ゴーグル

DICEのJACKPOT(ジャックポット)をレビュー!使い心地や着けた感じなど!

スキー、スノーボードゴーグルブランドDICEのJACKPOT(ジャックポット)をスキー場で実際に使ってきました!

今回筆者は、スキー場で開催されたスノーボード試乗会でこのゴーグルを使ってきました。

ミディアムサイズで、男性、女性問わず使いやすい大きさのJACKPOT。

見やすさや使いやすさは、国産ブランドながらの良さを感じるゴーグルでした。

そこで今回は、以前スノーボードショップでゴーグルやグローブなどのアクセサリー担当として働いていた経歴を持つ筆者が、JACKPOT(ジャックポット)を色々とレビューしていきます。

良かったら参考にしてみてください。

DICE(ダイス)のJACKPOT(ジャックポット)をレビュー!

今回レビューするのはこちらです。

ミディアムサイズ、フルフレームタイプのJACKPOT

実際に付けてみると、さすが国産ブランドのDICEだなと感じるぐらいフィット感は良かったです。

日本人の顔の骨格を基準に作られているので、海外ブランドとは違うフィット感の良さを感じる事が出来ました。

国産ブランドが手掛ける、まさに「ジャパンフィット」といった感じです。

また、顔に付くスポンジも柔らかめで、触り心地が良い物が使われているので、着け心地も良かったです。

ゴーグルを着けた時の視界に関していうと、特別広いという感じはしませんでした。

ミディアムサイズのゴーグルなので、この辺りはしょうがない所かなといった感じです。

また、個人的な意見でいうと、滑っている時に両端の上部分が少し気になりました。

気になった理由は、下の写真の部分が視界に入ってきたからです。

両端の上部にある、通気口の部分が滑っている時の視界に入ってきたのが少し気になりました。

もちろん、すごく邪魔をしてくる感じではないので、全然気にならない人も多いと思います。

ただ、個人的には気になる感じがしました。

とは言っても、滑るには十分な視界を確保してくれています。

ゴーグルの上部を見てみると、普通のメッシュ生地ではなく、頑丈な造りのメッシュ生地が使われていました。

「CLARITEX MESH」という、撥水性、防汚性に優れた生地になります。

ここが頑丈になっている事でメッシュ生地が破れづらくて、ゴーグルも長持ちしやすいです。

また、撥水性の特徴があるので、普通のメッシュ生地と比べると、雪が着きづらくて凍りづらくもなります。

その結果、ゴーグル内の換気もしやすく、「くもり防止」にもつながってくれるという特徴もあります。

こういう所もDICEの良さを感じます。

そして、ベルトにはバックルが使用されています。

バックルタイプなので、ゴーグルの付け外しもやりやすいですし、ベルトの裏側にはシリコンが付いているので、ゴーグルがズレるのを防いでくれます。

また、シリコンが付いている事で、転んだ時にゴーグルが飛んでしまう事もできるだけ抑えてくれる性能があります。

とは言っても、激しく転んでしまえば、いくらシリコンが付いていても飛んで行ってしまいますけどね。

それでも有るのと無いのでは変わってきます。

JACKPOTにはDICEの従来からの技術である、レンズに撥水性を持たせる「CLARITEX COAT」もされていますし、レンズ内側には「PREMIUM-ANTI-FOG」もされています。

・「CLARITEX COAT」とは、レンズ外側にされているコーティングで、レンズについた水分を吸いつけずに、すぐに水分をはじく性能。

・「PREMIUM-ANTI-FOG」とは、DICEの親会社である日本の眼鏡、サングラス、ゴーグルの専門企業「山本光学」が開発した、曇り止めに特化した技術。

※詳しくはDICE公式サイトをご確認ください。

デザイン的にもシンプルな感じで合わせやすいですし、DICEの技術が組み込まれた使いやすいゴーグルだなと感じました。

スポンサーリンク

JACKPOTのレンズ交換は簡単か?

JACKPOTのレンズ交換は簡単なのか、実際にやってみました。

レンズ交換は、マグネットやワンタッチで外せるタイプではなく、凹凸を合わせて交換する標準タイプになっています。

ですので、「簡単にできるか?」と聞かれると、「慣れが必要なタイプ」というのが答えになります。

今では交換に1分もかからないぐらい簡単にできる物もありますので、それと比べると簡単ではありません。

とは言っても、マグネットやワンタッチのタイプが出てくる前は、これが標準ですし、慣れてしまえば交換もすぐに出来ます。

ちなみにですが、レンズ交換に慣れている筆者がやってみたら、5分以内で完了する事が出来ました。

はじめの方は少し難しく感じるかもしれませんが、慣れさえすれば誰でも交換する事ができます。

JACKPOTはヘルメット対応?

JACKPOTはヘルメットに対応しやすいように、両端のベルト付け根が動くように造られていました。

ここが動くことでヘルメットの淵に当たらず、ゴーグルを付けた時に浮かないようになっています。

ただし、ベルトの長さに関して言えば、長いとは言えません。

ですので、ヘルメットの上から着けた場合、人によってはゴーグルの圧迫感を感じる可能性があります。

また、後ろがバックルのタイプになっているので、ヘルメット裏についている「ベルト止めのストラップ」にハマらない事もあります。

これを防ぎたい場合には、別売りの「延長ストラップ」を用意した方が良さそうです。

【DICE】ゴーグル 延長ベルト BH9

DICE「JACKPOT」レビューのまとめ

DICEのJACKPOTを実際に使ってみて感じたのが、シンプルながらDICEの使いやすさがある良いゴーグルだなと感じました。

フィット感も良かったですし、レンズに関しても見やすかったです。

とは言っても、滑っていて両端の上部が個人的に少し気になる所や、レンズ交換がはじめは難しく感じやすいという点もありました。

ただ、視界が狭いという事もありませんでしたし、DICEの技術が詰まったゴーグルなので、総合的に見れば良いゴーグルでした。

シンプルかつ性能が良いゴーグルを探している方には合いやすいゴーグルだなと感じます。

最後に

最後までお読み頂きありがとうございます。DICEのゴーグルは今までいくつか使ってみた事がありますが、フィット感の良さやレンズの見やすさは、さすが国産ブランドだなと感じます。

日本人の骨格や瞳、日本の雪山に合わせて造られているのがDICEの良さでもありますからね。

JACKPOTに関しても、その技術が使われていますし、デザインも使いやすいモデルで良いゴーグルだなと感じました。

ABOUT ME
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。スケートボード歴は10年以上。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!