スケートボード

SMBLANKSの99Aウィールをレビュー!使い心地や使った感想など!

SMBLANKSの99Aウィールを実際に購入して、スケートボードで使ってみました。

筆者はスケートボード歴が10年以上で、99Aのスケートボードウィールは硬さが好みなのでよく使っています。

そんな筆者がSMBLANKSの99Aウィールを使ってみたところ、ストリートセクションでもランプでも使いやすかったです。

フラットトリックでも問題なかったですし、これで1,000円台はありがたい価格設定だなと感じました。

そこで、実際に使ったSMBLANKSの99Aウィールを、ブログで色々とレビューしていきます。

良かったら参考にしてみてください。

BURTON ONLINE STORE

SMBLANKSの99Aウィールをレビュー

・今回レビューするのはこちらです

低価格のスケボー用品を販売しているSMBLANKS

スケートボード専門店のSECOND SK8のみで販売しているブランドです。

そのSMBLANKSが販売している「99Aウィール(クラシックウレタン)」を使ってみました。

値段は1,000円台と、他のブランドに比べると格安なウィールになります。

筆者はパークにあるカーブやレールなどのストリートセクション、ランプの両方ともやります。

そんな筆者なので、99Aのウィールを選んでいます。

今回も色々とやる為に99Aを選んだところ、十分満足できるウィールでした。

そんな、「SMBLANKS の99Aウィール」の感想を先に言ってしまうと、良かった所は次のような感じです。

【良かった所】

・オーリーやショービットなどは問題ない

・ストリートセクション、ランプで問題なく使える

・グラインド、スライド系のトリックで滑ってくれる

・ドライブはできた

・不要なスリップはせず、グリップしてくれる

このような所が良かったです。

ただ、次のようなデメリットもあるなと感じました。

【デメリット】

・滑っている時の音は大きめ

・路面が粗いアスファルトだとガタガタ感を少し感じる

・パワースライドはやりづらい

このようにも感じました。

そんなSMBLANKS の99Aウィールについて、詳しく書いていきます。

スポンサーリンク

他の99Aより若干柔らかめ

SMBLANKSの99Aウィールを使ってみたところ、他のよりも少しだけ柔らかいかなと感じました。

他の99Aと比べると、プッシュをした時の音が少し小さめだったり、パワースライドが入りづらかったりしたからです。

とはいっても、あくまでも比較をしてみて感じた事になるので、柔らかすぎるという事ではありません。

ですので、滑っている時には、ハードウィールと同じ感じで大きめの音がします。

また、筆者は99Aのウィールを好んでよく使うのですが、トリックがやりづらいというのはなかったです。

少し柔らかめではありますが、他の99Aスケートボードウィールと同様な感じで使う事ができました。

オーリーなどのフラットトリックは問題ない

SMBLANKSの99Aウィールは、オーリーなどのフラットトリックをする分には何も問題なかったです。

通常どおりトリックをする事もできましたし、ショービットなどの横回転系の回しトリックもできました。

ですので、SMBLANKSの99Aウィールでのフラットトリックは普通にできます。

グラインドとスライドは問題なくできる

SMBLANKSの99Aウィールでグラインドやスライドをやってみたところ、問題なく使う事ができました。

柔らかいウィールだと、カーブで滑らすトリックをやる場合、詰まってしまって滑らない場合があります。

例えば

・50-50グラインド
・5-0グラインド、
・K-グラインド
・ノーズスライド
などなど

また、グラインド系やスライド系のトリックは、カーブのアングル(コーピング)や、面の上や側面にウィールが当たるようになります。

この時、ウィールも滑ってくれないと、うまく進んでくれません。

SMBLANKSの99Aウィールを使ってグラインドやスライドをしてみたところ、何も問題なく滑ってくれたので良かったです。

パワースライドはやりづらい

SMBLANKSの99Aでパワースライドをやってみたところ、やりづらかったです。

少し柔らかめなので、この辺りはしょうがないかなと感じます。

また、無理矢理やった場合、ウィールが削れやすいなと感じました。

これも少し柔らかいというのが理由です。

100%パワースライドができないという事でもありませんが、このウィールは向いていないなと感じました。

ドライブはできた

フロントサイド180や、バックサイド180のトリックでドライブを入れる事はできました。

やりづらさを感じましたが、それでも入れる事はできます。

パワースライドとは違い、横回転の勢いがついている状態なので、入りやすさはあります。

ただ、強く無理矢理やると、ウィールが削れたりパンクしたりしそうだなと感じました。

ランプやボウルで問題なく使えた

SMBLANKS の99Aウィールを使ってランプで滑ってみました。

99Aと硬めですが、滑っている時に横滑りのスリップなどはしないで、しっかりとグリップが効いてくれて滑りやすかったです。

また、グラインドやスライドは問題なくできて、コーピングで詰まるという事もありませんでした。

そして、ランプと同様にボウルでも普通どおりに滑ることができました。

ウィールが横滑りする事もなく、しっかりとグリップしてくれました。

少し柔らかめの99Aなのでグリップ力もあり、トリックをするのにも問題なかったです。

路面が悪いと振動を感じる

SMBLANKS の99Aウィールは、荒れたアスファルト路面などで滑ると振動が感じやすかったです。

ウィールが硬めなので、粗めのアスファルトだと足への振動も強く、路面が悪い所でプッシュをし続けると疲れやすさを感じました。

とは言っても、99Aスケートボードウィールの全般で言える事ですけどね。

ですので、SMBLANKSの99Aウィールは、クルージングなどで滑る場合には向かないウィールになります。

ただ、他のブランドの99Aウィールと比べると少し柔らかめなので、その辺りと比較すれば、少し振動を感じづらいかなと感じました。

滑っている音は大きめ

SMBLANKSの99Aウィールは、アスファルトなどの路面で滑っている時の音は大きめでした。

また、路面が良いパークで滑っていても、柔らかいウィールと比べると音は大きいです。

「99A」のウィールは、どれでも同じように音が大きくなるので、この辺りはしょうがないかなといった感じです。

【追記】1ヵ月以上使ってみました

SMBLANKSの99Aウィールを1ヵ月以上つかってみました。

主にやっていた事は、次のような感じです。

・フラットトリック
・カーブトリック
・レールトリック
・ランプ

このような感じで、ごく一般的な使い方です。

そして、この追記する前に滑っていた日数や時間は、次のような感じです。

・週3~4日
・合計10日以上
・3時間~6時間
・平均だと4時間ぐらい

時間に関していうと、その日によって変わってきますが、平均すると4時間ぐらいといった感じです。

滑っていたのは、よく行く近所のパークや室内ランプになります。

そして、これぐらい滑ってみた結果、SMBLANKSの99Aウィールの削れ具合は少なかったです。

・削れ具合は少なかった
・パンクもせずに問題なく使えた

1,000円台のウィールですが、耐久性も良い方だなと感じました。

格安なので削れ具合が気になっていましたが、まだまだ余裕で使える感じになります。

滑っていて違和感もなく、普通どおりにトリックもできていたので良かったです。

「SMBLANKSの99Aウィール」レビューのまとめ

SMBLANKSの99Aウィールは、色々なセクションでトリックはやりやすかったですし、不要なスリップをしないのが良いなと感じました。

トリックをするのに問題なかったですし、普通どおりに使えたので良かったです。

ただ、99Aなので、滑っている時の音が大きめだったり、路面が悪い時の振動を感じやすかったりもしました。

99Aなので、これに関してはしょうがないなといった感じです。

とは言っても、少し柔らかめなので、他のメーカーの99Aと比べると、振動も少し抑えられているかなといった感じでした。

そして何より、1,000円台でこのクオリティーは嬉しいポイントです。

SMBLANKSの99Aウィールを使ってみましたが、値段を考えたら十分良いウィールだなと感じました。

最後に

最後までお読み頂きありがとうございます。SMBLANKSの99Aウィールを初めて使ってみましたが、トリックをする分には十分なウィールで良かったです。

さすがはスケートボード専門店が販売しているウィールと言ったところでしょうか。

1,000円台とかなり低価格ですが、使う分には問題ない良いウィールでした。

ABOUT ME
Avatar photo
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。スケートボード歴は10年以上。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!