カルチャー・その他

スノボー友達や仲間の作り方の提案をまとめてみました

スキー場に行くまでの間や、スノーボードで遊ぶ時には友達や仲間と楽しみたいですよね。1人で滑っていても楽しいスノーボードですが、やっぱり友達が欲しい!と思う方もいると思いますし、中には友達や仲間がいないからスノーボードを辞めてしまおうかと考えてしまう人もいると思います。そこで、この記事を書いてみました。

あくまでも、筆者の提案をまとめた記事なので、どれも共感できないという人もいるかもしれませんが、大好きなスノーボードを友達がいないという理由だけで辞めてしまうのはもったいないと思いますし、楽しいスノーボードをより一層楽しむお役にたてればなと思います。

筆者は以前スノーボードショップで働いていた経歴があるのですが、その時の経験や、それ以外の経験を所々に踏まえながらご紹介したいと思います。

スノーボード友達を作ってスノーボードをより楽しんで頂きたいと思います。よかったら参考にしてみてください。

スノボー友達や仲間の作り方の提案

スポンサーリンク

SNSやコミュニティサイトで探す

数年前から主流の探し方がこの方法です。インターネットで自分と同じ考えの一緒にスノーボードに行きたい人を探せるのでとても便利です。

自分が住んでいる所の近くで探しやすいサイトや、車の相乗りができる提示版などもあるので、一緒にスノーボードを楽しむ友達や仲間が探しやすいです。

ただ、まったく自分とは合わない人や、悪質な人とも出会ってしまう可能性もあるので、連絡先をすぐ教えないようにし、コメントや対応に十分に注意してから連絡を取り合う事をオススメします。

スノーボードショップのイベントに参加する

スノーボードショップが開催しているスノーボードDVDの試写会や、スノーボードショップ主催のスノーボードツアーなど、色々なイベントに行ってみると実は一人で来ている方もいます。

スノーボード関係のイベントに参加しに来ている人なので、もちろんみんなスノーボードが好きな人ですし、相手の顔を見て接する事もできるので、安心して話しやすいと思います。

また、もし一人で参加しているのが自分だけでも、ショップのスタッフに話しかければ孤独感を感じる事も少なくなりますし、友達と来ている人に話しかけちゃうのも有りだと思います。

スノーボードショップが開催するイベントは友達や仲間を作るにはかなり有効なので、とてもオススメです。

バスツアー会社が企画しているイベントに行く

スノーボードのバスツアー会社が企画しているイベントがあります。

その中には「1人旅ツアー」「ゲレ友作ろう」という企画のバスツアーがあるので、そのような企画に参加すれば友達や仲間が作りやすくなります。

同じ好きな趣味なので話も合いやすいですし、来ている人も1人なので話かけやすくなります。

また、バスツアーなので集合場所に来れる近さの人が集まるのでツアー終了後でも遊びやすくなると思います。

スノーボードを滑りながら友達をつくる事ができるおすすめの方法です。

開催しているバスツアー

【トラベックスツアーズ】

【四季倶楽部】

スノーボードショップでアルバイトする

スノーボードショップでアルバイトするとかなりの確率で友達や仲間ができます。むしろ必ずと言ってもいいぐらいの確率でできます。

筆者自身もスノーボードショップで働いていた経験がありますが、ショップを辞めた現在でも働いていた時にできた友達たちや先輩とスノーボード以外でも遊んだり集まったりしてますし、よく連絡を取り合っています。

実際、当サイトは筆者と、管理を担当しているsnowgoat氏の2人で運営しているのですが、筆者たちの出会いも同じスノーボードショップで働いていた時でした。

また、同じスノーボードショップで出会ったアルバイトが何年後かに結婚したというのもあります。筆者が知っているだけでも数組いまして、結婚式に参列した事もあります。

スノーボード好きが集まって仕事をしているので、仲間意識も強くなりますし、話しもあたりまえのように合いやすいです。もちろん働きに行くので仕事はしなくてはいけませんが、かなりの高確率で仲間はできます。

1年間の内で期間が決まっている所が多いですが、スノーボード用品の知識が全く無くても詳しくなれますし、仲間もできるオススメの方法です。

リゾートバイトに行く

この方法も先程の「スノーボードショップでアルバイトする」と同じでかなりの高確率で友達ができます。

リゾートバイトなのでスノーボードもたっぷりと滑る事ができますし、何よりほぼ誰かと滑る事ができます。移動費や生活費の出費もほぼ無くスノーボードが楽しめるうえに、友達や仲間が増えるのでかなりオススメです。

スキー場近くに移住する

長野県や新潟県などのスキー場の近くに移住してしまう方法で、友達、仲間作りどころか、むしろ生活を変えてしまう方法です。

スキー場近くに移住して働いてしまえば、同じようにスノーボードが好きで移住して生活をしている人もいるので、自然と友達や仲間が増えます。

実際に、筆者の友達や先輩も長野県や北海道に移住してしまった人が何人かいます。就職している人もいますし、夏は畑仕事や他の仕事をしつつ、冬は別の仕事をしている人もいます。みんなスノーボードが好きで移住しました。

かなり大きい決断が必要な方法ですが、確実に友達や仲間ができる方法です。

働いている職場で見つける

現在働いている職場でスノーボード仲間を見つける方法で、実際にsnowgoat氏はこの方法でスノーボード友達が増えました。

職場にもよってしまいますが、現在働いている職場で、自分が関わっていない部署や話した事が無い人にスノーボード好きな人がいる確率はあります。

すでに職場の人は全員知っているよ!って事でしたら無い話しになってしまいますが、まだ知らない人がいる職場でしたら、確率はかなり低いですが、もしいたらラッキーって気持ちで探してみるのはいかがでしょうか。

スケートボードを始めてみる

この方法は実際に筆者が体験した方法です。

筆者はスケートボードも趣味の一つなのですが、スケートボードを始めて気づいた事が、スケートボードをしている人の中にはスノーボードをしている人が思っていたより多かった事です。

むしろ、スノーボードのオフトレとしてスケートボードをしている人もいます。以前の記事にも書いた事があるのですが、筆者はスケートボードを通して仲良くなった友達たちとスキー場にスノーボードを滑りに行った事があります。

その時の記事はこちら
【スケボーがスノーボードのオフトレどころか趣味になっています。】

なかなか最初の一歩が出しづらい方法ですが、筆者個人としてはとてもオススメの方法です。

【関連記事】

【1人スノボはこんな感じ!新幹線で行くヒトリストの日帰りGALAスキー場での1日】

【1人スノボバスツアーはこんな感じ!1日の流れをご紹介します】

最後に

最後までお読み頂きありがとうございました。いくつか提案をしてみましたが、いかがでしたでしょうか?もしこの記事を読んでいただいて1つでも試してみようかなと思って頂ければ嬉しいです。スノーボード仲間を増やしてスノーボードをよりいっそう楽しみましょう!

ABOUT ME
snowbeer
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。夏はスケートボードをして冬はスノーボード。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!