スケートボード

スケボーのデッキテープJESSUPをレビュー!使い続けている理由を紹介します

JESSUPと言えば、表面の粗さが弱めのデッキテープですよね。スケーターなら知っている人も多い有名なブランドです。

筆者はスケートボード歴が10年以上で、現在でも滑っているのですが、使っているデッキテープはJESSUPになります。

今まで違う物に変えた事もあったのですが、それでもJESSUPの方が合っていたので戻ってきた感じです。

そんな筆者が、このデッキテープを使い続けている理由を含めてレビューしたいと思います。

良かったら参考にしてみてください。

スケボーのデッキテープJESSUP(ジェスアップ)を使っている理由

今回レビューするのはこちらです。

スケートボードのデッキテープの中でも使用率がかなり高いJESSUPを筆者は今までずっと使い続けています。

その理由が、以下のような理由です。

・トリックがやりやすい

・ランプなどでも問題ない

・値段が安い(デッキを買えば無料で付いてくる事もある)

・スケシューの消耗が遅い

JESSUPはデッキテープのブランドの中でも、ザラザラが細かめで弱めと言われています。

ただ、弱めと言っても、標準的な粗さで、充分なグリップ力は感じる事が出来ます。

滑っている時に足がズレやすいなんて事も無くて、オーリーをした時でもしっかりとグリップしてくれています。

また、ザラザラが弱めなので、キックフリップなどの回し系のトリックもやりやすいです。

そしてなにより、値段が安いのが良い所!

・参考価格:約1,000円前後

※ショップによって変動あり

安いと言っても大きい差額ではありませんが、デッキテープが付いてこないショップで買う時には、この価格帯が助かります。

ショップによっては無料で付いてくる所もありますからね。

それにプラスして、ザラザラが弱めなのでスケシューの消耗も遅いです。

※消耗が遅いと言っても、スケシューに傷はつきます

トリックをする前の、スタンスを変える時もやりやすいので、個人的にはとても合っているデッキテープだなと感じています。

これが、筆者がJESSUPを使い続けている理由になります。

スポンサーリンク

モブグリップも使った事がある

デッキテープのブランドの中でも有名なモブグリップ。

これも使った事があります。

ザラザラの面が粗目になっているので、グリップ力は抜群でした。

ただ、個人的な意見にはなってしまいますが、このグリップ力の良さが筆者は合いませんでした。

その理由がこちらです。

・グリップし過ぎてトリックがやりづらくなった

・乗っている時の余裕がなくなった

・スケシューの消耗が早くなった

モブグリップがついたデッキ2枚を連続で使っていました。

その期間は、約3か月ぐらいだったと思います。

モブグリップを初めて使った時に、とにかくグリップのすごさを感じたのですが、それが合いませんでした。

JESSUPに比べると、乗っている時のグリップも良くなっているので、そこからスタンスを作る時にやりづらさを感じました。

慣れれば大丈夫かな~なんて思って使い続けていたのですが、それが合わなかった感じです。

もちろん、トリックをメイクする事も出来ていたので、全然使えないという訳ではありません。

ただ、乗っている時に、足の自由がもう少し欲しいなと感じていました。

そして、スケシューの消耗が早かった!

JESSUPを使っていた時と比較すると、消耗するスピードが早くて、補修する回数も多くなりましたし、交換する時期も早くなっていました。

この理由から、筆者はJESSUPに戻しました。

あくまでも個人的な意見になりますけどね。

モブグリップから変えた場合は違和感ある?

あの粗さが好きな人も多いと思いますが、筆者のように合わない方もいると思います。

それでは、ザラザラが細かめのJESSUPに変えたら違和感はあるのか?

・違和感はあります

これは、筆者がそうだったのですが、モブグリップを使ってJESSUPに戻したら、それでも違和感がありました。

モブグリップにも少し慣れていたという感じです。

フリップの足を抜くタイミングなんかも少しズレる感じで、メイク率も下がってしまいました。

グリップ力が下がれば、やはり多少は変わってきますからね。

それでも、数回滑っただけで慣れて元通りになってくれたので、それからは普通どおり滑れています。

また、トリックの前のスタンスを決める時にも、足が動かしやすくなったので、個人的には使いやすさが戻った感じです。

ですので、モブグリップから変えた時には違和感がありますが、もしもJESSUPの方が合っていればすぐに慣れて使えるようになります。

デッキテープによってオーリーの高さは変わる?

デッキテープの粗さによって、トリックをする時に違いは感じやすくなります。

ただし、オーリーの高さに関しては、変わりません。

これは筆者も経験済みなのですが、JESSUPでもモブグリップでも、出せるオーリーの高さは変わりませんでした。

ただ、モブグリップの方が、食いつきは少し良いかなという感じです。

そうは言っても、やりやすいか、やりづらいかは別の話しです。

・高さは変わらない

・モブの方が食いつきの良さは少し感じる

・やりやすさは変わらない

これが、筆者が感じた比較です。

オーリーに関しては、弾き方やタイミングなど、自分のレベルによるという事です。

ですので、デッキテープを変えたからと言って、オーリーの高さは変わりません。

JESSUPが合いやすい方

JESSUPのデッキテープは、このような方に合っていると感じています。

・乗っている時にスタンスを変えやすい方が良い

・スケシューの消耗を遅くしたい

・フリップなどのトリックで足が抜きやすい方が良い

・安くて安心して使える物が良い

このような方には合いやすいデッキテープになります。

JESSUPのデッキテープは弱めと言われていますが、言っても1番標準的な粗さですからね。

スケートボードをする上では何も問題ありませんし、使いやすいデッキテープだと感じています。

最後に

最後までお読み頂きありがとうございます。JESSUPのデッキテープはずっと使い続けていますが、やはり自分には合うなと感じています。

もちろん、モブグリップの方が合うという方もいます。

この辺りは人によって感じ方は変わってきますからね。

ただ、もしもJESSUPを使おうか悩んでいましたら、ここにも何年と使っている人がいますので、使ってみてもアリだと筆者は感じています。

この記事で、JESSUPのデッキテープに悩んでいる方の、お役に立てればと思います。

ABOUT ME
snowbeer
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。スケートボード歴は10年以上。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!