カルチャー・その他

12月のスキー・スノボショップ街、神田・御茶ノ水をレビューします

12月後半の土曜日にスキー・スノーボードショップが並ぶ神田・御茶ノ水に行ってきたので、街の混み具合など、色々とレビューしたいと思います!

もう1年が終わろうとしているこの時期ですが、スノーボード好きにはたまらない時期ですね!

もうすでに何回も滑り行っている方や、これからスノーボードの準備を始める方も多いと思います。

そんな12月に御茶ノ水へ行ってきました。

1年間のまとめ記事はこちら↓
【スノーボード用品が安いセールの時期はいつ?実際に1年間を調べてみました!】

タップで移動する目次
  1. 12月の御茶ノ水をレビュー!

12月の御茶ノ水をレビュー!

この日はあいにくの雨だったので、街にあまり人は来ていないかなと思っていた筆者だったのですが、お昼ぐらいに神田・御茶ノ水に到着すると、筆者の思っていた通り、大通り沿いには12月のシーズンとは思えないほど人が少なかったです。

筆者は以前、スノーボードショップで働いていた経歴があるのですが、やはり天気が雨だとお客さんは少なくなる印象がありました。

これはスキー・スノーボードショップにかかわらず、どんなお店も同じようなことですね。

ただ、筆者が到着した時の大通り沿いは人が少なかったのです、街中をブラブラ歩きながら、色々なショップに入ってみてみると、各ショップの中にはかなりのお客さんが入っていました!

人が少ない印象の雨でしたが、みんなショップ内にいた感じです。

混んでいるというわけではありませんが、どこのショップも筆者が思っていたよりは結構人が入っていた印象があり、そして、少し時間が経つと、さっきまで人が少なかった大通り沿いにも人が増えてきました。

筆者が見た時間帯が早かったという感じでしたね。

筆者が以前働いていた時の経験上、この12月の中旬から後半にかけてが、この神田・御茶ノ水のショップ街が1番混んでいる印象です!

当時、よく聞くお客さんからの話しが、年末年始の帰省時にスキー場に行く方や、年越しをスキー場で過ごすという話し、そして、学生、社会人問わず、冬休みを利用してスキー場へ行くという話しをよく聞きました。

もちろんボーナスということもあると思います。

筆者にはボーナスは無いのでうらやましい話ですが・・・

これらの事が合わさるので、12月の中旬から後半は混む率が高くなります。

平日の夜でも、仕事終わりの方たちが来るので、かなり混む事が多いくらいでした。

余談の昔話になりますが、筆者が働き始めた10年以上前に、東京ドームで「X-TRAIL JAM」という大会がありました。

この大会にはオリンピック金メダルを獲った「ショーン・ホワイト」や、レジェンドクラスの「テリエ・ハーコンセン」、「トラビス・ライス」も出場していたかなりのビッグイベントです!

もうすでに開催されていない大会ですが、ネットで「X-TRAIL JAM」と検索すればまだ出てきたので、気になったらチェックしてみてください。

この大会が行われる東京ドームと、スノーボードショップ街が近いという事があり、この大会が行われる日は、開店する前から人がかなり多く、開店と同時にお客さんが一気に入ってきて、お昼ご飯を食べたのが夕方過ぎという記憶があります。

スノーボードショップで働いていた時にあの時ほど忙しかった記憶はありません。

現役で現在スノーボードショップに働いている友達に話しを聞くと、「あんなのはもうないよ。大会がやっていた時は普通だったけど、いま考えるとあれは異常だった。」とのことです。

話しがかなり脱線しちゃいましたね・・・

ただ、その友達の話ですと、やはり12月のこの時期は、あの頃に比べれば人は少ないけど、いまだに忙しいとのことです。

スタッフが接客で埋まってしまって、お客さんに「すみません」と声をかけられても対応が追い付かないという事もある場合があるとのことでした。

筆者がそのショップに遊びに行った時も、その友達が空くのにかなり時間が経ってからでしたし、「こんな時に来るなよ」と言われたのも事実ですが。

やはりこの時期はトップシーズンという感じで忙しそうです。

もちろん、常にスタッフが埋まっているや、各ショップ内が込み合ってゆっくり商品を見れない、レジが並んで時間がかかる事などはありません。

しかし、混雑する時間に行ってしまうと、説明を聞くのに時間がかかってしまうという事もあるかもしれません。

ですので、もし、この時期に行こうと考えている場合でしたら、筆者個人的な考えで言いますと、午前中に行くのがおすすめです。

ショップによっては午前11:00開店というところもありますが、それくらいに行くと人も少なく、ストレスなく買い物が楽しみやすいと思います。

また、各ブランドの人がヘルプで来ている場合があるので、各ブランドの人に直接説明が聞けるということもあります。

ヘルプで来ているブランドの人は、大体が1人で来ている事が多いので、早めに行けばその人から説明をしてもらいやすいです。

説明をしっかり聞いて、待つのが苦手な方は早めの時間に行くことをおススメします。

ちなみに、ショップを色々と周っていると、もうすでにアウトレットセールや、タイムセールを開催しているショップや、購入した分のくじ引きが引けたりと、色々なお得になるイベントを開催している所がありました。

これからスキー・スノーボード用品を購入しようと考えている方にはかなり嬉しいことですね!

以前記事にした、スキー場のリフト券が安く買える「WINTER PLUS」の割引チケットブースもあるので、お得に買い物を楽しめると思います!

スポンサーリンク

最後に

最後までお読みいただきありがとうございます。雪が本格的に降って、スキー場もオープンし始めてスキー・スノーボードシーズンになりましたね!

筆者もこの記事を書いている時点で何回か滑りに行きました!

良い道具をGETして、始まったばかりのスキー・スノーボードシーズンをたっぷりと満喫しましょう!

ABOUT ME
snowbeer
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。スケートボード歴は10年以上。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!