アクセサリー

【夏】サマーゲレンデにワックスは必要?塗らないで行った時の状況を紹介します

夏にスキーやスノーボードを楽しむ事ができるサマーゲレンデですが、冬の雪山と同じようにWAXは必要なのかな?と考える人もいると思います。

ゲレンデ内に雪はありませんし、必要ないのでは?と思いやすいですよね。

実際に筆者は「かぐらスキー場」のサマーゲレンデへ行った事があるのですが、板にWAXは塗らずに行ってきました。

サマーゲレンデ用のWAXも販売されていますが、必要ないだろという考えでしたのでWAXは塗られていない、むしろ現在使っていない古い板を持って行きました。

その状態の板で滑った時の状況をご紹介していこうと思います。

WAXが必要か悩んでいましたら、参考にしてみてください。

サマーゲレンデにWAXを塗らないで行った状況

筆者が行ってきたのは、新潟県にある「かぐらスキー場」へ行ってきました。

ゲレンデ内には「ピスラボ」という硬い材質の物が敷き並べられている状態です。

サマーゲレンデの詳しい記事はこちら↓

この時初めてサマーゲレンデへ行った筆者は古い板で行ったのですが、ワックスをおろか、何もメンテナンスをしていない状態の板で行ってきました。

ちなみに、この時にサマーゲレンデ用の板とも乗り比べてきたので、よかったらこちらも参考にしてみてください。

サマーゲレンデ用の板との乗り比べ記事はこちら↓

ですので、この時は2枚の板で滑ってきました。

レンタル用の板には、ワックスが塗られている状態でしたので、その辺りの違いも紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

ワックスを塗らないと滑らない?

かぐらのサマーゲレンデ内には、滑っている途中でワックスを塗る事ができるところがあります。

滑り始める所にもありますし、ゲレンデ内の所々にもそれは設置されています。

筆者はまず初めに、ワックスが塗られていない自分の板で滑っていたのですが、正直な話、ワックスが塗られていなくても滑るだけならできます。

・ワックスを塗らなくても滑るだけならできる

これは、所々にあるワックスゾーンがあるので、その上に板ごと乗ってしまえばワックスが塗られるという事も含めています。

この簡易的なワックスも設置されているので、多少ですが板の滑りも良くなりますし、剥がれてしまった状態でも滑る事はできました。

ただ、この状況には裏話がありまして、自分の板ではうまく滑る事ができなかった。というのがあります。

言っている意味が分かりづらいと思いますが、筆者がサマーゲレンデへ行った時、自分の板のエッジが全然研がれてなくて、うまく滑れなかったのです。

ピスラボはとても硬い材質になるので、丸まっているエッジでは立つ事すら難しいのです。

ただ、滑りづらい状態とは言っても、何とか滑る事ができたのですが、それでもワックスゾーンを通過すると滑りの良さは変わりました。

そして、ワックスゾーンを通過した後に滑っていると、少しずつ減速していく感じです。

自分の板で滑っていた時には、ターンもぎこちない感じで滑っていたのですが、その分、スピードも全然出ていませんでした。

スピードが出ていない状態でリフト乗り場付近に到着していたので、手前でストップしてしまう状態。

もちろんワックスゾーンは通過していたのですが、言っても簡易ワックスなのですぐに剥がれてしまい、それに加えてスピードが出ていない状態なので、平地になってしまうと止まってしまいました。

恥ずかしい話を言いますと、滑り始めの時には、コース内の平地でも止まってしまった時もありました。

それだけ減速がしやすいという事と、筆者のスピードが出ていなかったという事です。

ワックスを塗っていない状態でも滑る事はできますが、やはりワックスゾーンを通過しただけで変化はあったので、ワックスを塗っていく意味はあるのかなとその時は感じました。

ワックスが塗られている板はどうなのか?

先ほどは自分の板で滑った時の話ですが、レンタル用の板でも滑ってみた感じは、ワックスが塗られていると全然違うという事を実感しました。

サマーゲレンデ用の板をレンタルする時に、スタッフの方が簡易ワックスのような専用のワックスを塗ってくれるのですが、そのワックスの影響もあって自分の板より滑り出しが早かった印象です。

ちなみに、筆者はこの日、最終的にはレンタルの板をメインにして滑っていました。

やはりメンテナンスが行き届いている板は滑りやすかったです。

そんなレンタル用の板ですが、やはりワックスが塗られているという事もあって気持ち良く滑る事ができたのですが、それでもやはり減速はしました。

ワックスゾーンを通過した後はスピードがアップしてくれるのですが、そこから徐々に減速してきて、また次のワックスゾーンでスピードアップという感じです。

ただ単純に表面にだけ塗られている状態なので、滑っている時にワックスが落ちてしまうという事ですね。

減速は感じましたが、メンテナンスをされていない自分の板と比べますと、止まってしまうという事は1度もありませんでした。

乗りやすくてスピードもある程度維持できていたという事もありますが、それでもメンテナンスされている板の方が減速加減は少なかった印象です。

まとめ

実際にワックスが塗られていない板と、塗られている板を両方とも乗ってみた感想は、

・ワックスが塗られていなくても滑るだけならできる

・ワックスが塗られていないと、すぐに減速する

・簡易ワックスを塗っていても途中で減速する

という感じになります。

ですので、ワックスは本当に必要か?と聞かれたら、

「なくても滑る事はできるけど、塗ってあった方が確実に良い」

というのが筆者の考えになります。

個人的な考えにはなってしまいますが、やはりせっかく滑りに行くのであれば気持ちよく滑りたいですからね。

かぐらスキー場のように、ワックスゾーンが所々に設置されているのであれば、ワックスを追加しながら滑る事ができると思います。

しかし、まったくワックスが無い状態ですと滑りは悪いと思います。

実際に筆者の板も滑りは悪かったですからね。

ワックスゾーンが無ければ、スピードは全くでない状態になっていたと思います。

もちろん、ワックスが無くても滑る事はできるので、スピードを出さなくて良いという事でしたらわざわざワックスをかける必要はありません。

ただ、できるだけ思うようにスピードを出して、気持ちよく滑りたいという場合でしたらワックスをかける事をおすすめします。

ワックスを塗られた事によって、スピードが出たのは筆者も実感することができました。

ちなみに、こんな感じのワックスが販売されています。

このようなサマーゲレンデ用のワックスを使えば板の滑りも良くなりますので、できるだけスピードを出したいという方は塗っていくことをおすすめします。

アイロンで塗るホットワックスになるのですが、剥がす必要もなくて、塗ったそのままの状態で使う事ができるので簡単にできると思います。

ホットワックスにプラスして、各スキー場のワックスゾーンで簡易ワックスを塗れば持続性も長くなりますからね。

そして、以前に【サマーゲレンデ用と普通のスノーボードの板の違いをレビューします】という記事でも書いたのですが、エッジの調整だけはしっかりやっておく事を強くおすすめします。

エッジが研がれていないと、筆者のようにターンをするだけでも困難な状態になってしまうので、滑りに行く前に調整だけはやっておいた方がいいです。

最後に

最後までお付き合い頂きありがとうございます。滑りに行った時にはワックスは必要ないだろと思っていた筆者ですが、実際に滑ってみると変わるものですね。

次回行く時には必ずワックスを塗る事と、エッジを研ぐという事を忘れないようにしようと感じました。

もしもこれからサマーゲレンデへ行くことを考えていましたら、この2つのメンテナンスをやっておくことをおすすめします。

この記事で、サマーゲレンデのワックスについて、お役に立てればと思います。

ABOUT ME
snowbeer
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。スケートボード歴は10年以上。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!