カルチャー・その他

スノボの魅力を経験者が紹介!何が楽しいのか?なぜハマる人がいるのか?

スノーボードって何が楽しいの?なんであんなにハマる人がいるの?なんて思う方も少なくはないと思います。とくに、これから始める方や、始めたけど楽しくなかったなんて場合でしたら疑問に思いやすい所ですよね。

このブログを書いている筆者は、スノーボード歴が20年ぐらいで、ショップ店員の経験や、シーズン中にスキー場周辺にアパートを借りて、ほぼ毎日滑るなんて経験もしています。

更には、夏には室内ゲレンデに行くというハマりようです。

現在では都内から滑りに行っているのですが、今までずっと続けてきました。

その理由が、スノーボードには魅力がたくさんあって、行けば楽しいからです。

そして、上達すればするだけ楽しさが上がってくるからです。

もちろん、始めたての頃はこんなにハマるとは思ってもいませんでしたし、興味本位で始めたぐらいです。

そして、「こんなの何が楽しいの?」なんて思った事も正直ありました。

ただ、それでも続けていくうちに徐々にハマっていき、最終的にはショップ店員やスキー場周辺に住み込むなんて事になってしまいました。

それだけ魅力があるなと感じていますし、今でも「滑り行きたいな~」なんて思う事が多々あります。

そこで、そんな筆者が、スノーボードにはどんな魅力があるのか、感じている事を書いていきたいと思います。

よかったら参考にしてみてください。

スノーボードの魅力を紹介!

スノーボードには、色々な魅力があります。

それは、スキー場で滑っている時の魅力もありますし、その後の楽しみにもあります。

言ってしまえば、スノーボードの魅力はスキー場以外にもあるという事です。

スノーボードというか、スキー場へ行く事での魅力というとらえ方もできますけどね。

ここでは、そんな魅力について色々とご紹介していきます。

スポンサーリンク

滑っている時が気持ち良い

もうこれで終わってしまいそうですが、滑っている時の気持ち良さが最大の魅力だと感じています。

ようするに、滑っているだけで楽しいのです。

スノーボードがある程度滑れるようになれば、確かに色々な楽しみ方もできます。

例えば、このような感じです。

・キレイな滑り方をしたい

・スピードを競うようなレースが好き

・ジャンプや回ったり技を習得するのが好き

・フワフワのパウダースノーを滑りたい

などなど・・・

このような感じで、滑れるようになってくると人それぞれ楽しみ方があって、楽しみ方は色々と別れたりもします。

ただ、結局スノーボードの1番の魅力は、滑っている時の気持ち良さが1番かなと筆者は感じています。

もちろん、ジャンプをした時の気持ち良さや、技が成功した時の達成感なんかもあります。

とは言っても、やはり大前提として滑っている時の気持ち良さ、楽しさがあり、そこから更に楽しむことをみつけたという感じです。

ブワーっと広い大自然のゲレンデ内でゆっくり滑ったり、少し早めの疾走感だったり、この楽しさはスノーボードでなくては味わえません。

ですので、「スノーボードの魅力って何?」と聞いた時、「滑っているだけで楽しいんだ~」と答える人は多くいるはずです。

練習している事が出来た時の「自分越え」

スノーボードには、スピードを競ったり、技を習得したりと、色々な遊び方があると先ほど書きました。

それを達成するまでには、やはりそれなりな練習量と努力が必要です。

そんな練習や努力をして、自分の目標を達成できる「自分越え」をした時はかなりうれしい事です。

・「自分越え」とは、今まで出来なかった事が出来るようになった時の、今までの自分を超えたという意味

これは、初心者から上級者までレベルを問わず、色々な所で達成できる事になります。

例えば、このような感じです。

・スノーボードの初歩「木の葉落とし」を卒業した

・苦手だったターンが出来るようになった

・転ばずに1コースを滑る事ができた

・できなかった技が出来るようになった

・スピードで今までの自己ベストが出た

・オーリー(ジャンプ)が少し高くなった

こんな感じで、できなかった事が出来るようになる達成感は誰でもうれしい事です。

スノーボードの場合、「完結」という概念が基本的にないので、いつまでも新しい事にチャレンジする事ができます。

それは、いつまでも成長する事ができて「自分越え」を楽しみ続ける事ができるという事でもあります。

スノーボードに限らず、どんな事にでも言える事ですが、やはり「自分超え」はいつまでも楽しいものだと感じています。

楽しみ方が天気に合わせて変えられる

スノーボードは大自然の雪山で滑る遊びなので、日によって天気も変わりますしゲレンデ内の雪質も変化します。

その影響で、同じスキー場に行ったとしても、違った遊び方をすることが出来るのです。

例えば、このような感じです。

・雪が降っている日は、フワフワなパウダースノーでの気持ち良さ

・晴れている日は、キレイな絶景の中で滑れる気持ち良さ

雪が降れば新雪を滑る事が出来るので、そのフワフワ感が楽しいのです。

しかも、フワフワなだけではなく、ゲレンデ内がボコボコと荒れていないので、かなり滑りやすい状況なのです。

これは、埋まってしまうような深い新雪ではなく、板が隠れるぐらいの低い新雪だけでも楽しいです。

そして、晴れている日は視界もバッチリと見えて、景色も最高です。

そんな最高の景色の中、ゆっくりと遊びながら滑ったり、少し早めのスピードを出しながら滑る疾走感はたまりません。

と、このような感じでその日の天気に合わせて1つのスキー場だけで楽しめるというのも魅力の1つだと感じています。

そして、このような遊び方もスノーボードでしかできないなと感じています。

「いや、寒いのは嫌だよ」なんて意見も出てくるとは思いますが、ちゃんと着込めば意外と寒さはなんとかなります。

高機能で高価な物を買わなくても、温かくする事はできますので、そのような物を着れば寒い雪が降っている日でも楽しむ事は出来るのです。

今まで「寒過ぎてもう嫌!」なんて思いをしていましたら、着る物を変えるだけで快適になる場合もあります。

よかったらこちらを参考にしてください↓

スキー場での防寒対策のおすすめ方法!寒い吹雪でも滑っているので紹介します!元スノーボードショップ店員だった筆者が、スキー場での防寒対策の方法をご紹介していきます。スキーやスノーボードへ行く時に大切なのが、防寒の対策です。寒いスキー場へ行く時に、どんな事に気を付けて対策をすれば良いか、参考にしてみてください。...

スキー場周辺にある美味しい食べ物

スキー場周辺には、普段食べる事が出来ないような、美味しい物を食べる事が出来ます。

とくに、都会や街中の周辺に住んでいる場合では、なかなか味わえない新鮮でおいしい物を食べられます。

しかも、現地で調達している物の中には、安くておいしい物も出てきます。

お米、蕎麦、山菜、キノコ、肉など、やはり普段食べている物とは違います。

しかも、これをスキー場にあるレストランでも提供している所がたくさんあるのです。

旅行感もあるので美味しく感じるという事もあると思いますが、美味しい物はやはり美味しいです。

これも含めて、スノーボードへ行く魅力だなと感じています。

温泉に入れる

スノーボードに限らず、旅の楽しみと言えば温泉ではないでしょうか。

スキー場の周辺には、日帰りでも入れる温泉施設もありますし、滑って疲れている体には最高です。

しかも、宿泊の場合でしたら温泉後の美味しいお酒や料理と、最高の贅沢です。

・滑って疲れる → 温泉に入る → 美味しい料理 → 爆睡 → 最高!

日帰りの場合でも、広い温泉に入れるだけで最高に気持ち良いです。

ちなみに、筆者は日帰りでも温泉に入ってから帰る事が多いです。

滑って終わるだけではなく、温泉に入って疲れを癒せられるのもスノーボードの魅力だなと感じています。

都会から離れてリフレッシュできる

普段、都会や街中で働いている人にとっては、スキー場へ行くだけで気持ちのリフレッシュにもなります。

スキー場の広いゲレンデや、リフトに乗っている景色は都会や街中では絶対に観る事が出来ません。

やはり広大な大自然を目の前にすると気持ちが良いものですし、つい写真を撮りたくなったりもします。

筆者も都内で働いていますが、白銀の大自然を見ると気持ちがリフレッシュされます。

そして、その大自然の中で滑るスノーボードは最高です。

友達や仲間が増えやすい

スノーボードを続けていると、意外とあるのが友達や仲間が増えやすいという事です。

筆者の場合は、スノーボードショップ店員の経験、シーズン中にスキー場周辺に住むという経験をしているので、これは普通にできました。

ただ、ショップ店員を辞め、次の職場で働きだした時も、「スノーボードをやった事がある」という理由で話しかけられた事がありました。

そして、一緒に滑りに行ったという経験もしています。

意外とスノーボードをやっている人は多くて、共通の話題が出来て仲良くなったりする事もあります。

また、SNSを見れば、スノーボード好きの人はたくさんいて繋がりやすい世の中でもあります。

ショップやスキー場などが開催するイベントに行けば、仲良くなりやすいのも確かです。

もちろん、ある程度の経験値を積み、友達を作ろうとする行動も必要になってきます。

でも、職場でつながる場合は自然とつながれますし、SNSという繋がりやすい環境もあります。

経験値を積む必要があるとも書きましたが、すごく上手くなる必要もありません。

好きな趣味同士の友達や仲間が造れるのは他の趣味でもできますが、スノーボードも例外ではないです。

スノボー友達や仲間の作り方の提案をまとめてみました!スノーボードを一緒に楽しむ友達や仲間の作り方の提案を、スノーボード経験者がまとめてみました!スノーボードで遊ぶ時には誰かとワイワイやりながら楽しみたい誰しもが思う事だと思います。ただ、どのようにすれば増やせるのか難しい所ですよね。そこで、色々と提案をまとめました。...

最後に

最後までお読み頂ありがとうございます。スノーボードの魅力を、筆者の気持ちのまま書いてきましたが、結局は滑るだけで楽しいのが1番の魅力かなと感じています。

あの真っ白い雪の世界で、広いゲレンデ内を滑るのは最高です。

初めの頃は出来なかったり、寒かったりと、面白みが分かりづらいのも事実かなとも感じています。

ただ、続けていくうちに出来るようにもなってきますし、温かい快適な物もたくさんあります。

スノーボードの始めた頃の場合、気づきづらい魅力もあるので、ぜひ続けていただき、スノーボードの本当の魅力を知ってもらえたらなと思います。

この記事で、スノーボードの魅力について、お伝えできればなと思います。

ABOUT ME
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。スケートボード歴は10年以上。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!