カルチャー・その他

リブテックのスノーボード板はワックスで色落ちしても大丈夫!普通どおり使えます!

「リブテック(LIBTECH)のスノーボード板にワックスをかけたら色が落ちた!」と、初めてリブテックを買った人は驚くと思います。

ホットワックスをしている時、塗っているワックスと違う色が混じったり、ワクシングペーパーに色が混じったりしたら誰でも驚きますからね。

まず始めに言っておきたいのが、リブテックのスノーボード板にワックスをかけた時、色落ちしても問題ありません。

このブログを書いている筆者も経験していて、異常でもなく、ソールが悪くなったという事でもありません。

また、筆者は以前、スノーボードショップで働いていた経歴があるのですが、その時の経験からも問題ないと言えます。

とは言っても、やはり心配にはなってしまいますよね。

そこで、リブテックのスノーボード板にワックスをかけた時、色落ちしても問題ないという事を詳しく書いていきます。

よかったら参考にしてみてください。

リブテック(LIBTECH)のスノーボード板はワックスで色落ちする

リブテック(LIBTECH)のスノーボード板に、初めてワックスをかけると色落ちします。

ショップで購入した場合にはワックスのサービスもあるので、そのようなサービスを受けた場合には、そこで色落ちしています。

ですので、0(ゼロ)から自分でホットワックスをした場合のみに気づく事になります。

このブログを書いている筆者は、今まで5枚ぐらいリブテックのスノーボード板を使ってきました。

そして、全ての板が初めてのワックスがけの時に色落ちしています。

筆者が過去に使ってきた、画像が残っている板がこちらです。

【右側の青い板↓】

【左側のドクロ柄の板↓】

そして、新しく購入した板がこちらです。

筆者はショップでアクセサリー担当として働いていましたが、一緒に働いていたギア担当の人からも「初めの方は色落ちするから」と言われた経験があります。

また、ショップでは板を購入してくれたお客さんにホットワックスをかけるというサービスもやっていましたが、やはりリブテックの板は色落ちしていました。

色落ちしてしまう理由については、工場での造り方が原因としか分かりません。

リブテック(LIBTECH Snowboards)の詳しい製造や性能は公式サイトでご確認をおねがいします。

・LIBTECH SNOWBOARDS 公式サイトはこちら >

ただ、筆者はこれを何度か経験しているので、色落ちはむしろ普通ぐらいに感じています。

スポンサーリンク

ワックスをかけた時の色落ちした状態

新しく購入したリブテックのスノーボード板にワックスをかけた状態になります。

実際にホットワックスをかけた時の状態がこちらです。

うっすらではありますが、ワックスに色が混じっているのが見えます。

そして、その時に使ったワクシングペーパーの状態がこちらになります。

どんな色のワックスをかけているのか分からないぐらい色が混じっていますね。

ちなみに、この時に使ったワックスは「ピンク色」です。

リブテックのスノーボード板にワックスをかけると、これぐらいの色落ちをします。

筆者は過去の板でも同じ事を経験してきたので「いつもの事ね」ぐらいでしか感じていません。

そして、ワックスを剥がし、2度目のワックスをかけた時の状態がこちらです。

初めてかけた時よりと比べると少なくはなりましたが、それでも色落ちはしています。

こんな感じで色落ちしますが、とくに問題はありません。

滑走には問題ない

リブテックのスノーボード板はワックスをかけると色落ちしますが、滑走には問題ありません。

滑りが悪くなるという事もなく、普通どおり滑れます。

実際に、筆者が過去に使ってきた板も問題ありませんでした。

もちろん、使い続けていくうちに経年劣化というは起こってくるので、そうなってくると滑りが悪くなるなんて事がおこります。

ただ、それに関していうと、どこのメーカーも同じことになるので、リブテックだけという事ではありません。

メンテナンスをサボれば板が悪くなるので、それに関しても同じです。

色落ちしたからと言ってもソールが悪くなったという事ではないので、滑走には問題ありません。

色落ちはなくなる

初めのうちは色落ちしますが、色落ちはなくなります。

なくなるのは、滑りに行った後です。

筆者は、初めてワックスをかけた後に数回滑りに行き、再度ワックスをかけますが、その時には色落ちしなくなっています。

もちろん、その後は1度も色落ちしていません。

使い続けていくうちにソールが経年劣化し、色味が薄くなるというのはどこのメーカーも同じですが、それに関しては同じで薄くなります。

ただ、初めのような感じの、ワックスやワクシングペーパーに色が混ざるという事はなくなります。

ですので、リブテックのスノーボード板が色落ちするのは、初めの方だけです。

「リブテックのスノーボード板がワックスで色落ちする」まとめ

リブテックのスノーボード板に初めてワックスをかけた時は色落ちします。

ただ、それは異常な事ではなくて、普通に起こる事になります。

そして、色落ちしたからと言っても、滑走には問題なく、普通どおりに使えるので問題ありません。

実際に筆者も何度か経験していますからね。

経年劣化によって滑りが悪くなってきたり、色味が薄くなってきたりすることもありますが、それに関してはどこのメーカーも同じ事です。

メンテナンスをしっかりやり続ければ、ちゃんとスピードも出せますし、滑りの悪さも解消できます。

初めて色落ちを経験した場合は驚くかもしれませんが、それはよく起こる事で、問題ないので安心してください。

最後に

最後までお読み頂きありがとうございます。筆者は今まで何度か経験しているので慣れていますが、初めて色落ちを見た場合には驚くと思います。

ただ、これはリブテックのスノーボード板の「あるある」なんて感じています。

ちなみに、筆者が働いていたショップでリブテックの板を購入し、自分でワックスをかけるという場合には、必ず「初めの方だけ色落ちします。」と伝えていたそうです。

そうしないとお客さんも異常だと勘違いしてしまいますからね。

今まで5枚ぐらい使ってきましたが、全部の板が色落ちしましたし、それでも問題なく使えていました。

ですので、安心して使ってもらえればなと思います。

この記事で、リブテックのスノーボード板がワックスで色落ちした事について悩んでいる方の、お役に立てればと思います。

ABOUT ME
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。スケートボード歴は10年以上。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!