スケートボード

ダサいスケボーのブランドを選ばない方法!すぐに誰でも分かります

どんな分野でも同じ事ですが、やはりダサいブランドは出来るだけ使いたくないですよね。見た目を気にしやすい方にとっては、とくに大切な所だと思います。

この記事を書いている筆者はスケートボード歴が10年以上で、現在でも滑り続けているのですが、今まで何十枚とデッキを使ってきました。

また、友達たちが使ってきたデッキなどを入れると、100枚以上見てきました。

そんな筆者が初めに言っておくと「ダサいブランド」を使っている人はいませんでした。

もちろん、個人の好みというのはありますが、それでも「ダサいな~」と思った物はありませんでした。

そこで、ダサいスケートボードのブランドを選ばない方法をご紹介していきます。

良かったら参考にしてみてください。

ダサいスケボーのブランドを選ばない方法

まず初めに結論を言っておきます。

・スケートボード専門のプロショップで取り扱っているブランドを買う

これが1番簡単に見分けられる方法です。

スケートボード専門のプロショップで取り扱っているブランドの中には、「ダサいブランド」なんて物はありません。

その理由はとても簡単です。

・スケートボードが大好きな、本物の方達が仕入れている物になるから

例えばの話し、スポーツ量販店やスケートボードが専門ではない店の場合は、どんな人が仕入れているのか分かりません。

もちろん、スケートボードが好きな人が仕入れ担当をしている事もあると思いますが、それ以外の事も考えられます。

その結果、ダサいと言われるような物を仕入れてしまう可能性はあります。

ただ、「本物のスケートボード好き」の方達が仕入れている物は、プロショップならではの見る目があります。

また、スケートボードカルチャーの最前線を常に見ている方達なので、「ダサい物」なんてありません。

筆者も色々なスケートボードショップには行ったりしますが、「これダサいな~」なんて1度も思った事がありませんからね。

この理由から、スケートボードの専門ショップで買えば、ダサい物を選ばないですみます。

スポンサーリンク

気になったブランドをネットで検索する

気になったブランドがダサいのか気になったら、ネットで検索してみるとそのブランドの事を知る事が出来ます。

例えば、以下のような感じです。

【REAL スケートボード】

※「REAL」はブランド名になります

こんな感じで検索すれば、映像が出てくる事もあるので、それがどのようなブランドなのかを知る事が出来ます。

また、SNSのインスタで検索してみるのもアリです。

♯(ハッシュタグ)を付ければ、投稿している人もたくさんいますので、どれぐらいの人で、どのような人が使っているのかを調べる事が出来ます。

ちなみに、インスタで調べる時は、このような感じです。

【REALSKATEBOARDS】

↑アカウントを調べられる↑

【♯REALSKATEBOARDS】

↑使っている人を調べられる↑

※「REAL」というブランドの場合

SNSの場合、色々と調べた方はありますが、SNSを使う事でダサいのか、ダサくないのかの判断がつきやすくなります。

ブランドは個人の好みで分かれる

スケートボードのブランドには、たくさんの色々なブランドがあります。

全てのブランドを知る必要はないのですが、好きな人やこだわりがある人の場合は、このような意見も出てきます。

「俺だったら選ばない」

これは、あくまでも個人の好みになりますので、ダサいと同じ意味にはなりません。

ではどういう事かと言いますと、音楽に例えると以下のような感じです。

・ロック好き

・パンク好き

・ヒップホップ好き

・J-POP好き

などなど

このような感じで、音楽は好きだけど、好きな分野が変わるという感じです。

あくまでも一例ですけどね。

この理由から「俺だったら選ばない」という言い回しになって、個人の好みによって分かれる事はあります。

有名なブランドでもダサいデッキはあるのか?

たくさんブランドがある中には、色々なデザインのデッキが展開されていますよね。

それでは、その中からカッコイイ物とダサい物に分かれるのか?

ハッキリ言って、それも個人の好みです。

先ほどと同じで、「俺だったら選ばない」という意見はあると思います。

ただ、それがダサいと同じ意味にはなりません。

スケートボードのデザインには流行りなどもないので、自分が好きな物を選べば問題ないのです。

ダサいブランドと言っているのは1部の人だけ

ここから、少しだけ筆者が実際に体験した話しを入れたいと思います。

「○○のデッキかよ!ダセー!」

この言葉は、筆者が実際に聞いた事がある言葉です。

筆者が言われた訳ではありません。

ほぼ初心者の人が5~6人ぐらいの団体でいて、その中の1人が言われた言葉になります。

聞くつもりはなかったのですが、筆者の横で話していたので聞こえてきたのですが・・

それは、まさに筆者がその時に使っていたブランドでした。

作り話とかじゃなくて、ガチです。

スケーターなら誰でも知っている有名ブランドで、有名プロスケーターが立ち上げたブランドになります。

また、どこのスケートショップでも売っていて、筆者の友達たちも使っているブランドです。

ダサい!?何が!?

マジで意味が分かりませんでした。

それを聞いたので「同じブランドですね。」と声をかけてみたところ、他の人達は驚いた顔で黙り、そのデッキを持っていた人は「本当ですね!」と笑っていました。

その後は普通通り滑っていました。

これは実際にあった話です。

「何がダサいのか?どこがダサいのか?」なんて事は聞きませんでしたが、単純にその「ダサい」と言った人が決めつけていたんでしょうね。

小さい内輪の中でダサいなんて言われていても、それは本当に小さ過ぎる事。

むしろ、「ダサいと決めつけて上の立場に立ちたい」という人の方がダサいと筆者は考えています。

ですので、ダサいなんて事は勝手に人が決めつける事で、広い目で見れば、とんでもなく小さい事です。

最後に

最後までお読み頂きありがとうございます。スケートボードのブランドの中には、ハッキリ言ってダサい物なんて少ないです。

ですので、スケートボード専門ショップで買う事で、ダサい物を回避する事が出来ます。

スケートボードを選ぶ時には、せひ活用してみてください。

そして、気に入ったスケートボードのデザインを選んで、楽しんでもらえたらなと思います。

この記事で、ダサいスケートボードブランドを選ばない方法について、お役に立てればと思います。

ABOUT ME
snowbeer
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。スケートボード歴は10年以上。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!