グローブ

スノボのコスパが高くて安いグローブをご紹介します!

スノーボードで使うグローブを探している方の中には、出来るだけ安いグローブが欲しい!という方ももちろんいると思います。ただ、グローブにも良い悪いがあるので、「これ安いけど大丈夫?」と感じる事もありますよね。

とにかく安ければ良いと言っても、いざ使ってみたらすぐにグローブ内が濡れてしまったり、保温性が感じられない物を買ってしまうと、無駄なお金を払った感じがして損した気分になってしまいますからね。

筆者は以前、スノーボードショップでゴーグルやグローブなどのアクセサリー担当として働いていた経歴があるのですが、やはりお客さんからも、

「出来るだけ安くてコスパが高い物が欲しい」

と言われた事がありました。

当たり前ですが、誰でもコスパが高いグローブは欲しいと思いますし、筆者自身も強く思っています。

そこで、そんな経歴を持つ筆者が、安くてコスパが高いグローブについて、色々とご紹介していこうと思います。

良かったら参考にしてみてください。

値段が安いグローブはダメなの?

値段の問題って難しい所ですよね。

「安ければ悪い物」

こんな言葉がよぎってしまって、どれを選べば良いか分かりずらくなりますからね。

スノーボードのグローブに関していえば、安くても性能が良いグローブはたくさんあります。

・防水性があって濡れない

・保温性があって暖かい

・透湿性があって蒸れない

・耐久性があって壊れない

正直な話し、この性能があればグローブとしての役目はしっかりと果たしてくれます。

安いグローブだとしても、最低限のこの性能がついていれば良いので、「安いグローブだからダメ」という事にはなりません。

スポンサーリンク

安すぎる物には注意

ネットで色々と検索していると、1,000円~2,000円ぐらいの物がたくさん出てきますよね。

【防水性、保温性、透湿性が抜群!】

こんな感じで書いてある物もたくさん見ますし、良さそうな感じがしますよね。

ただ、このような物に関しては、「造り方が雑」「すぐに糸がほつれる」「手がでかくなって見た目に違和感がある」など、やはり安い分にはそれなりの事情があります。

ブランドによっては、企業努力で安いのにとても性能が高いグローブもありますが、やはり長く使うには心配になるグローブがたくさんあるというのも事実です。

もちろん、年に2~3回ぐらいスノーボードへ行く方には十分なグローブです。

ただ、出来るだけ長く使いたいという方の場合でしたら、安過ぎるグローブは注意が必要です。

せっかく買ったのに自分には合わないとなってしまうと、結局買い直しするという事になってしまって、逆に金額が高くなってしまいます。

中綿入りには注意

これは安いグローブによくみられる事なのですが、

「中綿が入って暖かい!」

なんて事を書いている商品をよく目にします。

中綿が入っていれば、暖かそうですし、寒い思いをしなそうですよね。

ただ、スノーボードグローブに関して言いますと、中綿が入っていれば良いという事にはなりません。

むしろ、性能が良いグローブほど、中綿というのはあまり入っていません。

その理由は、性能が良いグローブというのは、動きやすいというのも基本になります。

滑っている時には、ビンディングの操作、ポケットから物を出す動き、物をつかむ等、実は色々と手は動いている状態です。

ですので、性能が良いグローブはしっかりと動きやすさもあるのです。

グローブに中綿が詰まっていると、グローブは動きづらくなってしまいます。

更には、中綿が入っている分、グローブが大きくなってしまって、見た目的に「手が大きい」というアンバランスな感じになってしまうのです。

ですので、中綿が入っているからと言っても、動きづらさや見た目を悪くしてしまう事もあるので、中綿が入っているから良いという事にはなりません。

ちなみに、性能が良いグローブは、中綿で保温性を高くしているのではなく、手を入れる所のグローブ内の素材や、外側の素材と内側の素材にプラス、中身(外側と内側の間)に素材を入れて保温効果を上げています。

簡単に言いますと、使っている素材で保温効果を上げてるという事になります。

最低限の値段は?

やはり気になるところは値段だと思います。

どのくらいの値段の物を買えば良いのか気になりますからね。

10,000円ぐらいの物を買えば、どれでも無難かなという気が起こるかもしれませんが、

個人的な意見を言えば、「これで10,000円!?」というグローブもそれなりにあります。

何が言いたいのかというと、値段だけではコスパが高いグローブは選べないのです。

「デザインが気に入った」「このブランドが好きだから」など、人それぞれ好みがあるので、自分に合えば金額なんて関係ないと思っています。

ただ、出来るだけ安いグローブで、出来るだけコスパが高いグローブを探しているのであれば、個人的な意見ですが、5,000円~10,000円以内であれば十分見つかると考えています。

もちろん、この価格帯の全てのグローブの事を言っている訳ではありません。

この価格帯の金額と言っても、やはりそれ以上の性能が無ければ話になりませんからね。

ですので、金額に関しては、あくまでも参考程度に考えてみてください。

コスパが高いグローブを買うなら型落ちモデル

やはり高い性能を持つグローブを購入するのであれば、型落ちモデルを選ぶのが1番良い方法です。

型落ちモデルとは、昨年販売されたモデルです。

型落ちモデルだと性能が落ちるのでは?と思われる方もいると思いますが、そんな事はありません。

むしろ、「継続」という事が多いので性能が変わらずに、「デザイン」が変わっただけの物もたくさんあります。

もちろん、アップデートされて性能が上がる物や、廃盤となってなくなっている物もあります。

ただ、毎年人気があるようなグローブの場合「継続」される事が多いので、ニューモデルと同じ性能で、値段だけ安いというグローブもあるのです。

デザインが変わるといっても、それこそメーカーの人やショップ店員、業界関係者しか分かりませんからね。

ですので、型落ちモデルでもニューモデルと変わらない、性能が良いグローブもあるので狙い目です。

ただ、型落ちモデルの場合は、サイズ、カラー、などの制限もあるので、この辺りは注意が必要です。

コスパが高いグローブ

ここからは、筆者が感じている、コスパが高いグローブをご紹介していきます。

ここまででご紹介している事を全て踏まえたうえでのグローブです。

良かったら合わせて参考にしてみてください。

【BURTON】GORE-TEX UNDER GLOVE/MITT

スノーボード業界で1番有名と言っても過言ではないBURTON(バートン)のグローブで、1番コスパが高いと言われているのがこの「GORE-TEX UNDER GLOVE/MITT」です。

素材には防水性、透湿性に非常に優れた「GORE-TEX」にプラスして、保温効果をより長く保ってくれる「GORE-Warm」が使用されています。

更には、スマホの操作が出来る「4ウェイストレッチScreen Grab®ライナー」という、取り外しができるインナーグローブがセットでついてきます。

耐久性も優れているので、グローブに欲しい性能が全て詰め込まれている、BURTONの中で毎年人気が高いグローブになります。

また、このグローブには、「5本指グローブ」、「ミトン」の2種類が展開されているので、自分好みの物を選ぶことができます。

【BURTON】PROFILE UNDER GLOVE/MITT

同じくBURTONのグローブで、値段が安めながらコスパが高い「PROFILE UNDER GLOVE/MITT」。

このグローブは取り外しができるインナーグローブは付いてなく、GORE-TEXも使用していませんが、グローブ自体がとても柔らかい造りになっているので、着けていて使いやすいグローブになります。

柔らかい素材ですが、防水性、透湿性も強く、グローブ内はマイクロフリース素材で作られているので、使っていて暖かく、蒸れづらい構造になっています。

値段も定価が7,300円と安いので、とてもコスパが高いグローブになります。

こちらも、「5本指グローブ」、「ミトン」の2種類が展開されているので、自分好みの物を選ぶことができます。

【eb’s】HARUSAKI-MITT

スノーボードのアクセサリーブランドeb’s(エビス)の「HARUSAKI-MITT」は、見た目が面白いデザインでありながら、性能がとてもしっかりしているグローブになります。

グローブの表生地と裏生地の間には、防水、防風、透湿に優れている特殊なフィルムが内蔵されているので、グローブの表面が濡れてしまった場合でも、グローブ内に水分が侵入することを防いでくれます。

また、グローブ内には汗などの余分な水分を外に逃がす素材が使用されているので、手をサラサラに保ちつつ、保温性もしっかり確保してくれるグローブです。

ミトンタイプですが、グローブ内は5本指になっているので、使いやすさもある、eb’sの中で定番オールラウンドのモデルです。

取り外しができるインナーグローブは付属していませんが、定価が7,480円と安く、コスパが高いグローブになります。

最後に

最後までお読み頂きありがとうございます。スノーボードのグローブは軽視されやすいので、安いならどれでも良いかと思われがちですが、やはり手先が寒くて冷たくなってきたらテンションが下がりっぱなしになっちゃいますからね。

わざわざ高いグローブを購入する必要はないので、値段が安くても快適に楽しめるグローブを着けて、スノーボードをたっぷり満喫してもらえればなと思います!

この記事でコスパが高いグローブを探している方の、お役に立てればと思います。

ABOUT ME
snowbeer
snowbeer
都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。スケートボード歴は10年以上。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!