いでこのようなメリット・デメリットがあります。

ターンをする頻度が高いランプやボール等では、ブッシュは柔らかい方がやりやすいです。

また、オーリーやフリップをやる場合には、安定性がある硬いブッシュの方がやりやすくなります。

ブッシュの硬さは個人の好みになり、正解が無いので、自分に合うブッシュを選べばスケートボードを更に楽しむ事が出来ます。

ブッシュの硬さに悩んだらミディアムが使いやすい

ブッシュの硬さには色々とメリット・デメリットがあるので、悩みやすい所だと思います。

そんな時に使いやすいのがミディアムの硬さになります。

・中間の安定感

・ランプやボール、ストリートでも使いやすい

・オーリーなどのフラット技もやりやすい

・オールラウンドに使える

簡単に言ってしまえば、色々な場面に適している硬さがミディアムになります。

もちろん人それぞれ好みがあるとは思いますが、「柔らかい方も硬い方も捨てがたい・・・」という場合でしたらミディアムが使いやすいです。

また、ミディアムにしてもキングピンナットで調整すれば、少しですが柔らかさ、硬さを変える事が出来ます。

おすすめのブッシュ「BONES(ボーンズ)」の「Hardcore Bush」

筆者の個人的には、Bones(ボーンズ)の「Hardcore Bush(ハードコアブッシュ)」の「ミディアム」が自分にはしっくりくる硬さでした。

反応も良くて、使いやすいのでおすすめです。

現在はお試しで同じBonesの「ハード」という硬さの物を使っているのですが、個人的には少し硬すぎる感じがします。

オーリーやフリップ等の、フラットトリックはやりやすいのかなと感じましたが、ランプやボールでは自由度が少なく感じます。

ミディアムでも安定性があるのでフラットトリックもやりやすく感じますし、ランプやボールでも満足いく動きをする事が出来ます。

最後に

最後までお読み頂きありがとうございます。ブッシュの硬さは人それぞれ好みが変わってくると思いますが、自分に合うブッシュを使うと乗りやすさがかなり変わります。

個人的には、ランプもボールもストリートも全てやりたい派なので、ミディアムを使っています。

是非自分に合うブッシュの硬さを見つけて頂き、スケートボードを更に楽しんでもらえたらなと思います!

この記事で、スケートボードのブッシュの硬さについて、お役に立てればと思います。

ABOUT ME
snowbeer
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。夏はスケートボードをして冬はスノーボード。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!