スケートボード

DCのスケシューLYNX ZERO(リンクス ゼロ)をレビュー!サイズ感や履き心地など!

DCの「LYNX ZERO(リンクス ゼロ)」を実際に買って使ってみました。

DCの定番モデルでありながら、アップグレードし続けているモデル。

実際に履いてみると、生地は頑丈でしたし、履いた時のホールド感が良かったです。

また、デザインの良さもあり、定番と言われるだけあって良いスニーカーだなと感じました。

そこで今回は、スケートボード歴が10年以上の筆者が、実際に使ってみた「LYNX ZERO(リンクス ゼロ)」について、色々と詳しくレビューしていきます。

良かったら参考にしてみてください。

DCシューズのスケシューLYNX ZERO(リンクス ゼロ)をレビュー

・今回レビューするのはこちらです

スケートボードのシューズブランドとして有名なDCの「LYNX ZERO(リンクス ゼロ)」

DCの中では定番ということだけあって、スケシューとして使いやすいスニーカーでした。

素材もしっかりしているので耐久性が良かったですし、クッション性が良くて履きやすかったです。

そんなLYNX ZERO の良かった点を先に書くと、次のような所が良かったです。

【LYNX ZEROの良かった所】

・頑丈な造りで耐久性が良い

・履いた時のホールド感が良かった

・肉厚なシュータンでフィット感が良い

・シュータンに付いたベルトが便利

・ソールのグリップ力が良い

・インソールのクッション性が良い

このような所が良いなと感じました。

ただ、次のような所がデメリットかなとも感じます。

【LYNX ZEROのデメリット】

・履き始めは硬さを感じる

実際に使ってみて感じたのはこのような所でした。

そんな感じのLYNX ZEROについて、次の順番でレビューしていきます。

それでは順番に、DC「LYNX ZERO」について詳しくレビューを書いていきます。

スポンサーリンク

外観

LYNX ZEROの外観になります。

サイドの立体ロゴが特徴的なデザインで、アッパーに使われていたのはヌバック生地とスウェード生地でした。

オーリーなどで削れやすいサイドは、スウェード生地になります。

全体的に頑丈な造りで、スケートボードで使うには安心感がある印象です。

中を覗いてみると、シュータンは厚めでした。

指でつまむとクッション性が良いシュータンで、柔らかい肉厚のパッドといった感じです。

また、足を入れる入口の周りにもパッドが入っています。

肉厚なシュータンと、入口周りのパッドが合わさり、足が包まれているようでホールド感はとても良かったです。

また、カカトの部分は硬めに造られています。

カカトの固定感があるので、履いている時の足の動きやすさも感じました。

周りを囲むミッドソールは、厚さや硬さがある頑丈な造りでした。

フリップ系のトリックで削れやすいところなので、この辺りには安心感があって良かったです。

とは言っても、使っていれば削れてくる感じなので、ガチガチに硬いという感じではありません。

裏返してソールを見てみると、溝の深さは普通かなと感じます。

深すぎる感じもなく、浅すぎる感じでもありません。

造り的にもグリップ力が良さそう感じなので、この辺りも良いなと感じました。

そして、意外と便利だったのが、シュータンに付いているリング状になっているベルト。

靴を履いた時に、シュータンがズレたり、少し中に入ったりすることがあります。

その時に、このベルトを引っ張れば、すぐに元の位置に直ってくれました。

細かい所ですが、このベルトがあることによって、シュータンの位置が直ってくれるのは良かったです。

外観の最後はインソールです。

インソールを抜いてみると、少し厚めな造りでクッション性が良い物が入っていました。

硬さ的には柔らかめなインソールが使われています。

実際に履いてみると、クッション性が良かったですし、違和感もなかったです。

スケートボードシューズとしては、十分なクッション性でした。

存在感がありながらもゴツ過ぎず、スッキリとしたデザインなのも良いなと感じました。

また、履いた時のホールド感も良く、履き心地も良かったです。

気になった所

LYNX ZEROを履いていて、気になる所もありました。

それが、スニーカーの硬さです。

スケートボードシューズなので、頑丈に造られているのは良いのですが、始めは硬さを感じました。

ですので、始めは少し慣らしが必要になってきます。

ただ、使い続けていくうちに馴染んできますし、少し使っているだけで自分も慣れてきました。

始めは硬さが気になりますが、慣れてしまえば普通どおりに使えます。

LYNX ZEROのサイズ感

LYNX ZEROのサイズ感になります。

まずは、筆者の足のサイズを載せておきます。

【筆者の足のサイズ】

・足の長さ:24.8cm
・足の横幅:10.9cm
・足囲:24.2cm(足周り)
・足甲の周り:24.5cm

LYNX ZERO は、スケートボードで使う為、ピッタリなサイズ感で選びました。

そして、実際に選んだのが26cmです。

普段から25.5cm~26cmで選んでいるのですが、主に25.5cmを選んでいます。

「LYNX ZERO」は26cmでちょうど良いサイズ感でした。

また、他のスニーカーは次のようなサイズ感になります。

他のスニーカーのサイズ感

VANS「SKATE OLD SKOOL」:25.5cm

DC「KALIS VULC」:26cm

アシックス「GEL-VICKKA PRO」:25.5cm

ニューバランス「NM306」:25.5cm

LYNX ZEROは、つま先周りの幅が細めに感じたのと、シュータンが肉厚なので、25.5cmだと圧迫感がありました。

26cmの場合、幅もちょうど良くて、ちょうど良いサイズ感でした。

また、つま先の先端に関しては、ほんの少しだけ余裕があるかなという感じですが、違和感はありません。

実際に履いて使っていても、何も問題がなかったですし、このサイズを選んで良かったなと感じました。

人の足には色々な形や大きさ、サイズ感の好みがあるので、amazonや楽天市場のレビュー欄に書いてあるサイズ感も参考にしてください。

スケートボードで使ってみた

LYNX ZEROをスケートボードで使ってみました。

初めて使ったのは、休憩しながらの6時間ぐらいです。

やっていたことは次のような感じになります。

・オーリー、フリップなどフラットトリック
・カーブBOXやレールなど

使っていて感じたのが、クッション性の良さ。

着地した時の衝撃が少なくて、傷めやすいカカト周りのクッション性も良かったです。

また、使われている素材が強いので、破れそうな心配は当分ないなと感じました。

そして、キックフリップなどで削れやすい「つま先」の耐久性も良かったです。

擦った時の傷はできましたが、削れ具合が少ない感じでした。

先端にあるデザインも、フリップ系をしても邪魔に感じず、普通どおりにできました。

ソールのグリップ力は強めだったので、しっかりと乗っていられる感じがしました。

強いグリップ力でも、スタンスの変更がやりづらいなんて事はなかったです。

グリップしながらも、ある程度の自由度もある感じなので、使いやすさがありました。

素材の硬さは感じましたが、それでも慣れてきたので、普通どおりに滑る事ができましたし使いやすかったです。

スニーカーが馴染んでくれば、更に使いやすそうな感じがします。

オーリーやトリックをするのにも、何も問題なく楽しめました。

・ランプで使ってみた

「LYNX ZERO」を履いてランプでも滑ってみました。

滑ってみた感じ、ソールのグリップ力も良くてやりやすかったです。

足のホールド感が良くて、しっかりと乗れている感じがしました。

グラインドなどのトリックをする時も違和感は無かったですし、普通どおりに滑れました。

・スケートボードで使った1か月後

DC「LYNX ZERO」を1ヵ月以上つかってみました。

主にやっていた事は、次のような感じです。

・フラットトリック
・カーブトリック
・レールトリック
・ランプ

このような感じで、ごく一般的な使い方です。

そして、この追記する前に滑ってた日数や時間は、次のような感じです。

・週3~4日
・合計10日以上
・3時間~6時間
・平均だと1日4時間ぐらい

時間に関していうと、その日によって変わってきますが、平均すると4時間ぐらいかなといった感じです。

滑っていたのは、よく行く近所のスポットや屋外パーク、室内ランプなどになります。

そして、これぐらい滑ってみた結果、LYNX ZEROの耐久性は強いなと感じました。

オーリーなどで擦れ傷はついたものの、破れる感じは一切なかったです。

手で触ってみても、まだまだいける感じになります。

耐久性が強いスウェード生地が使われているので、この辺りはさすがだなと感じました。

そして、フリップなどで擦れやすい、つま先。

削れたり、縫い目がほつれたりはしましたが、それでも問題なく使える状態でした。

これから少しずつ削れるかと思いますが、そうなったらシューグーを塗れば問題なさそうです。

状態としては、まだこのまま使えそうな感じになります。

最後は、ソール面。

凹凸がなくなる感じは一切ありませんでした。

使い始めに少し硬い感じがしていたので、それがこの耐久性に繋がっているのかなと感じます。

ソール面に関しても、余裕で使える感じでした。

1ヵ月使ってみましたが、始めは硬さを感じたものの、すぐに馴染んで使いやすい状態になっていました。

耐久性も良かったので、長持ちするのは良いなと感じます。

DC「LYNX ZERO」レビューのまとめ

DCシューズの「LYNX ZERO」は耐久性の良さや、ホールド感の良さがある良いスニーカーだなと感じました。

シュータンの厚さと入口周りのパッドで、足を包んでくれる感じが良かったです。

また、クッション性も良いので、スケシューの欲しい性能が詰まっているなと感じます。

ただ、履き始めは硬さを感じたので、そこはデメリットかなとも感じました。

とは言っても、履いていると慣れてきたので、スケートボードで使っている時の違和感は少なかったです。

耐久性も良くて長持ちしますし、グリップ力も良かったので、使いやすさを感じました。

デザインも良く、定番をアップグレードし続けているだけあって良いスニーカーでした。

【公式サイトはこちら↓】

DC SHOES 公式サイト >

最後に

最後までお読み頂ありがとうございます。LYNX ZEROは定番をアップグレードし続けているとだけあって、やはり良いスニーカーでした。

耐久性が強いので、長持ちしてくれそうなのも嬉しいポイントです。

また、デザインも良くて使いやすい上に、歩きやすさもあるので、普段履きとしても良いなと感じました。

ABOUT ME
Avatar photo
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。スケートボード歴は10年以上。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!