スキー場

3月後半の苗場スキー場をレビュー!春スノーボードも楽しい!

スノーボードシーズンの終わりが近い3月の後半に新潟県の苗場スキー場へ行ってきました。

この年は3月に入ってから気温が一気に上がった年だったので、ゲレンデ内は雪が溶けて山の土が出ている茶色の雪になっているだろうなと思いながら向かい駐車場に着いたらやはり雪が無い状態ではありましたが、駐車場からゲレンデを見るとスキー場にはまだまだ雪が付いている状態でした。

ゲレンデ内の下部の雪質は水分が多くて重いシャバシャバの雪質ではありましたが、筆者の個人的にはこのシャバシャバの雪が春を感じさせてくれて、これはこれで楽しそうだなと感じました。

この日は土曜日だったのですが、3月後半という事もありトップシーズンと比べると滑りに来ている人は少なくは感じましたが、筆者個人的にはそれでも滑りに来ている人は多く感じました。

3月後半でも滑りに来る人はまだまだ多いと改めて感じさせられました。

苗場スキー場にはドラゴンドラという苗場スキー場とかぐらスキー場を結ぶゴンドラを除くと、スキー場メインにはゴンドラが2つあるのですが、筆者が来たこの日は2つ共ゴンドラが動いていたので、最初に「プリンス第1ゴンドラ」に乗り込み、頂上付近へと向かいました。

頂上付近のゴンドラ降り場の雪質はトップシーズンと比べるとやはり水分が多くて重い雪質ではありましたが、スキー場下部の雪質と比べると雪がしまっている状態で、思っていたよりは良い雪質でした。

スキー場に着くまではゲレンデ内は積雪量が少なくて、雪が溶けて土が混じった茶色い雪が多いと思っていた筆者ですが、思っていた事とは真逆で、スキーやスノーボードを楽しむ分には十分な積雪量で茶色い雪もほぼ無い状態でした。

ただ、やはりゲレンデ内の所々には雪が溶けて土が出ている所もありましたが、滑るには問題がない程度だったので筆者個人的にはだいぶ有難かったです。

ゲレンデを上部から下部まで滑っていると徐々に雪が緩んできて最後にはシャバシャバな雪質にはなりましたが、所々にある壁にもしっかりと雪が付いており、ジャンプできる所もあったので地形遊びもたっぷりと楽しむ事が出来ました。

この時期ならではの、トップシーズンのしっかりしまっている雪質よりも、雪質が緩んで転んだ時の痛さが軽減するという事もあったので、色々な事に挑戦しながら遊べました。

この日は晴れてかなり暖かい日だったのでかなり気持ち良く滑る事が出来ました。

他に滑りに来ている人達はパーカーやトレーナーで滑っている人が多かったです。

ゴーグルではなくサングラスで滑っている人も多く、ジャケットを着ないでビブパンだけで滑っている人もいました。

やはり春になるとみんな軽い服装で滑る人が多くなりますね。

春の時期は晴天率も高く暖かい日が多くてのんびりまったりと滑れるので、筆者個人的にはトップシーズンと違う楽しみがある春のスノーボードもとても好きです。

そして、晴れて暖かいゲレンデでコーラを飲むのは最高です!

関連記事

スノボで使える撥水加工パーカー、オススメブランドを紹介

暖かくて動きやすい!スノーボードのインナーに撥水トレーナーをおすすめします

スノーボードで使うサングラスは偏光レンズがオススメ?ブランド6選

最後に
最後までお読み頂きありがとうございました。この時期になるとトップシーズンに比べて雪質は良くないですが、春にはまた別の楽しみ方もあるのでこの時期のスノーボードも大好きな筆者です。

今回は思っていたよりも良い雪質だったので最後までたっぷりと楽しむ事が出来ました。まだまだ滑れるスキー場があるので行けるだけ楽しもうと思います。

ABOUT ME
snowbeer
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。スケートボード歴は10年以上。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!