スキー場

3月後半の苗場スキー場をレビュー!春スノーボードも楽しい!

スノーボードシーズンの終わりが近い3月の後半に新潟県の苗場スキー場へ行ってきました。

この年は3月に入ってから気温が一気に上がった年でした。

行く前から雪が溶けて土が出ている茶色の雪になっているだろうなと思いながら向かい、駐車場に着いたらやはり雪が無い状態。

ただ、駐車場からゲレンデを見るとスキー場にはまだまだ雪が付いている状態でした。

この時期であるあるの、駐車場には雪がなく、ゲレンデにはしっかりついている状態です。

今回は、3月の後半に行った苗場スキー場について、色々と書いていきます!

3月後半の苗場スキー場をレビュー!

ゲレンデ内に到着した時の雪質は、春らしい水分が多いシャバシャバの雪質。

冬のようなフワフワなパウダーや、しっかりとしまっているような状態ではありません。

とは言っても、個人的には、これはこれで楽しめるので、嫌な気持ちとかは一切ありません。

この日は土曜日だったのですが、3月後半という事もありトップシーズンと比べると滑りに来ている人は少ないです。

ただ、すごくガラガラという訳でもないので、3月後半でも滑りに来る人はまだまだ多いと改めて感じさせられました。

筆者が来たこの日は、2つのゴンドラが動いていたので、最初に「プリンス第1ゴンドラ」に乗り込み、頂上付近へと向かいました。

頂上付近のゴンドラ降り場の雪質はトップシーズンと比べるとやはり水分が多くて重い雪質ではあります。

ただ、スキー場下部の雪質と比べると雪がしまっている状態で、思っていたよりは良い雪質でした。

トップシーズンと比べると、ゲレンデ内は積雪量が少ない状態で、所々には土が出ている所もあります。

とは言っても、スキーやスノーボードを楽しむ分には十分な積雪量で、土まじりの茶色い雪も少ない状態でした。

滑るには問題がない程度だったので筆者個人的には何も問題なかったです。

ゲレンデを上部から下部まで滑っていると徐々に雪が緩んできて最後にはシャバシャバな雪質にはなりました。

ただ、所々にある壁には雪が付いており、ジャンプできる所もあったので地形遊びも楽しむ事が出来ました。

この時期ならではの緩い雪質なので、転んだ時の痛さも軽減してくれて、色々な事に挑戦しながら遊べました。

この日は晴れてかなり暖かい日だったのでかなり気持ち良く滑る事が出来ました。

ターンを普通に楽しめますし、地形も普通に楽しめるので、この辺りは通常と同じかなと感じています。

とは言っても、トップシーズンと比べてしまうと、やはり感覚は変わりますけどね。

それでも、それはそれで楽しめますし、温かい気候の中、まったりと楽しめるのがこの時期の良い所だなと感じています。

スポンサーリンク

この時期に着ている物は?

3月後半の春のスキー場の場合、何を着ているのが多いのかご紹介していきます。

他に滑りに来ている人達はパーカーやトレーナーで滑っている人が多かったです。

また、サングラスで滑っている人も多く、ジャケットを着ないでビブパンだけで滑っている人もいました。

やはり春になるとみんな軽い服装で滑る人が多くなりますね。

もちろん、スノーボードウェアのジャケットとパンツを着ている人もいます。

ただ、比率的には軽装な恰好をしている人の方が、明らかに多いです。

ちなみに、この日は筆者もパーカーを着て滑っていました。

そして、中身には吸汗速乾に優れたインナーを着ています。

【レビュー】BURTONのファーストレイヤーMidweight Base Layer CrewとPantのサイズ感など!BURTON(バートン)のファーストレイヤー「Midweight Base Layer Crew(ミッドウェイト)」と「Midweight Base Layer Pant(ミッドウェイト」を1シーズン着て滑ったのでレビューしていきます。BURTONとしては中間の厚さのファーストレイヤー。着心地やサイズ感など、色々と書いていきます。...

寒くはないこの時期ではありますが、逆に暑くなりやすくて汗をかきやすいからです。

汗でインナーが濡れると気持ち悪いですし、春でも夕方になるとさすがに寒くなります。

ですので、滑っている時の快適性や汗冷え防止のために、春でも吸汗速乾性に優れたインナーを着ています。

その日の天気や気温によっても変わりますが、個人的にはパーカーと、このインナー2枚で1日を快適に過ごしています。

この時期はトップシーズンと違う、軽装な恰好で滑れる所も良いなと感じています。

スノボで使えるおすすめ撥水「パーカー」ブランド15選!メジャーからマイナーまで!【20-21モデル!】スノーボードで使える撥水加工「パーカー」のおすすめブランドを、元スノーボードショップ店員がメジャーな物からマイナーな物までメンズ、レディース問わずまとめました。選び方や注意点も書いていきますので、撥水パーカー選びで悩んでいましたら、ぜひ参考にしてみてください。...
スノーボードで使うサングラスのおすすめブランド10選!偏光レンズは良いのか?スノーボードで使うサングラスの選び方やおすすめのブランドを、元スノーボードショップ店員が色々とご紹介していきます!安いけどコスパが高い物や、メジャーな物からマイナーな物までご紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。...

ワックスはあった方が良い

3月後半の春のスキー場で滑る場合には、ワックスはあった方が良いです。

緩い雪質だったり、土が混じっていたりするので、やはりスピードが出ずらい状態です。

場所によってはブレーキがかかる所もあるので、平な所では止まってしまうなんてこともあります。

滑っている時のブレーキは意外と危険ですし、ストレスにもなりますからね。

ですので、筆者は必ずと簡易ワックスを持っていきます。

たまに、「春は止まりやすい」なんて言葉を聞きますが、それは正解だと感じています。

筆者も同じような経験をしていますからね。

ですので、楽しむために準備をしておけば問題ないというのが筆者の考えです。

このワックスは毎回持って行っているのですが、長持ちもしてくれますし、春でもしっかりと滑ってくれます。

もちろん、この他にも簡単にできるワックスはあるので、春に滑り行く場合でしたら何か1つ準備しておいた方が楽しめます。

スノボで使う簡易ワックスおすすめ5選!スプレーやペーストなど!スノーボードで使う簡単に出来る「簡易ワックス」のおすすめを元スノーボードショップ店員がご紹介していきます。スプレータイプの物からペーストの物まで色々とありますので、それぞれの特徴なども含めながらご紹介します。どれにしようか悩んでいましたら参考にしてください。...
簡単にできるワックスZardoz Notwax!シーズン初めから春まで使えます!簡単にできるスキー、スノーボードで使うワックスZardoz Notwax(ザードス ノットワックス)を使っている筆者が色々とレビューしていきたいと思います。コンパクトで簡単に出来るこのワックスは、塗るだけで本当に滑ってくれます。意外と使えるアイテムなので、色々とご紹介していきます。...

3月後半のスノーボードはまだまだ滑れる

3月後半の春のスキー場は晴天率も高くて暖かい日が多く、のんびりまったりと滑れる感じです。

筆者個人的にはトップシーズンとはまた違った雰囲気や楽しみがある春のスノーボードも好きです。

もちろん、トップシーズンとは雪質が変わってしまいますが、ワックスなどちゃんと準備していけば快適に滑れます。

転んでも痛くないというのも良い所ですからね。

技の練習もしやすいですし、暖かい陽気の中で楽しむスキー場は雰囲気も良くて楽しいです。

そして、晴れて暖かいゲレンデでコーラを飲むのは最高です!

最後に

最後までお読み頂きありがとうございました。この時期になるとトップシーズンに比べて雪質は良くないですが、春にはまた別の楽しみ方もあるのでこの時期のスノーボードも大好きな筆者です。

今回は思っていたよりも良い雪質だったので最後までたっぷりと楽しむ事が出来ました。

まだまだ滑れるスキー場があるので行けるだけ楽しもうと思います。

ABOUT ME
snowbeer
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。スケートボード歴は10年以上。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!