ゴーグル

SMITH(スミス)スノーボードゴーグルI/Oをご紹介します

創業時から視界の見やすさやゴーグルのくもりづらさ、耐久性を探求し続け、ゴーグルだけではなく、サングラスでも有名なレンズ性能がトップクラスの老舗アイウェアーブランド「SMITH」。

そのSMITHが展開している「I/O」は、「SMITH(スミス)」のゴーグルのイメージを変えたと言っても過言ではモデルになります。

スノーボードのゴーグルからフレームを極端に無くすという、新しいデザインでした。

今回は、I/Oについて、以前スノーボードショップでゴーグルやグローブなどのアクセサリー担当として働いていた経歴を持つ筆者がご紹介したいと思います。

良かったら参考にしてみてください。

SMITHの「I/O」

55551432
ミディアムサイズのゴーグルで「SMITH」を代表するモデルの「I/O アイオー」。

フレームが無いリムレスフレームのゴーグルで視界は広く、レンズのミラーには撥水、防汚コーティングがされているのでレンズに雪、水分、汚れが付きづらくなっています。

ゴーグルベルトの後ろはバックルタイプになっているのでゴーグルの脱着がしやすく、レンズの取り外しも簡単にしやすい構造になっているので、転倒した時などでもすぐにレンズの交換や、雪を取り除く事ができます。

I/Oのレンズ内側にはSMITH従来のくもり止め技術「FOG-X LENS TREATMENT」の5倍の効果を持つ「5X ANTI-FOG」という、くもり止め加工がされており非常にくもりづらい性能があります。

また、「SMITH」が特許をもっている「ポレックス・フィルター」という、ダブルレンズ内の気圧を調整し、標高の高い山での気圧差によってのレンズの歪みを防止してくれるので、より見やすい視界を確保してくれます。

2015012822401767d

レンズには、斜面の凹凸や滑った跡のライン等がとても見やすく、幅広い天候で使いやすい「クロマポップレンズ」や、このクロマポップレンズが光の強さでレンズの明るさが変わる「調光レンズ」という見やすくて使いやすいレンズがついてきます。

また、I/Oのゴーグルには晴天用と悪天候用のクロマポップレンズが標準で2枚ついてきます。(調光レンズモデルは除く)

レンズの性能が良くてJAPAN FITで顔にフィットしやすく、見やすくて使いやすいゴーグルです。

・【I/O】
(ミディアムサイズ)
晴天、曇天用、2枚のクロマポップレンズ付き
(調光モデルを除く)

スポンサーリンク

I/Oシリーズの違い

「I/O」シリーズにはいくつかのモデル違いがあるのでご紹介します。

I/O MAG

レンズにマグネット(磁石)を使用し、レンズの脱着がしやすくなったモデル。

マグネットだけではなく、フレームの両サイドはレンズを固定できる構造になっているので、激しく転倒した時にもレンズが外れる心配はありません。

ミディアムサイズのフレームに大きめのレンズが付いていので視界も広く確保する事ができ、レンズ交換もしやすいモデルです。

(ミディアムサイズ)
晴天、曇天用、2枚のクロマポップレンズ付き
(調光モデルを除く)

・「I/O MAG」のレビューはこちら >

I/OS

「I/O」のゴーグルをスモールサイズにしたモデル。
小顔の女性によりフィットしやすくなります。

(スモールサイズ)
晴天、曇天用、2枚のクロマポップレンズ付き
(調光モデルを除く)

最後に

最後までお読み頂きありがとうございました。筆者自身もSMITHのゴーグルが好きでよくつけています。クロマポップを現在使用していますが、個人的にはとても見やすくて助かっています。ゴーグル自体のデザインも良いので使いやすさもあります。

ABOUT ME
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。スケートボード歴は10年以上。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!