ボードケース

BURTONのスノボケースJPN Board Sackをレビューします!

BURTON(バートン)のリュックのように背負う事ができるスノーボードケース「Burton JPN Board Sack(ボードサック)」の荷物が入る量やサイズ感などをご紹介したいと思います。

筆者は以前、スノーボードショップでゴーグルやグローブ、スノーボードケースなどのアクセサリー担当として働いていた経験があるので、その時の知識や経験も踏まえてご紹介します。

どのようなボードケースにしようか悩んでいる方や、この「Burton JPN Board Sack(ボードサック)」にしようか悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

ちなみに、筆者が所有しているスノーボード板の長さは154cm、ボードサックのサイズは162cmになります。

BurtonのJPN BoardSackをレビュー!

今回レビューするのはこちらです。

スノーボードをしている人、してない人に関わらず有名なブランドのBURTON。

BURTONの商品はボード、ブーツ、ビンディング、ウェアーなどでかなり人気が高いですが、小物などのアクセサリーでも非常に人気が高いブランドです。

筆者が働いていた時もグローブ、ゴーグル(ANON アノン)もとても人気ありました。

ANONとは、BURTONが展開しているゴーグルブランドになります。

ボードケースも例外ではなく、このBurton JPN BOARD SACKも毎年人気が高いボードケースです。

Burton JPN Board Sackはリュックのように背負える機能や手持ちもついており、取り外しができる肩掛けのショルダーベルトも付いているので、3WAYで使う事ができるのです。

また、手持ちをする時やショルダーベルトで使う時に邪魔になりがちなリュックベルトですが、このボードサックのリュックベルトは使わない時には収納する事ができます。

手持ちやショルダーベルトで使う時でもリュックベルトが邪魔になる事は無く、スマートに持ち運びする事ができます。

ボードケース内の底面は撥水性があり、汚れたりしてもすぐに拭き取る事ができる生地になっています。

そして、中央には板を留めるストラップがついているので、スノーボードを入れた時や、背負った時のズレを防止してくれます。

この底面には薄いパッドが入っているのですが、このパッドはとても薄い物になります。

ですので、衝撃耐性があるとは考えない方が良いと思います。

・パッドは入っているけど薄い

また、蓋の部分、マチの横幅の内側にはパッドは入っておらず、撥水性がない生地になっています。

ただ、全体的な生地は頑丈な物で造られていて、パッドや撥水生地が底以外に使われていない分、ボードケースの閉めやすさも感じました。

また、ボードケース自体の軽量感も感じます。

このようなボードケースの場合は、ソールカバー等を板につける事で、板も守られるようになります。

ただ厚いだけのボードケースの場合、その分重さも出てきてしまいます。

ですので、薄めのボードケースとソールカバーで合わせる事で、頑丈さと軽量化をする事ができます。

【JPN Board Sackとソールカバーを合わせるメリット】

・軽量化ができる

・ボードケースが閉めやすい

・板やボードケース内を守ってくれる

実際に筆者も、そのようにして使っています。

スポンサーリンク

JPN Board Sackのサイズ感

今回使用しているボードサックのサイズは162cm、スノーボードの長さは154cmなので、単純に計算すると8cmの差になります。

この長さの差は標準的な差になります。

スノーボードケースはケースの長さとスノーボード板の長さの差が10cm程度の余裕が必要になります。

その理由は、それくらいの差があった方がスノーボード板以外の荷物も入れやすくなるからです。

逆に、ボードケースとスノーボードのサイズが全く同じサイズですと、余裕が全く無くなり、ジッパーを閉めた時にボードケースがパツパツになってしまいます。

他の荷物を入れた時にジッパーが閉まらなくなってしまう事がありますので、余裕があるサイズ感を選ぶ事をオススメします。

しかし、15cmぐらいの余裕があり過ぎると、荷物を入れた時に先端が折れてしまう場合があります。

このボードサックのようなリュックタイプですと、背負った時に頂点が折れてしまったり、歩いている時に脚に当たりやすくなってしまうので、ボードケースが長すぎるのはオススメできません。

ですので、約10cmぐらいの余裕があると使いやすいです。

下の写真は同じボードサックに154cmと、筆者の板ではありませんが148cmの板を入れた時のサイズ感です。よかったら参考にしてみてください。

154cmを入れた時

148cmを入れた時

JPN Board Sackを背負っている時

JPN Board Sackに荷物を入れた状態で、実際に背負ってみました。

背負っている筆者の体型は、以下のような感じです。

【筆者の体型】

・身長:約170cm

・体重:約60kg

このような体型の筆者が、162cmのJPN Board Sackを背負った時がこちらです。

【後ろから見た状態】
【横から見た状態】

こんな感じになります。

ちなみに、荷物をほぼ最大限に入れた状態です。

荷物が入る量

この162cmのボードサックに154cmの板を入れた時、他の道具がどれくらい入るか実際に入れてみました。

ちなみに筆者の使っている道具はスノーボードブーツ25.5cm、ウェアー上下はMサイズ、他のアクセサリーはSサイズ、Mサイズの物を使用しています。

各ブランド事にサイズ感や大きさ等は異なると思いますが、参考にしてみてください。

この時に入れた物

・ブーツ25.5cm

・ウェアー上下Mサイズ

・ゴーグル

・グローブ

・インナーグローブ

・インナーウェアー上下

・フリースジャケット

・フリース短パン

・帽子(ニット)

・靴下

スノーボードに必要な道具は一通りすべて入れる事が出来ました。

ボードサックはマチ(横幅)が高く造られているので、かなりの量を入れる事ができます。

ただ、さすがにこれだけの荷物を入れるとかなりの重量になるので、背負う時は背負いづらいです。

また、この荷物の量を入れるとボードケース内はパツパツになってしまうので、この量以上の荷物を入れる事は難しいです。

ヘルメットやプロテクターを入れるとなると、別のバッグが必要になります。

個人的な考えですが、これ以上の荷物を入れてしまうと背負う時に辛くなってしまうので、これ以上の荷物は入れない方が良いと思います。

BURTON公式サイトはこちらか↓
Burtonオンラインストア

最後に

最後までお読み頂きありがとうございます。JPN Board Sackを実際に使ってみましたが、生地はしっかりしているので、さすがはBURTONクオリティーだなと感じました。

背負える事でツアーに行く時も楽ですからね。

入る荷物の量も満足できましたし、デザインも気に入ったので、使えるスノーボードケースだなと感じます。

この記事で、JPN Board Sackの事について、お役に立てればと思います。

ABOUT ME
snowbeer
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。スケートボード歴は10年以上。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!