スケートボード

スケボーの99Aハードウィールおすすめ5選!99Aを選んでいる理由も紹介!

スケートボードのハードウィールには97A、99Aや、101A以上の硬い物まで色々とあります。

そんなスケートボードのハードウィールですが、実際のところ、どれが1番使いやすいのかなと悩んでしまう方も少なくはないと思います。

微妙な数字の違いではありますが、やはり自分に合う物をしっかりと選びたいですからね。

筆者はスケートボード歴が10年以上で、今まで色々なウィールの硬さを使っており、色々なスケートパークに行っています。

そんな筆者はスケートボードのハードウィールに99Aを選んでいます。

今までの経験上、色々な所で滑りやすい、ちょうど良い硬さだなと感じているからです。

そこで今回は、スケートボードで使うおすすめの99Aハードウィールと、99Aを選んでいる理由をご紹介していきます。

良かったら参考にしてください。

BURTON ONLINE STORE

スケボーのハードウィールに99Aを選んでいる理由

スケートボードのストリートパークやランプで使うハードウィール。

そんなハードウィールに99Aを選んでいる理由の結論を始めに言いますと、次のような感じです。

・路面が悪くても足への負担が軽減される

・キレイな路面でも滑りやすい

・室内パークやランプのスリップ防止になる

これが99Aのスケートボードウィールを選んでいる理由です。

筆者は今まで、99A以外にも、101Aなどのウィールも使った事がありました。

そして、そのウィールを使いつつ、自分がよく滑りに行っている所、新規で行った所など、色々な所で滑ってきました。

その結果、99Aのウィールが使いやすいなと感じていて、現在でも99Aを選び続けています。

ちなみにですが、筆者はスケートボードで、次のような事をやっています。

・フラットトリック
・カーブやレール
・ランプ
・ボウル

こんな感じで、言ってしまえば一般的に滑っている人と同じです。

そんな筆者が、99Aのスケートボードウィールを選んでいる理由について、色々と詳しく書いていきます。

スポンサーリンク

路面が粗くても滑りやすい

99Aのスケートボードウィールは、路面が粗い所でも使えます。

る筆者は、必ずしも良い路面のスケートパークで滑っているという訳ではありません。

主に滑っている所は、パークというよりも、「スポット」と呼ばれる場所です。

そして、スケートパークにも行きますが、以前よく行っていた所はアスファルトで、お世辞にも良い路面という感じではありませんでした。

無料で使える新見沼大橋スポーツ広場スケートパークをレビュー!高架下にあります!埼玉県さいたま市緑区の新見沼大橋の高架下にある、スポーツ広場のスケートパークへ行ってきました。テニスの壁打ちが出来る場所がすぐ横にある場所です。無料で使えるここのスケートボードパークの行き方や最寄りの住所などを含めて、色々とレビューしていきます。...

このような所で滑っていたので、ハードウィールでありながらも、ちょっとだけ柔らかい方が良かったのです。

それが、99Aのスケートボードウィールでした。

もちろん、99Aも硬めなので、足への衝撃は少なからずきます。

ただ、ガッチガチに硬い101Aよりかは滑りやすさがありました。

それは、現在よく滑っている所も同じです。

このような所で滑っていますが、ドライブもパワースライドもできています。

そして、トリックも普通どおりできています。

こんな経験があるので、筆者は99Aのウィールを使い続けています。

路面がキレイでも問題は無い

スケートボードのパークには、路面がキレイな所もありますよね。

そんなパークで99Aのスケートボードウィールで滑ると、何も問題なく滑る事ができます。

ドライブを入れる事はできますし、パワースライドもできます。

また、ウィールが硬いので、カーブBOXでつまるなんて事もありません。

パーク内でプッシュをしても普通どおり滑れるので、99Aのウィールでキレイな路面のパークを滑っても、何も問題なく滑る事ができます。

ランプや室内でのスリップ防止になる

スケートボードのウィールが硬い場合、室内スケートパークやランプでは、スリップしやすいという事がたまに起こります。

その理由は、次のような感じです。

・路面の材質
・ランプの面の材質

全ての室内パーク、ランプが同じという事ではありませんが、たまに材質の影響でツルツルとスリップしやすい所があります。

この、スリップしやすい材質の上に、硬すぎるウィールで滑ってしまうと、よりスリップしやすくなるのです。

実際に、「101A」のウィールを使っている時に、スリップし過ぎて「集中できなくて全然滑れなかった」という事を経験した事がありました。

また、ランプに関しても、普通どおりにドロップインしただけなのに、ツルっとスリップして転んだこともあります。

もちろん、全ての室内パークやランプが同じという事ではありません。

「101A」の硬いウィールでもスリップしない室内パークもありましたし、ランプもありました。

ただ、やはりこのような事を実際に経験しているので、できるだけスリップしないように「99Aのスケートボードウィール」を選んでいます。

99Aでもスリップする事はある

さきほど、「できるだけスリップしないように99Aのスケートボードウィールを選んでいる」と書きましたが、場所によってはスリップする事もあります。

例えば、次のような所です。

・凄くツルツルする素材を路面に使っているパークやランプ

・ホコリが溜まっているような室内パークやランプ

筆者が99Aのウィールを使っている時、このような所ではスリップをした事もありました。

かなりレアなケースではありますが、このような所もあります。

路面の素材が凄くツルツルしている所では、99Aのウィールでもスリップしやすいので注意してください。

とは言っても、本当にレアなパターンなので、ここ数年では、このようなパークに当たった事はありませんけどね。

ただ、今までの経験上、このような所もありました。

そしてもう1つは、「ホコリが溜まっているパークやランプ」です。

当たり前な事を書いてしまいますが、ホコリが溜まっていれば、路面とウィールの間に入り込んでスリップしやすくなります。

また、そのホコリがウィールにくっつくので、ウィールの硬さとか関係なく、スリップしやすい状態になってしまいます。

これもレアなパターンではありますが、そのような場合は、出来るだけホコリを取り除きながら滑る事で、スリップ防止をする事できます。

クルーザーに99Aは使っていない

99Aのスケートボードウィールは使いやすいと書きましたが、あくまでも、ハードウィールとして使う場合です。

ですので、筆者もクルージング用としては使っていません。

99Aのウィールはトリック用になるので、長距離をプッシュで移動した場合には、さすがに足が疲れてしまいます。

先ほど言った、「99Aは荒れた路面でもプッシュしやすい」というのは、あくまでもパーク内で、セクションに入る短距離の話しです。

長距離の荒れた路面をスムーズかつ、スピーディーに滑りたい場合は、柔らかめのウィールの方が良いです。

色々な場所で滑るなら99Aハードウィール

スケートボードのハードウィールに99Aは色々な場所で使いやすいです。

とは言っても、人によって滑る場所、スケートボードでやる事、好みというのは変わってきますので、必ずしも99Aだけが正解だとは思ってはいません。

ただ、今まで色々なウィール、色々なスケートパークで使ってきた経験から、99Aは使いやすかったです。

せっかく買ったウィールが、場所によって滑りづらいなんて事になったら嫌ですからね。

色々な場所でも使いやすいですし、トリックをやる時も何も問題ないので、99Aのスケートボードウィールはおすすめです。

スケボーの99Aハードウィールおすすめ5選

ここからは、スケートボードで使うおすすめの99Aハードウィールをご紹介していきます。

ご紹介していく物は筆者が実際に使って良かった物になります。

有名ブランドから安いブランドまであるので、ぜひ参考にしてください。

BONES「STF(STREET TECH FORMULA)99A」

老舗ウィールブランド、BONESの「STF(STREET TECH FORMULA) 99A」。

耐久性と使いやすさを合わせ持つ、長年利用者が多いウィールです。

パンクのしづらさと、削れが少ない品質が高いウレタンを使用し、グリップ力もあります。

また、不要なスリップをしづらいのに、グラインドやスライドがしやすいので使いやすさがあります。

ブランドイメージのカッコ良さもある、おすすめのウィールです。

・BONES「STF 99Aウィール」のレビューはこちら >

BONES(ボーンズ)のSTF 99Aウィールをレビュー!使い心地や使った感想など!BONES(ボーンズ)の「STF(STREET TECH FORMULA)」99Aウィールを実際に使ったので使い心地などをブログでレビューしていきます。その他にもSTFのV1,V2,V3,V4,V5,V6の種類の違いなどもまとめました。今まで何度か使ったウィールですが、満足できる使いやすさが良かったです。...

スピットファイア「FORMULA FOUR 99DU(F4)」

老舗ウィールブランド、スピットファイアの「FORMULA FOUR」通称「F4」。

99DUは、99Aと同じ意味になります。

最高品質のウレタンが使用されていて、パワースライドやドライブなどでもパンクがしづらくなっています。

また、削れが少ないので長持ちするというのも特徴です。

様々な路面でのグリップ力が良いのにかかわらず、グラインドやスライド性能も抜群です。

削れづらい、滑りやすいに加えて、軽量な、おすすめのハードウィールになります。

・スピットファイア「FORMULA FOUR 99DU」のレビューはこちら >

スピットファイアーFORMULA FOURの99DUROをレビュー!スケボーウィールの感想!スケートボードのウィールブランド「Spitfire(スピットファイアー)」の「FORMULA FOUR(F4)」を使ってみました!硬さは99DURO(99A)。スケートパークやランプで使った時の感想を、色々とレビューしていきたいと思います!...

SMALL WHEEL「OG FORMULA 99A」

2009年にJAMES CRAIGとAUSTYN GILLETTEという2人のプロスケーターが立ち上げた「SMALL WHEEL(スモール ウィール)」、通称「SML」。

品質が高いウレタンを使用した「OG FORMULA 99A」は、パンクがしづらくて削れづらいウィールです。

また、ランプなどではグリップ力が良く、不要な横滑りもしないので、トリックがやりやすいウィールになります。

オシャレなデザインが多い、使いやすいウィールです。

・SML「OG FORMULA 99A」のレビューはこちら >

SML(スモール)の99Aスケートボードウィールをレビュー!色々なセクションで使いやすかった!SMALL WHEEL(スモール ウィール)、通称「SML」の99Aウィールを購入して使ってみたので、スケートボード歴10年以上の筆者がブログで詳しくレビューしていきます。今回使ったのはSMLの「OG WIDE」というシェイプだったのですが、色々なセクションで使いやすいなと感じました。...

CALIFORNIA STREET「STREET STANDARD 99A」

都内にあるスケートボードショップ「CALIFORNIA STREET」のオリジナルハードウィールです。

ストリートスケートの標準を想定し、硬さ、幅にこだわって製作されています。

また、SATORI、SMALL(sml.)、DARKSTAR といった有名ブランドと同じ工場で造られているウィールになります。

パークやランプでも問題なく使えるうえに、不要な横滑りが無い使いやすいウィールです。

有名ブランドと同じ工場で造られていながら、値段が4,000円台なのもおすすめのポイントになります。

・カリフォルニアストリート「STREET STANDARD 99A」のレビューはこちら >

カリフォルニアストリートの99Aウィールをレビュー!STREET STANDARD 52mmを使ってみました!スケートボードショップ「カリフォルニアストリート」が展開しているオリジナルのウィール「STREET STANDARD 99A 52mm」を買って使ったので色々とレビューします。オリジナルという事で値段も良心的なこのウィールですが、気になるのはその品質。そこで使ってみた感想を書いていきます。...

SMBLANKS「99Aウィール(クラシックウレタン)」

日本国内のスケートボードブランド「SMBLANKS」。

低価格なスケートボード用品を展開しているSMBLANKSの「99Aウィール」は、格安の1,000円台です。

素材はウレタンになり、パークやランプでも問題なく使えるうえに、トリックも普通どおりにできるウィールになります。

パワースライドなどには不向きな点もありますが、クオリティーと値段を考えると、十分おすすめできるウィールです。

・SMBLANKS「99Aウィール」のレビューはこちら >

SMBLANKSの99Aウィールをレビュー!使い心地や使った感想など!SMBLANKSの99Aウィールを買ったので、使った感想をブログで詳しくレビューしていきます。今回使ったのはクラシックウレタンを使った1,000円台で購入できるウィールだったのですが、トリックも問題なくできましたし、色々なセクションで使いやすいなと感じました。...

最後に

最後までお読み頂きありがとうございます。99Aのハードウィールで、荒れた路面でもキレイな路面でも使っていますが、何も問題なく使えています。

パーク内でプッシュした時のスピードも問題ないどころか満足です。

もちろん、クルージングには使いませんけどね。

室内パークやランプでのスリップをした事から99Aにしていますが、それからはスリップも少なくなりました。

やはり色々な所で使えるのが99Aの良さかなと感じています。

ABOUT ME
Avatar photo
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。スケートボード歴は10年以上。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!