バッグ

【厳選】レインカバー付きリュックのおすすめ3選。内蔵型・防水性も安心!

世の中には色々なリュックが存在しますが、リュックを探している方の中には「レインカバー付きリュック」を探している方も少なくはないと思います。

付属の「レインカバー」が内蔵で専用の収納ポケットがあれば、他の荷物と一緒になる事もなく、急な雨にも対応できる便利なリュックですからね。

ただ、いざ探してみると「レインカバー付きリュック」は多くありません。

また、検索すると内蔵型ではないリュックが出てくることもあるので、探すのにも時間がかかりやすいところだと思います。

筆者は以前、スノーボードショップでゴーグルやバッグ類のアクセサリー担当として働いていた経歴があるので、色々なリュックを見てきました。

そして、今まで数多くのリュックを使ってきた経験があります。

そんな筆者が今まで使ってきたリュックの中で、「おすすめのレインカバー付きリュック」をご紹介していきます。

よかったら参考にしてみてください。

「レインカバー付きリュック」を選ぶ時の注意点

ネットで「レインカバー付きリュック」を検索してみると色々な物が出てきますが、中には「レインカバーが付いているだけ」という物もあります。

例えばこのような物です。

・ショップが「おまけ」でつけてくれる

・リュックの中に内蔵できない

このように、「あくまでもセットでつくだけ」という物も多くあります。

実際に筆者も「レインカバー付き」と書いてあって買ってみたら、外付けの巾着に入っているだけで、リュックに内蔵できない物もありました。

確認せずに購入した筆者も悪いのですが、中にはこのような物もあります。

「レインカバーがリュックの中に収納できる内蔵型が欲しい」という場合は、このような所に気を付けてください。

「レインカバー付きリュック」おすすめ3選

それではここから「レインカバー付きリュックのおすすめ」をご紹介していきます。

ご紹介するリュックは、全て筆者が購入して、使って良かった物になります。

「レインカバー付きリュック」を探していましたら、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

コロンビア「キャッスルロック20」

フロントにポケットが付いたデザインの「キャッスルロック 20」。

生地の丈夫さはもちろんの事、610gと軽量なので、背負っていてストレスを感じづらいのが良いところです。

また、両サイドにはペットボトルや折り畳み傘を入れておけるポケットや、使いやすいフロントポケットも付いています。

またメインルームには小分け収納できるポケットもあるので、使いやすさもありました。

リュック下部には、付属で付いている「レインカバー」用の収納ポケットもあります。

また、「レインカバー」は取り外しができるようになっているのも良かったです。

背面パネルとショルダーベルトには、クッション性が良いパッドが入っているので、背中への当たりも良いです。

それと合わせてリュックが軽量なので、背負い心地も良かったです。

値段も定価が8,000円以下と安めなところも良いなと感じます。

容量は20Lと日常で使いやすく、ちょっとした日帰りハイキングなどでも使いやすい大きさです。

もう少し余裕が欲しいなという場合でしたら、次の「キャッスルロック 25」の方がおすすめです。

・容量:20L

・フロントポケットで使いやすいデザイン

・収納は2ルーム仕様で使いやすいポケット

・PCスリーブにA4ファイル収納可能

・「キャッスルロック 20L」のレビューはこちら >

コロンビアのキャッスルロック 20Lをレビュー。大きさや使い心地など!コロンビア(Columbia)のリュック「キャッスルロック20L バックパック(Castle Rock 20L Backpack)」を実際に買って使ってみたので、使った感想やサイズの大きさなど、ブログで色々とレビューしていきます。「キャッスルロック20L」を使ってみたら、値段以上に良いリュックだなと感じました。...

コロンビア「キャッスルロック25」

キャッスルロックの容量が上がった「キャッスルロック 25」。

20Lと同じで、リュック下部には付属する「レインカバー」専用の収納ポケットがあり、取り外しもできます。

フロントにはジッパー付きのポケットが付いたデザインで、見た目は多少違った感じです。

また、両脇にはペットボトルや折り畳み傘を入れられるポケット、メインルーム内には小分けがしやすいポケットが付いています。

背面パネルとショルダーベルトにはクッション性が良いパッドが入っています。

そして、重量も650gと軽量なので背負いやすさもありました。

値段も定価が7900円と1万円以下の値段なので、コスパは高めです。

25L容量なので、日常でも使いやすく、日帰り~1泊程度の旅行でも使える大きさです。

・容量:25L

・シンプルで斜めのジッパーがアクセントのデザイン

・収納は2ルーム仕様で使いやすいポケット

・PCスリーブにA4ファイル収納可能

・「キャッスルロック25」のレビューはこちら >

コロンビアのリュック「キャッスルロック25L」をレビュー。バックパックの大きさや使い心地など!Columbia(コロンビア)のリュック「Castle Rock25L Backpack(キャッスルロック25L バックパック)」を実際に買って使ってみたので、使った感想やサイズの大きさなど、ブログで色々とレビューしていきます。「キャッスルロック25L」を使ってみたら、値段以上に良いリュックだなと感じました。...

ミレー「KULA 30」

シンプルで日常でも使いやすいデザインなので、色々なシーンで使いやすいミレーの「KULA 30」。

背負い心地の良さを上げてくれるショルダーベルトやバックパネルもおすすめできる理由の1つです。

両サイドには500mlペットボトルや折り畳み傘を入れておけるポケット、ショルダーベルトにはメッシュポケットなども付いています。

また、上部からアクセスしやすいポケットに、ペンや小物を小分けして収納できるポケットが付いていたりと、使いやすさもあります。

リュックの下部には「レインカバー」専用の収納ルームもあるので、他の物とは別に収納しておけます。

また、取り外しも出来るので、確実に必要ないなという日でしたら、外して別の物を収納する事もできます。

容量も30Lと大きめなので、荷物もたくさん入ってくれるリュックです。

少し大きめのリュックなので、日常でも使いやすく1泊~2泊ぐらいの旅行でも使いやすい大きさです。

・容量:30L

・背負いやすさを向上させるショルダーストラップ

・A4ファイルをPCスリーブに収納可能

・すぐにアクセスできる使いやすいポケット

・「KULA 30」のレビューはこちら >

ミレーのリュック「KULA 30(クーラ30)」をレビュー。バックパックの大きさや使い心地など!ミレー(MILLET)のリュック(バックパック)、「クーラ30(KULA30)」を買って使ってみましたので、ブログで大きさや使い心地などをレビューしていきます。通勤や通学などの普段使いとしてどうなのか、入る荷物の量や、背負った時の感じなど、色々と書いていきたいと思います。...

最後に

最後までお読み頂ありがとうございます。レインカバーが内蔵されていれば、急な雨にも対応が出来るので、いざとなった時でも安心して使えます。

ここでご紹介してリュックは、日常でも使いやすかったです。

ぜひ参考にしてもらえればなと思います。

この記事で、「レインカバー付きリュック」で悩んでいる方のお役に立てればと思います。

ABOUT ME
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。スケートボード歴は10年以上。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!