スケートボード

1人スケボー(スケートボード)は恥ずかしくない!ヒトリストのススメ!!

先日、友達と飲みに行った時に「スケートボードしに1人で行く?」との質問が突然きました。

その友達はスケートボードをやった事がないのですが、以前はスノーボードへ頻繁に行っていました。

ここ数年は仕事や色々な事情でほぼスノーボードへ行けておらず、最近になってスケートボードを初めて見ようと思っているとの事でした。

友達は特にスケートランプに興味があるようなのですが、初心者の友達は一人で行くのに中々勇気が出ないと・・・

この質問に対して現在30代中盤の筆者の回答は「もちろん行く!」です。

私、筆者はスケートボードのレベル(スノーボードもですが・・)は決して高くはありません!

ただ、数年前に1人で滑り始めた事によってレベルは上がりましたし、何よりスケートボードを一緒にする友達や仲間が確実に増えました。

ここでは実際に筆者が1人で滑っていた経歴をご紹介し、1人でスケートボードへ行く事を悩んでいる方のご参考になればと思います。

1人スケートボードは恥ずかしくない!

まず始めに、筆者のスケートボードを始めた頃を軽くご紹介したいと思います。

筆者は数年前までスノーボードショップで働いていた経歴があります。

20代の中盤の頃、その時に一緒に働いていた友達にスノーボードのオフトレとして勧められスケートボードを始めました。

もちろん最初の頃は板に乗るだけでアタフタして全然滑れない状態です。

練習していると徐々に出来なかった事ができるようになり、それが嬉しくて、楽しくて、気付いたらスノーボードのオフトレどころか、趣味としてスケートボードにハマってしまいました。

ただ、その時に一緒に滑っていた友達たちは、同じショップで働いていたので家も近くありません。

ですので、始めたばかりの筆者は家の近所でスケートボードを出来る場所も知りませんでした。

もちろん友達と休日を合わせて滑りに行く事はありました。

しかし、中々時間が合わず、たまにしか滑らなかったので、練習する時間が短く上達も全然しない平行線を辿るまま・・・

そんな時に、近い訳でもない所でしたが、通える範囲で夜でも明るく、人通りも少ない1か所の広場を見つけました。

そして、調べたら遅くまでやっている室内ランプがある事を知り、そこに仕事終わり等、空いている時間に行くようにしてみました。

最初に通い出した頃は1人だったので気分も上がらず、楽しくも無く、なあなあで滑って、すぐに帰る・・的な感じでした。

これじゃあ意味がないと思ったので、その時の気分で時間や目標を決め、黙々とひたすら練習をしていました。

その時に決めていた目標がこちらです。

・オーリーを30回は練習する

・1時間は絶対にやる

・物(空き缶など)を飛べるまで帰らない

などなど

目標を決めると、あーでもない、こーでもない、こーやってみようと色々考えながら練習するようになります。

その結果、周りの目が気にならない状態で、すごい転び方をしたとしても恥ずかしさが無くなっていました。

広場の場合、帰宅しているサラリーマンの人等が道を通っていましたが、筆者が滑っているのは特に気にしてなかった様子です。

筆者の場合は、この広場と、室内ランプを日によって変え、その時の気分で行き来していました。

こんな感じの事を1人で繰り返していたら、ちょびっとずつではありますが、レベルが上がってきたのが実感できました。

そして、室内ランプにはレベルが高い人、仲間でワイワイやっている人等、様々な人達が居ましたが、上手な人、初心者の人に限らず1人で来ている方もよくいました。

筆者は上手ではないので、小さめのランプで黙々と1人で練習をしていたのですが、ある時、声をかけてもらいました。

「こーした方がやりやすいですよ。」

その人も1人で来ていたらしいのですが、レベルが高い人に教えてもらう事が出来ました。

それからは色々と話したり、別の日にその人の友人を紹介してもらったりして一緒に滑るようになりました。

また、他の1人で来ていた人で、筆者が出来る技を練習している人に、やり方のコツを聞かれた事もあります。

通っていたら様々な人と顔見知りになり、いつしかこの室内ランプに来たら1人で滑るのが少なくなっていました。

 

そして、広場の方でもある時、他のスケーターの人が来て、「ここ滑れるんですか?」と声をかけてくれました。

その人曰く、近くでスケートボードを出来る所を探しており、前に筆者が滑っているのを車の運転中に見つけたので来てみたとの事。

その人は筆者よりレベルは上の人でしたが、とても気さくに話してくれて、技を教えてくれたりしながら、一緒に滑るようになりました。

連絡先も交換し、それからはその場所へ行けばその人もたまにくる環境となって、一緒に滑る友達になり、その友達の友達も紹介してもらったりしました。

また、他の人で先程の人と同じように、広場で滑っているのを見て声をかけてきた人もいます。

それからは、一緒に滑るようになった友達もでき、一緒に食事や飲みに行くようにもなりました。

ここの広場で起きたのはかなりの偶然な出来事かと思いますが、1人で場所を探し、1人で練習していたおかげだと感じています。

現在30代の筆者ですが、あの時の1人行動で様々な友達ができ、その友達たちのお陰でスケートボードの上達も早くなり、スケートボードが始めた当時より更に楽しくなりました。

スケートボードを通して出来た友達の中には40代で始め、今ではかなり上達している友達も何人かいますし、今でも筆者と同じ30代で最近スケートボードを始めた人と出会ったりします。

みんな職業もバラバラで、筆者的にはスケートボード以外では出会わない人ばかりだな~と思っており、色んな話も聞けておもしろいです。

筆者の個人的な考えですが、なあなあで1人で滑るのでは無く、目標を決めて1人で黙々と練習すると集中力も上がって、恥ずかしさも消えていきます。

集中した方が上達の近道にもなりますからね。

そして、屋外、室内に限らずスケートパークに行くと、一緒に滑る友達や仲間が出来るきっかけにもなりやすいです。

1人だとどーしても気分が上がらず、始めたばかりだから迷惑にならないか・・や、恥ずかしいと思った事もありました。

ですが1人で滑る事は決して恥ずかしい事では無く、むしろ筆者は下手という事に自身を持って滑るようにしました。

下手に自身を持てば、「下手だから・・」と弱気になるのでは無く、「自分は下手!周りは自分より上手な人ばかり!だから練習しよう!」という気持ちになってきて、恥ずかしさよりも滑りたいという気持ちが強くなりました。

そんな感じで、ひたすら練習している技が出来たりすると、すごい技でもないのに話した事も無い人に「やりましたね!」と声をかけてもらう事も少なくありません。

スケートパークには上手い人、初心者の人関係無く、1人で滑りに来ている方はかなりの確率で居て、個人的には1人でスケートパークに滑りに行くと話しかけてもらえる確率も高くなる気がします。

実際、筆者は1人で滑りに来ている方の方が話しかけやすいです。

滑れる環境があり、1人でスケートボードへ行く事に悩んでいましたら、是非行ってみる事を強くオススメします!!

悩んでいるのなら、とりあえず行ってみましょう!!

スポンサーリンク

最後に

最後までお読み頂きありがとうございます。これは筆者がスケートボードを始めた頃の話しになりますが、この1人で滑るという経験をして本当に良かったなと感じています。

むしろ、この経験がなかったらレベルも全然上がらずに、ここまでの楽しさを理解できなかったと思います。

初心者の頃に1人で滑るのは確かに勇気が必要です。

これは筆者も経験したのでよく分かります。

ただ、滑れる環境があるのでしたら、本当にやった方が良いと筆者は感じています。

もちろん、大人だろうと、年齢問わずです。

もしも行こうか悩んでいましたら、ぜひ行ってみてください!

ABOUT ME
snowbeer
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。スケートボード歴は10年以上。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!