カルチャー・その他

シーズン前の10月にスノーボードショップ街の御茶ノ水に行ってきました

10月後半の平日に神田・御茶ノ水に行ってきましたので、お店の中の雰囲気や街の雰囲気など色々とレビューしたいと思います。

気温も涼しくなってきて、スノーボードシーズンももう目の前ですね!

スノーボード好きにとっては楽しみが増える時期です!

そんなスノーシーズン直前の10月に神田・御茶ノ水に行ってきたので、街中の雰囲気などを色々と書いていきます。

10月の御茶ノ水をレビュー!

この日筆者は以前働いていたスノーボードショップで、現役で働いている友達と飲みに行く約束をしていたのですが、約束していた時間がショップの閉店後だったので早めに御茶ノ水に行き、色々なお店をブラブラとウィンドーショッピングしてきました。

ちなみに、この日はJRの「御茶ノ水駅」を利用して現地に着きました。

JRの御茶ノ水駅からショップが並ぶ靖国通り沿いまではひたすら坂道を下っていき、歩いて10分かからないぐらいで到着できます。

靖国通り沿いに着くと平日の昼間という事もあり、スーツを着た仕事中の人が多くいましたが、ショッピングをしに来ているような人も街を歩いており、スノーボードの板や、スノーボードブーツを購入した人もちらほら見かけました。

10月後半なので、神田・御茶ノ水もシーズンインした感じです。

そして、靖国通り沿いを歩いていたらテントのようなブースが目に入ってきたのですが、どうやら10月後半に開催される毎年恒例の神田スポーツ祭りの準備のようです。

筆者はスノーボードショップで働いている時に神田スポーツ祭りの存在は知っていましたが、働いていたので祭り自体を体験したことが無く、ショップを辞めた後も祭りに行った事が無いのですが、ネットで色々と調べてみるとなかなか楽しそうなので今年は行ってみようと思います!

9月の後半にも「当サイト(スノーハック)」で街並みやお店の雰囲気をブログで書いたのですが、1か月が過ぎたスノーボードショップ内はガラリと雰囲気が変わっていました。

10月の神田・御茶ノ水の店の棚は、旧モデルが置いてあった棚が減少し、NEWモデルの棚が増加しています。

やはりシーズン直前になるとお店の中のNEWモデルがかなり増えて、各ショップの店内がかなり商品で充実している反面、旧モデルの商品はかなり減っているなと感じました。

筆者が立ち寄ったショップの中には大量の商品を並べている最中だったショップもあり、以前働いていた時の事を思い出して懐かしい気分になりました。

筆者はスノーボードショップでゴーグルやグローブ等のアクセサリー担当として働いていたのですが、シーズン前の入荷数はハンパじゃない大量の荷物が一気に入ってくるので、大量に入荷した商品の陳列と在庫の片づけはかなり大変でした・・

旧モデルがかなり減っているとは言いましたが、すでに無くなりそうという訳では無く、お店によっては値下がりした旧モデルがまだまだ残っている所もあります。

今回色々なショップで旧モデルの割引率や値下がりした価格を見てきましたが、9月の時とはさほど変わりはないかなといった印象です。

ショップによっては旧モデルをワゴンセールのようにしている所もあったので、最終処分セールといった感じのショップもありました。

先月から1か月しか経っていませんが筆者の個人的な意見としましては、かなり旧モデルが減っていましたし、筆者が働いていた時の経験上、神田スポーツ祭りでは色々なイベントがやるらしい(行った事が無いので何をやるのかはわかりませんが・・)ので、お客さんが増えてその時に値下がりした旧モデルがかなり売れる印象です。

そして、祭りが終わったら11月に入るので、そこからお客さんが増えてくるといった印象があります。

すので、値下がった旧モデルを色々な物から選んで購入したい場合は、この時期までに来た方が良いです。

NEWモデルに関してはどこのショップもビッシリ置いてあり、板、ブーツ、ウェアー、アクセサリーと色々な商品が置いてありましたし、ショップによってはNEWモデルの割引をしている所もありました。

自分が好きなブランドのNEWモデルを見るとテンションが上がり、つい欲しくなってしまいますね!

ちなみに、現役でスノーボードショップに働いている友達曰く、NEWモデルの中でも物によってはすでに完売している商品もあるらしいです。

これは、筆者が働いていた時にもあった経験ですが、販売している数が少ない商品に関しては、予約だけで完売してしまう商品もありました。

スノーボードの商品は冬のシーズン終わり頃に来季モデルの試乗会をやったり、夏の時期にはショップに商品のサンプルが届き、予約をした人に関しては早期割引がある場合が多いので、その時に気に入った人はそこで予約をするという事もできます。

ですので、予約完売した商品はお店には並ばず、そのまま完売してしまうというケースもありますので、もし、自分のお気に入りを見つけた人は早めに予約をしておくか、NEWモデルが大量に入荷する9月後半から、これぐらいの時期に行っておいた方が良いです。

10月の神田・御茶ノ水は旧モデルもまだ選ぶ事が出来ますし、NEWモデルも完売が少ないのでスノーボードの準備をするにはちょうど良い時期です!

9月のスノボショップが並ぶ神田小川町スポーツ店街をレビューします9月の後半にスノーボードショップ街に並ぶ、「神田・御茶ノ水」に行ってきたので、街中の雰囲気などをレポートします。9月といえばシーズンにはまだ遠い時期ですが、この頃に置いてある商品や価格帯など、色々とご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。...
シーズンインした11月のスノボショップ街、御茶ノ水の雰囲気をレビューします早い所だとスキー場がオープンし始める11月の後半に、「神田・御茶ノ水」へ行ってきたので、街中の雰囲気などをレポートしていきます。新しい商品も並んでいる11月のこの時期の価格帯なども含めながら、色々とご紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。...
スノーボード用品が安いセールの時期はいつ?実際に1年間を調べてみました!スノーボード用品が安いセールの時期はいつなのか、スキー、スノボショップ街、神田・御茶ノ水を1年間レポートしてきましたので、その1年間をこのブログにまとめました!型落ちが安くなる時期や、新作が入荷する時期など、色々とまとめたので、ぜひ参考にしてください。...
スポンサーリンク

最後に

最後までお読み頂きありがとうございます。イエティーもオープンして、来月には軽井沢スキー場もオープンするのでスノーボード欲がかなり高まりますね!スノーボード用品を見ると更にテンションが上がります!板にWAXもかけ終わり、バッチリ準備でいつでも滑れる状態の筆者ことsnowbeerでした。

ABOUT ME
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。スケートボード歴は10年以上。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!