スケートボード

DCのKALIS VULC(カリス・バルク)をレビュー!スッキリデザインで柔軟性も良かった!

DCの「KALIS VULC(カリス・バルク)」を実際に買って使ってみました。

スッキリとしていながら、特徴的なデザインをしたモデル。

KALIS VULCはデザイン的にも好みな感じだったので、交換のタイミングで使ってみました。

プロスケーターであるJosh Kalis(ジョシュ・カリス)のシグネチャーモデルというのにも惹かれる所。

そこで今回は、スケートボード歴が10年以上の筆者が、実際に使ってみた「KALIS VULC(カリス・バルク)」について、色々と詳しくレビューしていきます。

DCのKALIS VULC(カリス・バルク)をレビュー

・今回レビューするのはこちらです

スケートボードのシューズブランドとして有名なDCの「KALIS VULC」

スッキリとしているデザインが良いなと思って使ってみました。

そんなKALIS VULCの良かった点を先に書くと、次のような所が良かったです。

【KALIS VULCの良かった所】

・スッキリとしたデザインで使いやすい

・柔軟性があって初めて履いた時から使いやすい

・履いた時のフィット感が良い

・ソールのグリップ力が良い

・疲れづらい2重のインソール

このような所が良いなと感じました。

ただ、次のような所がデメリットかなとも感じます。

【KALIS VULCのデメリット】

・つま先周りがキャンバスで弱い

・スケートボード時のクッション性が少し弱い

実際に使ってみて感じたのはこのような所でした。

そんな感じのKALIS VULCについて、次の順番でレビューしていきます。

それでは順番に、DC「KALIS VULC」について詳しくレビューを書いていきます。

スポンサーリンク

外観

KALIS VULCの外観になります。

サイドのデザインが特徴的なKALIS VULCのアッパーに使われていたのはキャンバス生地でした。

柔軟性を感じる生地で、初めて履いた時から違和感が少なかったです。

中を覗いてみると、シュータンは薄め。

分厚さは一切ないシュータンなので、足の甲への圧迫感が少なかったです。

また、足を入れる入口の周りは、少し厚さがある感じでした。

また、アキレス腱の所も少し厚めです。

履いている時のフィット感は良いなと感じました。

周りを囲むミッドソールは、厚さや硬さがある感じで丈夫そうでした。

フリップなどで削れやすいところなので、この辺りには安心感があって良かったです。

とは言っても、使っていれば削れてくる感じなので、ガチガチに硬いという感じではありません。

裏返してソールを見てみると、溝の深さは普通かなと感じます。

深すぎる感じもなく、浅すぎる感じでもありません。

造り的にもグリップ力が良さそう感じなので、この辺りも良いなと感じました。

外観の最後はインソールです。

インソールを抜いてみると、薄めで2重構造になっていました。

また、土踏まずの所には、盛り上がりもあります。

衝撃を受けやすいカカトが2重構造なのは嬉しいポイントでした。

硬さ的には柔らかめなインソールが使われています。

歩いている時のクッション性も良かったです。

スッキリとしていながら、他には無い特徴的なデザインなのも良いなと感じました。

また、硬すぎない感じなので、始めから履きやすいのも良かったです。

気になった所

KALIS VULCを履いていて、2点だけ気になる所もありました。

まず1点目が、生地感。

柔らかくて使いやすいのは良いのですが、キャンバスという事もあり、スケートボードで穴が開きやすそうかなと感じます。

普通に履く場合でしたら何も問題ありませんが、スケシューとしては耐久性が気になる所です。

キャンバスではなく、スウェードとかでしたら良いのになと感じました。

そして2点目が、インソールの薄さと柔らかさ。

歩きでしたら良いクッション性なので歩きやすさや疲れづらさがあります。

ただ、飛んだりするスケートボードで使う場合には、もう少しクッション性が欲しいかなと感じました。

とくに、カカト周りです。

2重になっているので、普通のインソールよりかは良いですが、もう少しクッション性が欲しいかなと感じました。

この2点だけが気になりました。

KALIS VULCのサイズ感

KALIS VULCのサイズ感になります。

まずは、筆者の足のサイズを載せておきます。

【筆者の足のサイズ】

・足の長さ:24.8cm
・足の横幅:10.9cm
・足囲:24.2cm(足周り)
・足甲の周り:24.5cm

KALIS VULCは、スケートボードで使う為、ピッタリなサイズ感で選びました。

そして、実際に選んだのが26cmです。

普段から25.5cm~26cmで選んでいるのですが、主に25.5cmを選んでいます。

「KALIS VULC」は26cmでちょうど良いサイズ感でした。

また、他のスニーカーは次のようなサイズ感になります。

他のスニーカーのサイズ感

VANS「SKATE OLD SKOOL」:25.5cm

DC「LYNX ZERO」:26cm

アシックス「GEL-VICKKA PRO」:25.5cm

ニューバランス「NM306」:25.5cm

KALIS VULCは、つま先周りの幅が細めに感じたので、25.5cmだと少し圧迫感を感じました。

その理由から、26cmにした感じです。

26cmの場合、幅もちょうど良くて、足の甲にも圧迫感がなくて、ちょうど良いサイズ感でした。

また、長さに関しては、ほんの少しだけ余裕が多めかなという感じですが、違和感があるほどでもありません。

実際に履いて使っていても、何も問題がなかったですし、このサイズを選んで良かったなと感じました。

人の足には色々な形や大きさ、サイズ感の好みがあるので、amazonや楽天市場のレビュー欄に書いてあるサイズ感も参考にしてください。

スケートボードで使ってみた

KALIS VULCを履いて、スケートボードをやってみました。

初めて使ったのは、休憩しながらの6時間ぐらいです。

やっていたことは次のような感じになります。

・オーリー、フリップなどフラットトリック
・カーブBOXやレールなど

使っていて感じたのが、クッション性が少し物足りないかなという所でした。

衝撃を受けやすいカカトのインソールが2重になっていますが、もう少しあっても良いかなという感じです。

とは言っても、滑っている時に問題がある感じでもありません。

また、つま先周りの生地は、擦れた後はできましたが破れるほどでもなかったです。

ただ、キャンバス生地なので、この先は少し不安かなとも感じました。

そして、キックフリップなどで削れやすい「つま先」は、少し削れていました。

この辺りはしょうがないかなと感じます。

全体的に硬すぎず、柔らかすぎずといった感じだったので、使い始めから違和感が少なく使えました。

オーリーやトリックをするのにも、何も問題なく楽しめました。

・3日目で傷が目立った

KALIS VULCを使い始めて3日目で横の傷が目立ってきました。

穴が貫通しているほどでもありませんが、後数回で貫通しそうです。

つま先周りがキャンバスなので、しょうがないところかなといった感じです。

この先は補強して楽しみます。

・ランプで使ってみた

「KALIS VULC」を履いてランプでも滑ってみました。

滑ってみた感じ、何も問題ありませんでした。

ソールのグリップ力も良くてやりやすかったです。

グラインドなどのトリックをする時も違和感は無かったですし、普通どおりに滑れました。

・使い始めて5日目で補修

KALIS VULCを使い始めて、5日目で補修をしました。

滑っていた時間は日によって変わりますが、1日3~6時間ぐらいになります。

スケートボードで使っている以上、生地が破けるのはしょうがないですが、さすがに早いなと感じました。

ちなみに、ソールに関しては、まだまだ使える状態です。

生地が貫通し始めるのは早めに感じましたが、まだ余裕で使えるので、壊れるまで使っていきます。

・スケートボードで使った1か月後

DC「KALIS VULC」を1ヵ月以上つかってみました。

主にやっていた事は、次のような感じです。

・フラットトリック
・カーブトリック
・レールトリック
・ランプ

このような感じで、ごく一般的な使い方です。

そして、この追記する前に滑ってた日数や時間は、次のような感じです。

・週2~3日
・合計10日以上
・3時間~6時間
・平均だと1日4時間ぐらい

時間に関していうと、その日によって変わってきますが、平均すると4時間ぐらいかなといった感じです。

滑っていたのは、よく行く近所のスポットや屋外パーク、室内ランプなどになります。

そして、これぐらい滑ってみた結果、KALIS VULCは意外と耐久性がないかなと感じました。

つま先は貫通しませんでしたが、5日目で補修するのはやはり早いかなと。

もう少し耐久性がほしいところではあります。

ただ、つま先に関しては、それなりに耐えてくれたかなと感じます。

そしてソール面。

弾く足のソールの凹凸は、結構消えている感じでした。

ここは補修ができない所なので、もう少し頑張ってほしかったです。

ただ、完全に凹凸がなくなったという訳でもありませんし、つま先と側面を補修すれば使える状態ではあります。

ですので、もう少し使ってから次に変えます。

1ヵ月使ってみましたが、トリックなどはやりやすかったです。

耐久性に関しては、意外と早めに使い終わるなという感じでした。

DC「KALIS VULC」レビューのまとめ

DCの「KALIS VULC」はフィット感の良さや、初めて履いた時から使いやすいのが良かったです。

デザイン的にも良いですし、インソールも2重構造で疲れづらいので普段履きとしても良いなと感じました。

ただ、キャンバスで生地が弱めだったり、クッション性がもう少し欲しいなという点もありました。

ですので、スウェード生地でしたら、更に使いやすそうです。

とは言っても、補修すれば使えますし、クッション性も滑っていて問題はありませんでした。

スケートボードのトリックも普通どおりにできましたし、グリップ力も良かったので、使いづらいというのは感じなかったです。

そして、履いていてデザインは良いなと感じました。

【公式サイトはこちら↓】

DC SHOES 公式サイト

最後に

最後までお読み頂ありがとうございます。デザイン重視で使ってみたKALIS VULCだったので、気に入ったデザインは履いていて気分が上がりました。

性能も大切ですが、やはりデザインも大切ですからね。

これでスウェード生地だったら凄く良いのにと思いましたが、しょうがない所です。

補修をすれば使えますし、気に入って買ったので履きつぶします。

ABOUT ME
Avatar photo
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。スケートボード歴は10年以上。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!