アクセサリー

おしゃれにスノボを!ウェアの下に着るミドルレイヤーをまとめました!

ウェアを脱いでいるタイミングの着替えやレストランの中などもカッコよくオシャレでいたいものですよね。写真を撮ることも多いですし、案外みられている時が多いですしね。そこで、ウェアのジャケットを脱いでもオシャレに見えるウェアの下に着るミドルレイヤーをまとめてみました。

ここでご紹介するものは1番はじめに着る肌着やタイツのようなファーストレイヤーではなく、ウェアのジャケットのすぐ下に着る物をまとめています。

ミドルレイヤーに何を着ようか悩んでいましたら参考にしてみてください。

ウェアの下に着るミドルレイヤー

スノーボードを楽しむ時には、滑っている時はもちろんの事、休憩中でもオシャレは楽しみたいですよね。

ウェアの下に着るミドルレイヤー、またはセカンドレイヤーとも言いますが、これには色々な種類があります。

そこで、ミドルレイヤーの種類を一通りまとめてみたので、参考にしてみてください!

スポンサーリンク

パーカー

厚手の生地で防寒対策にバッチリなうえ、ウェアを脱いでも普段着のように着る事が出来るのでおすすめです。

ウェアの下に着るだけではなく、撥水性があるパーカーもあるので、寒い日にはウェアの下、暑い日にはパーカーのみと、1着持っているとかなり使いやすいと思います。

また、ジッパータイプは脱着がしやすいので楽に着替える事が出来ます。

トレーナー

フードが無いクルータイプのトレーナーは、パーカーだとフードが邪魔で気になる人にはおすすめです。

首回りが気になることが少なくて動きやすいうえに、撥水加工がされて保温性が高いトレーナーもあるので、暑い日にはウェアを着ないでもスノーボードを楽しむ事が出来ます。

オールシーズンで使えるアイテムです。

ロンT&半袖Tシャツの重ね着

ロングTシャツの上に半袖Tシャツを着る重ね着はかなりメジャーな着かたになります。着ている厚さが薄いので気温が低いスキー場ですと寒い思いをしてしまいますが、暖かい日ですと動きやすいスタイルです。

筆者もファーストレイヤー(インナー)の上にこの着かたをしていたこともあります。

Tシャツのブランドとデザインは星の数ほどありますし、ロングTシャツも色々な色があるので他の人と被りづらく、自分なりの個性を出す事が出来ます。

また、寒い日でもこの上から他のインナーのパーカーやフリースを着てしまえば寒くなくなるので、このワンセットを持っていくとインナーの調整がしやすくなります。

下の写真は筆者でも、当サイト(snowhack スノーハック)を管理しているsnowgoatでも無く、あるイベントに参加していたプロスノーボーダーさん達です。

フランネル チェックシャツ

俗にいうネルシャツですね。パッと見だと寒そうに見えるシャツですが、ウール素材で保温性が高い物や、裏地が起毛生地になっている物も多くあるので、実は保温性にも優れています。

また、中には撥水加工がされている物もあるので、濡れづらく、安心してスノーボードを楽しむ事が出来ます。

色のバリエーションが豊富にあるので他の人と被りづらく、自分らしさを出しやすいのでおすすめです。

フリースジャケット

ウェアに下に着る物の中で1番定番ではないかと思うほど良く見かけるのがフリースです。軽くて暖かくて動きやすいのが魅力です。

販売されているフリースの中にはジッパー付きのポケットが胸辺りに付いている物もあるので、ウェアのジッパーを少し開けるだけでフリースのポケットから物を取り出す事も出来ますし、大切なカギをしまっておくこともできます。

そのまま滑るというのは濡れてしまうので難しいと思いますが、オシャレでかっこいい物がたくさんあるので、保温効率が高い物を求めている時にはやはりフリースが1番です。

ダウンジャケット

普段着で着るような分厚いダウンではなく、中綿が少ない薄めのダウンジャケットになります。

バックカントリーが好きな人はこのダウンジャケットを着ているのをよく見かけます。

ウェア自体を薄くてして、中のインナーで調整するといった感じで、登山中は熱くなるのでこのジャケットだけ、滑る時にはウェアを着るといった感じで調整します。

スキー場だけではあまり見かけませんが、かなり寒い日や、寒い場所のスキー場ではこのスタイルの人が多い気がします。

ベスト・ダウンベスト

フリース素材や、中綿が少ない薄めのダウンになります。

ダウンでもダウンベストの方でしたら見かける事はあるのではないでしょうか?

筆者の個人的な感想ですが、チェックシャツにベストを合わせている人を見るとオシャレな人だな~と毎回感じています。

その日の天候によって合わせる事がしやすいので、体温調整にも役立ちますし、中には撥水加工がされているダウンベストもあるので暑い日にはウェア無しでも滑ることができます。

Burton(バートン)
¥21,120
(2020/09/28 15:50:07時点 Amazon調べ-詳細)

最後に

最後までお読み頂きありがとうございます。いかがでしたでしょうか?好みのパターンが見つかりましたか?

ちなみに筆者はスキー場や、その日の天候に合わせて暑い日はパーカー、普通の時はトレーナー、寒い時はフリースと3種類で使い分けています。

好みのパターンを見つけて、スノーボードをオシャレに楽しく満喫してほしいと思います!

この記事でお役に立てればと思います!

ABOUT ME
snowbeer
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。スケートボード歴は10年以上。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!