ボードケース

ソールカバーとニットケースの違い、おすすめも紹介

皆さんはスノーボードの板を何に入れて移動していますか?いちがいに移動中のボードケースと言っても電車移動と車移動、バス移動と様々だと思いますが、今回は車での移動時にとても便利なソールカバーとニットケースについてお話しさせていただきます。

車での移動の際や、ボードケースに収納する際にも、板のエッジで他の物を切らない予防や、スノーボードを衝撃から守ってくれるソールカバーやニットケース。

板を買ったら1枚は持っておきたいアイテムの1つですよね。

筆者は以前、スノーボードショップでゴーグルやグローブ、ボードケースなどのアクセサリー担当として働いていた経歴があるのですが、ソールカバーとニットケースの違いを聞かれる事もよくありました。

そこで、ソールカバーとニットケースの違いや、選び方、おすすめの物をご紹介していきます。

よかったら参考にしてみてください。

ソールカバーとニットケースの違いと選び方

ボードケースに入れる時や、自宅での保管にも使えるソールカバーやニットケース。

オフシーズン中でもスノーボードのソール面(滑る面)の酸化防止もしてくれるので、必ず1枚は持っておきたいカバーです。

そんなソールカバーとニットケースは以下のような違いがあります。

スポンサーリンク

ネオプレン素材(ソールカバー)

サーフィンやダイビングのウェットスーツに使用されている伸縮性、耐久性に優れた素材で作られているのがソールカバーです。

ゴムのような素材で作られているので、渇きづらさがデメリットですが、素材の性質上、耐久性に非常に優れています。

性質上、サイズ的には短めに作られているので、板を入れる時にはカバーを伸ばしながら入れるのが基本です。

ニット素材(ソールカバー、ニットケース)

素材の柔らかさを利用した伸縮性、通気性に優れた素材なのがニットケースです。

ネオプレン素材よりは耐久性が落ちますが、柔らかいので収納のしやすさ、また通気性に優れているので乾きやすさが特徴です。

カバーは渇きやすいですが、滑り終わった後の帰宅時はカバーから板を取り出し、板、ケースの両方とも乾かしてから収納しましょう。

乾かしていない状態で放置しますと、ボードのエッジが錆びやすくなってしまいます。

どちらの方が良いの?

どちらにもメリット、デメリットがあるので、基本的には、どちらの方が良いという事はありません。

ですので、デザインの好みとかで選んでしまって大丈夫です。

正直な話、ソールカバー、ニットケースのどちらを選んでも板を守ってくれますし、せっかく選ぶのであれば自分が気に入った物を選んだ方がいいと思います。

強いて選び方を言うのであれば、

・あまり力を入れて収納したくない方 → ニットケース

・しっかりと板を包んでくれるのが良い方 → ソールカバー

こんな感じなります。

ソールカバーの場合、伸縮性はありますが、新品の頃は硬い場合があって、少し力を入れないと入らない時もあるので、簡単に入れたい場合はニットケースがおすすめです。

ただ、ソールカバーも馴染んでくれば少しづつ柔らかくなって、入れやすくなるので、最初の頃だけの話になります。

オススメのソールカバー、ニットケース

それでは、ソールカバーとニットケースのおすすめをご紹介していきます。

選ぶ際の参考にしてみてください。

BURTON(バートン)

耐久性に非常に優れたネオプレン素材に、ノーズとテールの先端に補強がされている耐久性に非常に優れたカバーです。

ダブルクッションが付いた取り外しが出来るショルダーストラップと、リュックタイプになる収納式バックパックストラップも付いているので移動時にとても便利なソールカバーです。

eb’s(エビス)

・KNIT COVER

ポリエステル製の伸縮性がある柔らかい素材なので収納、取り出しが簡単にでき、通気性があるので乾きやすいカバーです。

ノーズとテールの裏地には補強がされているので、耐久性にもすぐれています。

別売りにはなってしまいますが、リュックタイプになる「BACK BELT」を使用する事により移動時も便利で、デザインも豊富に展開されているので、お気に入りの1枚が見つけやすいソールカバーです。

(こちらの商品名はKNIT COVER―○○○○と何種類かありますが、それぞれデザインが違うだけで、品物は全く同じ商品です。)

・KNIT SACK

伸縮性に優れたポリエステル素材のカバーです。

片方の入り口から板を入れ、入り口を紐で絞るだけで簡単に収納ができます。

先端の部分には補強がされているので、エッジなどでの穴あきを防止してくれます。

サイズが1サイズのみの展開なので、サイズを気にせずに購入する事ができます。

・TONGARI KNIT

パウダーボード用の先端が尖ったニットケースです。

ノーズの先はポリエステル素材で補強されているので、エッジで切れるのを防いでくれます。

KNIT SACKと同様に、ボードを入れて入り口を絞るだけで簡単に収納する事ができますし、170cmと長めなので短い板でも収納する事ができます。

その他にもいくつか

上記のブランド以外にもおすすめを幾つか。。。

・orange

スノーボードのアクセサリーブランドorange(オレンジ)のソールカバーです。

・VOICE

VOICE(ヴォイス)のソールカバーは、リュックベルトがついています。

SALOMON

老舗ブランドSALOMON(サロモン)のソールカバーです。

GLASSY

カラフルなデザインが多いGLASSY(グラッシー)のニットカバーです。

VAXPOT

値段を抑えた商品が多いVAXPOT(バックスポット)のソールカバーです。

最後に

最後までお読み頂き誠にありがとうございました。ちなみ筆者の私はネオプレン素材のソールカバーを使用しております。ピッタリしてて持ちやすくていいのでネオプレン素材の物を使っています。また、電車や新幹線で行く時にもネオプレン素材のソールカバーで行ってしまいます。ちなみに、働いてた時によく売れていたのはやはりボードケースでしたね。ボードケースの話はまた別で詳しく。。。

ABOUT ME
snowbeer
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。スケートボード歴は10年以上。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!