スケートボード

BONES(ボーンズ)のSTF 99Aウィールをレビュー!使い心地や使った感想など!

「BONES(ボーンズ」のSTF(STREET TECH FORMULA)99Aウィールを実際に購入して使ってみました。

筆者はスケートボード歴が10年以上で、99Aスケートボードウィールを好んでよく使っています。

そんな筆者がBONESのSTF 99Aウィールを使ってみたところ、ストリートセクションでもランプでも使いやすかったです。

不要なスリップがないのに、パワースライドやドライブもやりやすかったので、良いウィールだなと感じました。

そこで、実際に使ったBONES(ボーンズ)のSTF(STREET TECH FORMULA)99Aウィールを、ブログで色々と詳しくレビューしていきます。

良かったら参考にしてみてください。

BONES(ボーンズ)のSTF 99Aウィールをレビュー

・今回レビューするのはこちらです

1978年に立ち上がったスケートボードブランド「POWELL PERALTA」のウィールブランドとして始まった「BONES(ボーンズ)」

ウィールだけではなく、耐久性と性能の良さで評判が良いBONESベアリングや、BONESブッシュも展開しているブランドです。

そして、今回筆者が使ったBONESウィールの詳細は、次のような物になります。

ブランド:BONES

モデル:STF(STREET TECH FORMULA)

シェイプ(形):V1

硬さ:99A

サイズ:52mm

このブログを書いている筆者は、カーブやレールなどのストリートセクションもやりますし、ランプやボウルもやります。

そんな筆者が「V1」を選んだ理由は、色々な場面で使いやすい好みの形状だからです。

そして、「BONESのSTF 99Aウィール」を使った感想を先に言うと、良かったところは次のような感じです。

【「BONES」STF 99Aウィールの良かった所】

・ストリートセクション、ランプで問題なく使える

・不要なスリップはせず、グリップ力が良い

・グラインド、スライド系のトリックで滑ってくれる

・パワースライドやドライブがやりやすい

このような所が良かったです。

ただ、次のようなデメリットもあるなと感じました。

【デメリット】

・滑っている時の音は大きめ

・路面が粗いと振動を感じやすい

このようにも感じました。

そんなBONESのSTF 99Aウィールについて、詳しく書いていきます。

スポンサーリンク

「BONES」STFウィールの種類の違い

まずは、「BONES」STFウィールの種類の違いを載せておきます。

「BONES」STFウィールの硬さ

・99A

・103A

硬さは99Aと103Aの2種類だけになります。

キレイな路面のパークで、より早くて滑らかな滑り心地の103A。

色々な路面に対応しやすい99A。

筆者は路面が荒れている場所でも滑る事が多く、ランプやボウルもやるので99Aを選びました。

そして、形の違いが次のような感じです。

種類違い
V1【STANDARD】正面から見ると丸みがある形状で、標準的なモデル
V2【LOCKS】正面から見ると角ばった形状で、カーブやレールにロックしやすいモデル
V3【SLIMS】正面から見ると細めな形状で、軽量かつスライドしやすいモデル
V4【WIDE】正面から見ると太めな形状で、スピードが出やすくてグリップ力が増すモデル
V5【SIDECUT】側面から見ると中央に凹みがある形状で、グラインドなどで引っかかりづらいモデル
V6【Wide Cut】V5をワイドにした形状で、路面でのグリップ力がありながら、グラインドなどで引っかかりづらいモデル

【※参考(ハスコ・エンタープライズ(BONES日本正規代理店) )】

6つの形状によって、それぞれ特徴が分かれてきます。

筆者は標準的な形状が好みなので、V1のSTANDARDを選びました。

一般的なスケートボードウィールの形状で、細すぎず太すぎず、標準的な形です。

多様性に優れているモデルなうえに重さも気にならず、色々と使いやすい所が良いなと感じています。

粗い路面で使いやすかった

BONES「STF 99A」は、粗い路面で滑りやすかったです。

滑る場所によっては路面が粗いところもありますが、振動が少なめなのが良いなと感じました。

ただ、ソフトウィールと比べると振動を感じやすいという点はあります。

とは言っても、103Aよりかは柔らかいので、そこと比べると振動を感じづらいのは良い所だなと感じます。

スピードも落ちづらいですし、トリックもやりやすかったです。

キレイな路面で使いやすかった

BONES「STF 99A」は粗い路面で使いやすかったですが、キレイな路面でも使いやすかったです。

スリップすることはありませんし、スピードが落ちづらいなんて事もありません。

103Aと比べると、少しはスピードが落ちやすいかもしれませんが、それでも満足できるスピードでした。

粗い路面だけではなく、キレイな路面でも使いやすいのが良かったです。

レールやカーブでトリックしやすい

BONESのSTF 99Aウィールでグラインドやスライドをやってみたところ、問題なく使う事ができました。

柔らかいウィールだと、カーブで滑らすトリックをやる場合、詰まってしまって滑らない場合があります。

例えば、50-50グラインド、5-0グラインド、K-グラインドなど。

また、グラインド系やスライド系のトリックはカーブのアングルや、面の上や側面にウィールが当たるようになります。

この時、ウィールも滑ってくれないと、うまく進んでくれません。

BONESのSTF 99Aウィールを使ってグラインドやスライドをしてみたところ、何も問題ないどころか、やりやすかったです。

パワースライドやドライブはやりやすい

BONESのSTF 99Aウィールでパワースライドをやってみたところ、何も問題なくできました。

99Aスケートボードウィールなので、この辺りは普通かなといった感じです。

また、同じような感じの「ドライブ」をいれる事もできました。

ドライブもウィールは硬い方がやりやすいので、問題なくやる事ができます。

ランプやボウルでのグリップは良い

BONESのSTF 99Aウィールを使ってランプで滑ってきました。

滑っている時にスリップなどはせず、しっかりとグリップが効いてくれて安心感がありました。

グラインドやスライドは問題なくできて、コーピングで詰まるという事もなかったです。

トリックをした時にはウィールが滑ってくれながら、ランプの面ではスリップしなかったので、やりやすいウィールでした。

また、ボウルで滑ってみても、スリップは起こらず、快適に滑る事ができました。

ランプとボウルの両方で滑りましたが、スリップの不安感は一切なく、トリックの練習もしやすかったです。

BONESのSTF 99Aウィールはグリップ力があるので、安心して楽しむ事ができました。

滑っている時の音は大きい

BONESのSTF 99Aウィールは硬めなので、アスファルトなどの路面で滑っている音は大きめでした。

また、キレイな路面のパークで滑っても、柔らかいウィールと比べると音は大きいです。

99Aウィールは、どれでも同じように音が大きくなるので、この辺りはしょうがないかなといった感じです。

「BONESのSTF 99Aウィール」レビューのまとめ

BONESのSTF 99Aウィールを使ってみて、グリップ力がありながら、色々な路面で使いやすいのが良いなと感じました。

カーブやレールでトリックした時は詰まりづらかったので、トリックのやりやすさも良かったです。

また、グリップ力がありながら、パワースライドやドライブがやりやすいうえに、不要なスリップをしないという使いやすさもありました。

ただ、99Aなので滑っている時の音が大きくなりやすかったり、柔らかいウィールと比べると、振動が感じやすかったりという点もあります。

とはいっても、それはどんな99Aウィールも同じ事ですし、しょうがないかなと感じています。

ブランドイメージ的にもカッコ良さがあり、使い心地も良いウィールでした。

最後に

最後までお読み頂きありがとうございます。BONESのSTF 99Aウィールは以前にも使ったことがありますが、使いやすさとしては本当に良いウィールだなと感じています。

パンクもしづらかったですし、削れづらいので長持ちしてくれるのも良かったです。

そしてやはり、BONESのカッコ良さもあるので使っていて気分も上がります。

使いやすさも、カッコ良さもある良いウィールだなと感じました。

ABOUT ME
Avatar photo
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。スケートボード歴は10年以上。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!