スケートボード

VANSのOLD SCHOOLをスケボーで使った失敗談!スケシューとしては微妙です

VANSのスニーカーってかっこいいですよね!個人的にも好きなブランドでよくスケシュー(スケートボードシューズ)としても履いているのですが、デザインも良いですし滑りやすさも感じています。

ただ、そんなVANSのスニーカーですが、全てがスケートシューズに適している訳ではありません。

この記事を書いている筆者は、スケートボード歴が10年年以上で現在でも滑り続けているのですが、VANSのスニーカーも何十足と履いてきました。

むしろ、VANSがとても大好きな筆者なので、今まで1番履いてきたブランドです。

そんな筆者ですが、VANSの定番スニーカー「OLD SCHOOL(オールドスクール)」を履いて滑った事もあります。

結論から言えば、OLD SCHOOLでスケートボードをするのは止めておいた方がいいです。

なぜこのような結論なのかについて説明すると共に、VANSをスケシューとして選ぶ時の注意点などもご紹介していこうと思います。

良かったら参考にしてみてください。

VANSのOLD SCHOOL(オールドスクール)をスケシューにした失敗談

VANSの定番スニーカーOLD SCHOOLの耐久性を試す為に、数年前に新品で購入して、スケートボードで使ってみた経験があります。

OLD SCHOOLはスケシューとして適していないと知っていた筆者ですが、以下の様な興味を持って試した事があります。

・実際に使うとどれぐらいの耐久性なのか

・少し耐久性が低いぐらいなら構わない

・昔は使われていたから使えるのでは?

・もしも問題なく使えたら、今後嬉しい

筆者はVANSが好きで、普段履きとして必ず1つはOLD SCHOOLを持っています。

デザインがカッコイイですし、何より履きやすいからです。

そんなOLD SCHOOLを新しく新品で購入して、1日中スケシューとして使って滑った結果がこちら。

・スニーカーに穴が空いて、靴下すらも穴が空いた

傷がつくレベルどころでは無く、穴が貫通してしまって靴下にすら穴が空いてしまいました。

新品で買ったのに、たった1日でこの結果です。

スケートボードはオーリー(ジャンプ)をする時に、スニーカーの側面をデッキに擦りながら引き上げるのですが、その影響でスニーカーに傷がつきます。

ちなみに、その時に使ったスニーカーではありませんが、穴が空いた所はここの部分です↓

(※穴が空いた時に使ったOLD SCHOOLではありません)

これは仕方がない事で、どんなスケシューでも傷がついてしまうのですが、さすがに1日で穴が貫通してしまうのは初めてでした。

耐久性が低い事は知ってたけど、ここまでとは・・・。

安く買っても1日で穴が空くなら、ハッキリ言って金の無駄使い。

筆者が思った正直な感想がこれです。

もちろんシューグーを使えば直せると思いますが、1日で穴が空く耐久性なら、この先も微妙です。

また、オーリーやトリックをした後の着地した時、足に来る衝撃も結構感じました。

衝撃を感じ続けていると、足の疲れもたまりやすくなります。

いくら好きとは言っても、これではお金がかかりますし、スケートボードを楽しめません。

この事を経験してからは、OLD SCHOOLでスケートボードをするのは止めました。

スポンサーリンク

VANSのスニーカーでも全てがスケシューに向いている訳ではない

VANSは確かにスケートボード用として誕生したブランドですが、全てのスニーカーがスケートボードに適している訳ではありません。

現在まで生地や性能が良くされてアップデートしてきたと言っても、やはりスケートボードに適した「Pro(プロ)」モデルと比べると劣ってしまいます。

劣ってしまう理由は、以下のような所です。

・生地が薄くて破れやすい

・インソール(靴の中敷き)のクッション性が弱い

OLD SCHOOL以外にも、ERA(エラ)、AUTHENTIC(オーセンティック)なども同じです。

「SK8-Hi(スケートハイ)」、通称「スケハイ」に関しても、SK8と入っていますが、これも同じで耐久性、クッション性が劣ります。

実際に失敗した筆者の意見ですが、この辺りのモデルはスケートボード用ではなく、「一般的な普段履き」として考えています。

ですので、VANSだからと言っても必ずスケートボードに適しているという訳ではありません。

VANSをスケシューとして選ぶなら

VANSはスケートボードのシューズブランドとして誕生した事もあり、たくさんのスケシューが展開されています。

その中でも「PRO(プロ)」シリーズや、「シグネチャーモデル」はスケートボードをしやすいモデルです。

シグネチャーモデルとは、プロスケーターの名前がモデル名で、そのプロスケーターが使っているスニーカーの事

【シグネチャーモデルの例】

・TNT(TONY Trujillo)

・KYLE WALEKER

・AVE(ANTHONY VAN ENGELEN)

・Gilbert Crockett

などなど・・

OLD SCHOOL、SH8-Hi、SLIP ONなどの通常モデルには「PRO」シリーズがあるのをご存じの方は多いと思います。

「PRO」シリーズですと耐久性などが変わってくるので、スケートボードに適しているスニーカーです。

また、シグネチャーモデルもプロスケーターと一緒に考えられただけあって、スケシューとして適しています。

ですので、VANSのスニーカーをスケートボードで使う場合でしたら、このようなシリーズが使いやすいです。

筆者がスケートボードで使うVANSのスニーカーは、必ず「PRO」シリーズや、「シグネチャー」モデルを使っています。

PROかシグネチャーを悩んだ場合

OLD SCHOOLやSK8-HiのPROか、シグネチャーの、どっちのシリーズにすれば良いか悩んだ場合でしたらPROシリーズを選んでおいた方が使いやすいです。

理由としては以下のような感じです。

・一般的に履きやすいスニーカーのアップグレード版だから

・OLD SCHOOLやSK8-Hi、SLIP onなどはスッキリして履きやすい

・シグネチャーの場合は少し癖がある時もある

OLD SCHOOLやSK8-Hiは一般的にも人気があるスニーカーなので、デザイン的にも履きやすいモデルです。

自分のスタイルに合わせやすいですし、スッキリとしたデザインなので使いやすさもあります。

シグネチャーの場合は、モデルによっては少しボリュームがあるデザインなど、少し癖があるモデルもあります。

もちろん、シグネチャーのデザインや履き心地の良さで選ぶ方も多いですし、筆者も気に入って履いています。

ただ、出来るだけ一般的に履きやすいモデルが良いと考えていましたら、OLD SCHOOKなどのPROシリーズの方が使いやすいです。

PROやシグネチャーを履いて滑った時の違い

VANSのPROやシグネチャーを使っていると、やはりその違いを感じる事があります。

実際に使っていると、以下のような違いを感じる事が出来ます。

・耐久性が強い

・クッション性が良い

・足のホールド感が良い

スケートボードに適しているモデルは、やはり耐久性が強いです。

滑っていて傷はつきますが、1日で穴が貫通する事なんて1度も経験した事がありません。

また、クッション性が良いので、足に伝わる衝撃も少なくて、滑っている時の疲れも軽減されます。

そして何より、スニーカーに足を入れた時に、しっかりとホールドされる造りなのでスケートボードの操作性が良く感じます。

ホールド感がよくないスニーカーですと、デッキを弾いた時に力が伝わりづらい事があります。

デッキに力が伝わりづらいと、オーリーなどで弾いてもデッキが高く上がってくれないので大切です。

この辺りの良さを考えてくれているのも、スケートボード向けに造られているなと感じています。

ですので、VANSのスケシューを選ぶ時には、「PRO」シリーズや、「シグネチャー」を選んでおけば、長持ちもしますし、滑りやすさも上がります。

まとめ

今回はVANSスニーカーをスケシューとして使う時の選び方などをご紹介してきました。

普通のOLD SCHOOLやSK8-Hiをスケシューとして使うと、後々後悔してしまう可能性があるので注意してください。

VANSのスケシューを選ぶ時には、PROシリーズやシグネチャーシリーズを選んでおけば今後も滑りやすくなります。

長持ち、滑りやすいスニーカーを選んで、スケートボードを楽しんでもらえたらなと思います。

最後に

最後までお読み頂きありがとうございます。VANSのスニーカーはスケートボードを滑っている時のグリップ力も良いですし、個人的に滑りやすいので気に入って履いています。

デザインも良いですからね。

ただ、「VANS=全てがスケシュー」ではないので、この辺りはぜひ注意してほしいなと思います。

せっかく気に入って購入したのに、長持ちしなければ残念な気持ちになってしまいますし、実は上達の妨害になっていたら凹みますからね。

VANSの中でもスケートボードに適したスニーカーを履いて、楽しいスケートボードを満喫してもらえたらなと思います!

この記事で、VANSのスケートボードに適したスニーカーの選び方について、お役に立てればと思います。

ABOUT ME
snowbeer
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。スケートボード歴は10年以上。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!