スケートボード

スケボーが下手になった!?トリックが出来なくなるのは、ありがちな事という話!

スケートボードを定期的に滑り続けているのに、今まで出来ていたトリックが出来なくなった!なぜ!?という経験は、スケートボードをやっている人だとありがちな事です。

筆者はスケートボード歴が10年以上で、今でも滑り続けているのですが、出来ていたトリックが出来なくなった事はよく経験しています。

ただ、これは気を落とすような事では無いパターンが多いです!

トリックが出来なくなったのはヘコみますが、実はちょっとした理由で出来ないだけかもしれません。

そして、すぐにトリックが戻ってくるという事も普通にあります。

そこで、そんな経験をしている筆者が、トリックが出来なくなる原因をいくつかご紹介していきます。

良かったら参考にしてみてください。

スケボーのトリックが出来なくなった理由

スケートボードを続けていて意外とあるのが、トリックが出来なくなる事。

滑っている回数が減ったという事でしたら納得できますが、滑り続けているのに出来なくなるのはヘコますよね。

ただ、筆者も滑り続けているのに出来なくなる事があって、そんな時は「これが理由だから仕方ない!」と割り切っています。

結局はすぐに戻ってくるのが分かっているので割り切れるのです。

ですので、出来なくなったからと言って落ち込む必要はありません!

では、どんな理由でトリックが出来なくなってしまうのか、順を追ってご紹介していきます。

スポンサーリンク

パーツを新しくした

スケートボードのパーツを新しくした場合には、トリックの感覚も変わってきます。

感覚が変わりやすいのは、以下のパーツになります。

・デッキ

・トラック

・ウィール

・ブッシュ

こんな感じで、ほぼ全部です。

「パーツ替えただけで変わる!?」と思われる方もいると思いますが、だいぶ変わります!

デッキのキック、コンケーブの違いで変わりますし、ブッシュの微妙な変化で変わったりもします。

特に、今まで使っていた物を限界近くまで使っていた場合は、かなり変わります。

・デッキの弾きが良すぎる

・トラックの高さが変わって弾くタイミングがズレる

・ウィールが大きくなって弾くタイミングが変わる

・ブッシュが硬くなって動きづらい

各パーツを限界まで使い続けるという事は、それだけ消耗して使いづらい物を使っているという事です。

その使いづらい物に体が慣れてしまった結果、新品にした時に体が慣れずにやりづらさを感じてしまうのです。

また、スケートボードを全て新品の物に変えた場合も、慣れていないのでメイク率が下がるなんて事もあります。

こんな感じで、小さい事ですけど、その影響でトリックがメイク出来ないなんて事もあります。

ただ、パーツが変わったとしても、慣れてくれば普通どおりに戻ってくるので安心してください。

スケシューを新しくした

パーツと同じで、スニーカーを新しくするとトリックが出来なくなる事があります。

その理由が、以下のような感じです。

・新品で硬い

・形が違うからいつもの感じではない

特に起こりやすいのが、「新品で硬い」からです。

筆者は、新品の硬いスケシューが苦手なので、普段履きをして慣らしてから滑っています。

それぐらい新品のスケシューは硬くてやりづらいので、トリックのメイク率も下がります。

ガチガチに硬いスケシューだと、動きづらさを感じてしまいますからね。

ただ、新品だとしても、形が違うモデルを履いていたとしても、いつかは慣れてきます。

ですので、慣れるまで滑り続ければ、トリックも戻ってきてくれます。

デッキを濡らした

デッキを濡らしてしまうと弾きが一気に悪くなるので、トリックのメイク率も悪くなります。

実際に筆者もビショビショに濡らした事がありましたが、全然弾かなくなってしまいました。

やはり濡らしてしまうと致命的なダメージになってしまいます。

この場合は交換するしかないので、サクッと変えてしまった方が良いです。

トリックは忘れてしまう

かなりスケートボードあるあるなのですが、トリックをやっていないと体が忘れてしまいます。

例え滑り続けても、やっていないトリックは忘れてしまうのです。

こんな時こそ、「なぜ!?」となって、かなりヘコみます。

これを防ぐ為にも、出来るトリックを置き去りにせず、ちゃんとやっておく事が大切です。

これは筆者にも自分で言い聞かせています。

ちなみに、3日前にやっとメイク出来たトリックをやったら、出来なかったなんて事はザラにあります。

スケートボードは積み重ねが大切という事が、痛いほど身にしみます。

ただ、この場合は、3日前にメイク出来たという事実があるので、自信を持って練習すればすぐに取り戻せます。

滑り過ぎている

スケートボードを滑り続けている人の中で、いつもは2~3時間だけど、いきなり8時間ぐらい滑った人の場合は、脚に疲れがたまり過ぎている場合があります。

筆者なんかもそうですが、長時間滑った後、翌日の朝を迎えると脚の疲れが取れてない事があります。

現在は週1~3日で滑っていますが、それでも長時間滑った次の日は、さすがに脚にきます。

筆者の年齢が30代中盤という事もあると思いますけどね。

ちなみに、疲れが残っていると、こんな感じになります。

・弾く力が弱くなる

・トリックをする時にメリハリがある動きじゃない

・トリックのメイク率が悪い

やはり滑り過ぎると疲れてしまって、次の日にも引きずるという事です。

そんな時は、2~3日ぐらい休めば普通どおりに出来るようになります。

ですので、滑り過ぎて疲れているなと感じていましたら、休む事も大切です。

気分が乗らない

自分のテンションが上がらないと、出来ていたトリックも出来なくなってしまいます。

やはりメンタルは大切な事ですね。

これは筆者も経験している事なのですが、滑りに行って気分が上がらないと、弾く力も半減してしまいます。

また、動きにもメリハリが出ないので、メイクが出来ない事につながっていくのです。

筆者の場合、仕事終わりで滑り行った時にたまにあるのですが、疲れが溜まった状態ですと気分も上がりづらいです。

そんな時は、サクッと止めて帰ってしまう方が良いです。

そして、また別の日に滑った時には、トリックが戻ってきます。

ですので、そこまで気にする必要はありません。

最後に

最後までお読み頂ありがとうございます。スケートボードをやり続けただけ、上達はしてきますが、それでもトリックが出来なくなったなんて事はよく起こります。

筆者も、ノーズマニュアルが初めて出来た時に、嬉しすぎてやり続けた結果、やる回数が減ったテールマニュアルが少し下手になったなんて経験もしました。

自分が悪いんですけどね。

トリックが出来なくなっても、それは決して下手になった訳ではなくて、ちょっとした事だけで今だけが出来ないだけです。

ですので、出来ていた事が出来なくなったとしても、すぐに戻ってきますので、気にせずにスケートボードを楽しみましょう!

この記事で、スケートボードが下手になったかもと困っている方の、お役に立てればと思います。

ABOUT ME
snowbeer
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。スケートボード歴は10年以上。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!