バッグ

ダカイン「CAMPUS」25・33の違いを比較!大きさや入る荷物量などを比べました!

有名アウトドアブランドDAKINE(ダカイン)が展開しているリュック「CAMPUS(キャンパス)」。

ダカインの定番リュックで、CAMPUS 25LCAMPUS 33Lなど、サイズ違いも展開しています。

そんな「CAMPUS」のリュックですが、選ぶ時に迷いやすいのが「サイズ感」だと思います。

背負っている時の大きさや、入れられる荷物量など、気になりやすい所が多々ありますからね。

そこで、「CAMPUS」の25と33を使ったことがある筆者が、それぞれの違いを比較しました。

良かったら参考にしてみてください。

ダカイン「CAMPUS」25・33の違いを比較

ダカイン「CAMPUS」の25・33を色々な面で違いを比較していきます。

まずは、比較する「CAMPUS」の25と33の詳細を載せておきます。

【CAMPUS 25】

・サイズ:高さ47cm/幅30cm/マチ18cm
・容量:25L
・重さ:約653g

※サイズ:DAKINE 公式サイト調べ
※重さ:筆者調べ

【CAMPUS 33】

・サイズ:高さ52cm/幅33cm/マチ20cm
・容量:33L
・重さ:約790g

※サイズ: DAKINE 公式サイト調べ
※重さ:筆者調べ

この2つの違いを比べていきます。

そして、比較していくのは次のような項目になります。

・ポケットの数と位置の違い
・入る荷物の比較
・背負った時の比較

結論を先に書いてしまうと、ポケットの数と位置の違いはありませんでしたが、ポケットの広さは変わります。

ですので、比較して変わるのは、入る荷物量と、背負った時のサイズ感になります。

25Lと33Lなのでサイズ感が大きく変わりますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

ポケットの数・位置・広さの違い

CAMPUSの25と33を比較すると、ポケットの数と位置の違いはありませんでした。

リュックの表面にあるクーラーポケットも変わりませんし、小分け収納できるオーガナイザーポケットの数も変わりません。

ただ、ポケットの広さや深さに関していえば、「CAMPUS 33」の方が広く造られています。

クーラーポケットの場合、500mlペットボトルを入れると、その深さの違いが分かりました。

【CAMPUS 25のクーラーポケット↓】

【CAMPUS 33のクーラーポケット↓】

オーガナイザーポケットに関しても、ポケットの深さが変わります。

とくに、ジッパー付きポケットの深さや、荷物が入るサイズ感は違いが出ました。

少しの違いではありますが、「CAMPUS 33」の方が、厚さがある物を入れることができます。

【CAMPUS 25のオーガナイザーポケット↓】

【CAMPUS 33のオーガナイザーポケット↓】

ポケットの広さには違いはありますが、造りは同じです。

これ以外のポケット数や位置にも変わりはありませんでした。

・CAMPUS 25のPCスリーブに15.6インチは入らない

「CAMPUS 25」のPCスリーブに「15.6インチのノートパソコン」は入りません。

横幅はキツメな状態で入りますが、縦の長さの問題で入り切りませんでした。

ただ、PCスリーブを使わなければ「15.6インチのノートパソコン」を入れることができます。

また、「A4ファイル」でしたらPCスリーブに余裕をもって入れることができます。

「CAMPUS 33」の場合ですと、「15.6インチのノートパソコン」をPCスリーブに余裕で入れることができます。

出し入れがしやすい状態なので、スムーズに取り出すことができる状態です。

それにプラスして、少しキツメにはなりますが、「A4ファイル」も一緒に入れることができました。

PCスリーブの形状は同じですが、広さに関しては変わります。

「CAMPUS 33」の方が広いので、使いやすさはありました。

「CAMPUS」25・33に入る荷物量を比較

続いては、CAMPUSの25、33に、どれぐらいの荷物が入るのかを比較してみました。

比較で入れた荷物には洋服もあるのですが、入れた物のサイズは「メンズのMサイズ」になります。

実際に比較したのが、次のような感じです。

【CAMPUS 25】

・15.6インチのノートパソコン
・A4ファイル
・厚手のパーカー
・デニムパンツ(ジーンズ)
・半袖Tシャツ
・フェイスタオル
・除菌シート(新品)
・DVD
・DVDサイズのノート
・サングラス

・折り畳み傘(サイドポケット)
・500mlペットボトル(サイドポケット)

この量を入れると結構パンパンな状態です。

ただ、小さいアクセサリーなどでしたら、少しは入れる事ができます。

人によって入れる量などは変わってきますが、男性の筆者であれば1泊2日だったら十分過ぎる容量になります。

また、荷物の量によっては2泊3日でも行けるぐらいです。

【CAMPUS 33】

・15.6インチノートパソコン
・A4ファイル
・厚手のパーカー×2
・デニムパンツ(ジーンズ)
・半袖Tシャツ×2枚
・フェイスタオル
・スマホの充電ケーブル
・除菌シート
・モバイルバッテリー
・A6ノート
・コンパクトカメラ
・ボールペン×2
・DVD
・DVDサイズのノート
・500mlペットボトル
・280mlペットボトル

・折り畳み傘(サイドポケット)
・500mlペットボトル(サイドポケット)

この量を入れた状態で結構パンパンの状態です。

25と比べると、大きい物でいうとパーカー×1、半袖Tシャツ×1枚、ペットボトル×2本が追加で入ってくれました。

洋服を抜けば、本やファイルなどは更に入ってくれますし、洋服だけであれば2泊以上の着替え分は余裕で入ってくれます。

また、荷物量によっては3泊4日でも行けるぐらいになります。

「CAMPUS」25・33を背負った時の違いを比較

続いては、「CANPUS」25・33を背負っている時の違いを比較していきます。

まず、これから出てくる人の体型を載せておきます。

【背負っている人の体型】
・身長:約170cm
・体重:約60kg

このような体型の人がそれぞれを背負った時になります。

比較したのは4つのパターンで、以下のような項目で比較しました。

・近めの後ろ
・遠めの後ろ
・近くの斜め後ろ
・遠くの斜め後ろ

このパターンで比較していきます。

項目ごとに、25、33を並べていきますので、ぜひ参考にしてください。

【近めの後ろ】

・CAMPUS 25

・CAMPUS 33

【遠めの後ろ】

・CAMPUS 25

・CAMPUS 33

【近くの斜め後ろ】

・CAMPUS 25

・CAMPUS 33

【遠くの斜め後ろ】

・CAMPUS 25

・CAMPUS 33

このような違いになります。

人それぞれ体型の違いはありますが、ぜひ参考にしてください。

最後に

最後までお読み頂きありがとうございます。人それぞれ体格の違いや使い方の違いはありますが、ぜひ参考にして頂き、自分に合った大きさを選んでもらえればなと思います。

この記事で、ダカイン「CAMPUS」のサイズで悩んでいる方の、お役に立てればと思います。

【公式サイトはこちら↓】

・DAKINE 公式サイト >

ABOUT ME
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。スケートボード歴は10年以上。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!